女性がパパ活をするとき、重要な愛人マッチングサービスとして交際クラブ(デートクラブ)があります。このとき、必要になるのが顔写真です。

顔写真とはいっても、既にある写真をあなたが用意するわけではありません。遠方に住んでいるなど特別な理由がない限り、デートクラブではクラブの事務所に出向いて登録することになります。このとき顔写真を撮られるようになるのです。

デートクラブを利用してパパ活女性が稼ぐコツとして、最も重要な要素の一つが顔写真です。中には「顔写真なしにできないのか?」と考える女性もいますが、モデルや芸能人など特殊な人でなければ無理ですし、そもそもデートのオファーがゼロになるのでやめておいたほうがいいです。

それでは、女性がデートクラブを利用して写真撮影するときは何を考えればいいのでしょうか。正しいやり方があるため、それらの方法について解説していきます。

交際クラブは実年齢や職業より顔写真が重要

一般的に恋愛市場では女性優位です。一方でデートクラブについては立場が逆転します。簡単に稼ぎたい女性はいくらでもいるものの、高額なお金を出せる富裕層男性は少ないです。そのため、交際クラブは男性側に寄り添うサービスとなっています。

事実、デートクラブには男性会員の何倍もの女性会員がいます。ライバル女性が多い中から、あなたが選ばれなければいけません。

このとき男性は、実物のあなたを見ることは当然ながらできません。実際にデートをするまで、どのような人なのか分からないのです。それでいて、デートクラブ経由で女性にマッチング依頼をする場合、3~5万円とわりと高額なお金を取られます。

そのため、女性が金持ち男性からデートを受けるために最も重要なのが顔写真です。高額なお金を出す以上、男性は「失敗したくない」と考えます。このとき、顔写真が良くなければデートのオファーはありません。

参考までに、以下は大手交際クラブで男性がログインできる管理画面です。

こうした中から、あなたが選ばれる必要があります。もちろん、必ずしもあなたがものすごく美人である必要はありません。男性によって好みのタイプが異なるからです。事実、世の中には熟女好きの男性も大勢います。

ただ、そうであっても会員サイトに掲載されるあなたの容姿が重要であるのはいうまでもありません。

事務所へ出向いて写真を撮られる

このときどこで写真を撮られるのかというと、デートクラブの事務所になります。

当然ながら、最初はデートクラブの公式サイトから登録の申し込みをすることになります。その後、以下のようなメールを受け取ります。

こうして、指定の場所に出向くことによって面談&写真撮影となります。事務所へ行くのは本人確認だけでなく、あなたの顔写真を撮ることも含まれているため、ふさわしくない服装で出向くのはやめましょう。

このとき、富裕層男性とあなたがデートしている雰囲気に合った洋服を選ぶように心がけるほうがいいです。要は、大切な人とデートする場面を想定した服装や化粧にしなければいけないことを認識しましょう。

・遠方の人は例外的に撮影スタジオを利用するなど自分で撮る

ちなみに、中には遠方に住んでいるため、事務所へ出向くには飛行機を利用する必要があるなど、物理的に事務所訪問が難しいケースもあります。その場合、デートクラブの事務所で撮影することはできません。

この場合、例外的に撮影スタジオなどで写真撮影することになります。または、高級カメラをもっている友人に撮影を依頼しても問題ありません。いずれにしても、遠方に住んでいる人は例外的に事務所へ出向かずに自分で撮影することになります。

高価な物は不要:素人感が重要

なお適切な服装で事務所へ出向くとはいっても、ブランド品など高級な物をもっていく必要はありません。むしろ、富裕層男性とのデートを含めてそうしたブランド品は逆効果になります。

金持ち男性がなぜパパ活女性を支援し、愛人として迎え入れるかというと、プロではなく素人女性とのデートやその後のホテルを楽しみたいと考えているからです。要は港区女子のようなギラギラした女性に価値はなく、素朴な素人女性のほうがいいわけです。

当然、高給取りのOLを除いて高級ブランド品をいくつも身に着けている女性はいません。また、そうした女性を支援したいと考える男性は少数です。

そのため、ある程度まで清潔感のある雰囲気さえあれば問題ありません。ブランド品はむしろ逆効果であり、どちらかというと「本命の恋人とデートするとき、どのような服装で出向くか」を意識して服装を整え、写真撮影のためにデートクラブの事務所へ出向くといいです。

写真加工は絶対にしてくれない

このときパパ活女性が一つ疑問に思うこととして、「写真加工をしてくれるのか?」があります。ただ、前述の通り交際クラブは男性優位のサービスであるため、写真加工は絶対にしてくれないと考えましょう。

デートクラブを利用する男性であれば、当然ながら以前に何回も風俗に出向いているのは当然といえます。ただ富裕層男性に限らず、すべての男性が夜の店で苦い経験があります。それがパネマジ(パネルマジック)です。

要は、このパネマジによって女性の顔が加工されまくっていて、原型をとどめていないのです。以下のように、夜の店ではパネルを見て女性を指名することになります。

ただ「パネルの女性は美人であっても、実物はブス・デブ・おばさんの三拍子が揃っていた」というケースが頻繁にあります。そのため、男性の多くはパネルを信じていません。

一方でデートクラブについては、女性のパネル(写真)をまったく編集していないのが一種のセールスポイントになっています。むしろ男性側にとって、デートを申し込むだけで高額なセッティング料を取られるため、写真加工しているとなると、男性は二度とその交際クラブを利用しようとは思いません。

こうしたさまざまな理由から、あなたが交際クラブ側に写真加工を依頼したとしても応じてくれません。

写真なしはモデルや芸能人などの特殊な人のみ可能

なお中には、「写真なしは可能なのか?」と考える人もいます。前述の通り、交際クラブに登録すると会員サイトで男性は女性を閲覧できるようになります。

サラリーマンを含めて誰でも登録できるパパ活アプリとは異なり、デートクラブでは入会金だけで男性は5~10万円以上するのが普通なので、富裕層男性しか登録されていません。そのため特定の金持ちしか閲覧できず、あなたの情報がバレることはありません。

ただ可能性がゼロではないため、顔写真なしが可能かどうか気になるパパ活女性がいるのです。これについては可能であり、実際に写真なしのパパ活女性もいます。ただそれには条件があり、あなたがモデルや芸能人であるなど、特別な存在のケースです。

こうした女性の場合、いわゆるプレミアが付いています。また、さすがに表立って活動するわけにはいきません。そのため、交際クラブの中でも、一部の超優良顧客にのみ紹介されるパパ活女性がいるというわけです。

ただ、あなたがそうした芸能関係で活躍していないのであれば、顔写真なしは無理です。そもそも、顔写真を載せたとしてもデート依頼すらない女性が多いです。前述の通り、男性の登録数の何倍もの女性会員がいるからです。

あなたが一般女性の場合、顔写真なしだと100%の確率でデート依頼はありません。それよりも、顔写真を公開している美人女性に依頼するほうが男性にとって確実だからです。顔写真なしが可能なのは、特別なケースのみといえます。

動画を含めて許可すると稼ぎやすい

そのため男性が依頼する場面を考え、むしろあなたの情報を積極的に出すように工夫したほうがデート依頼は多くなり、パパ活をして稼ぎやすくなります。

男性が愛人を作るにしても、前述の通り男性は失敗したくありません。そうしたとき、デートクラブによっては写真を掲載するだけでなく、動画撮影をして会員サイトにアップロードしているケースもあります。以下のような感じです。

写真とは異なり、動画はその女性の雰囲気やしぐさ、印象まで伝えてくれます。そのため男性としては、より安心してオファーを出しやすくなります。

交際クラブはパパ活女性にとって、待ちの媒体といえます。自分からアプローチすることはできず、男性からのデート依頼を待つだけです。そのためデートクラブを利用して富裕層男性の愛人になり、稼ぐためにはデート依頼を多く受けるしか方法がありません。

そこで、男性から多くのデートを受けられるようにあなたの情報を公開しましょう。もちろん個人情報の公開ではなく、あなたの容姿や雰囲気、趣味などを公開するほど金持ち男性はあなたに興味をもち、デートのオファーを出してくれるようになります。

デートクラブで顔写真は重要な要素となる

交際クラブに登録するときには、パパ活をして稼げなければ意味がありません。ただこのとき、男性からデートが申し込まれるためには、あなたの顔写真が重要です。加工無しの写真がそのまま会員サイトに掲載されるからです。

そのためデートクラブの事務所に出向くとき、男性とデートする場面を想定した服装や化粧で出向くようにしましょう。

このとき顔写真なしは可能ですが、このケースはモデルや芸能人などに限られます。それ以外の場合、顔写真なしだとデートのオファーはゼロになります。むしろ、動画撮影を許可するなど男性からデートを申し込まれやすい状況を作るようにするほうがいいです。

このように交際クラブではパパ活女性の顔写真が重要になります。写真の雰囲気によってデートオファーがあるかどうかが決まるため、事務所に出向くときはふさわしい服装を意識するようにしましょう。


女性にとって、スキルがなくても誰でも簡単に稼げる方法としてパパ活があります。1回3~4時間ほど、男性と週2回会うだけで、月24~40万円の副収入となります。しかも現金手渡しなので、特に税金を課せられることはありません。

このとき、ほとんどの女性が交際クラブやパパ活アプリを利用してパパ活をスタートします。これらは愛人探しに特化しているサービスだからです。また、出会い系やSNSのように事件に巻き込まれることもありません。

ただ交際クラブやパパ活アプリは無数に存在します。また、利用する媒体によって男性の質や登録人数も異なります。

そこで交際クラブやパパ活アプリを厳選し、実際の私の経験を含めて「利用時の特徴」「展開エリア」「登録者の質」を含めて以下で解説しています。