交際クラブ(デートクラブ)を利用するとき、男性でも女性でも気になるものとしてお手当の金額があります。実際のところ、どのようにしてお手当の額が決まるのでしょうか。また、平均相場価格はあるのでしょうか。

残念ながら、交際クラブのスタッフはお手当の金額について教えてくれません。自由恋愛なので、どのデートクラブでも基本的には女性本人に任せるようにしているのです。

ただ、一般的な相場については存在します。交際クラブを利用して、デートするときの料金相場について理解していれば、実際のデートのときに困らなくなります。そこで、ここでは「デートクラブを利用するときにどのような費用相場になるのか」について確認していきます。

お手当が愛人女性のお小遣いになる

交際クラブを利用して女性とデートをするとなると、必ずお手当という名のお金を渡さなければいけません。デートクラブ側に支払うセッティング料とは別に、お手当が必要になるのです。

女性にとって、お手当がその日のお小遣いの額になります。「お手当=女性の給料」なのです。

そのため、パパ活女性にとってみれば当然ながらお手当の額は多いに越したことはありません。一方で男性では、お手当の金額は低いほどいいです。ただ、日本人である以上はお金の交渉が苦手なので、男女ともにお手当のお金について話をするのは緊張してしまいます。

いまの私でも、女性とお手当について金額交渉するのは緊張します。ただ、今後のお付き合いを続けていくことまで含めると、どのように金額を設定すればいいのかは非常に重要になります。

食事だけの場合は5,000~10,000円

自由恋愛なので、交際クラブ利用では食事だけで終わることはよくあります。「初回は食事だけ」としている女性も多く、そうした場合は交通費を手渡すことになります。

手渡す交通費の相場は決まっており、5,000~10,000円になります。交通費の料金相場は交際クラブの担当者からも教えてもらえます。5,000円にするのか、1万円にするのかは男性次第です。ただ、多くの場合で1万円になります。

私もよほどのことがない限り、交通費として1万円を手渡すようにしています。稀に不快なデートだったので「こいつとは二度と会わない!」と感じたときは5,000円になることもあるでしょう。ただ、一回だけの食事デートのみでありそれ以降に会わないとしても、1万円の交通費を渡すのが基本です。

食事だけのデートで切り上げる場合、席に着いている状態(会計を済ませる前)のタイミングで1万円札を女性に差し出すといいです。その後、会計を済ませて連絡先を交換し、次回のデートの約束を取り付けるようにするのです。

体ありだと3~5万円

ただ、食事だけで終わらないことがあります。その後、肉体関係になるケースがわりと頻繁にあるのです。私も交際クラブで会った美女と食事後に体ありになったことは何度もあります。

そうしたとき、当然ながらお手当の額は多くなります。このときのお手当金額については、デートクラブ側は教えてくれません。「知りません」の一点張りです。風俗店ではなく、あくまでもデートセッティングするのが交際クラブなのでそのようになっているのです。

自由恋愛である以上、男性が愛人女性と体ありの関係になったときのお手当の額はさまざまです。ただ、一般的な料金相場は存在します。それが、3~5万円です。私も女性と肉体関係になったとき、片手(3~5万円)でお願いしています。

ただ、3万円と5万円では2万円もの差があります。この金額については、どのように考えて決めればいいのでしょうか。

最後までいくときの値段はデートクラブのランクで決める

男性であれば、デートを申し込む女性のランクが分かります。交際クラブでは女性がランク分けされており、女性の容姿や年齢などによってクラス分けされているのです。

例えば、交際クラブで有名なユニバース倶楽部であると、以下のようなランク分けが存在します。

  • Black:美人なのは当然として、モデルや芸能人、CAなど付加価値がある
  • Platinum:かなりの美人
  • Gold:わりと美人
  • Standard:ブス

実際、会員サイトでも女性のランクが以下のようにすぐ分かるようになっています。

このとき、一般的なお手当の目安は以下のようになります。

  • Black:5万円以上
  • Platinum:4万円
  • Gold、Standard:3万円

他のデートクラブでも、同じようなクラス設定が必ずあります。いずれにしても、「一番上のクラスは5万円以上」「中間クラスは4万円」「下のクラスは3万円」と認識しておきましょう。

なお、モデルやグラビアアイドル、セクシー女優など付加価値のある女性だと要求してくるお手当の額が高くなります。大学生やOL、CA(客室乗務員)などでの最高ランクは5万円で問題ないものの、よりグレードの高い職業だと8~10万円ほどの費用相場になると考えましょう。

女性との満足度によってお金の額は異なる

ただ、当然ながら女性によって相場は違ってきます。交際クラブ側から、女性に対して「あなたはPlatinumクラスです」などのように伝えられることはないからです。女性は「男性会員だけが閲覧できるサイト」を確認することができないので、自分がどのクラスに属しているのか分かりません。また、女性に対して振り分けられているクラスを男性が告げるのは規約違反になります。

そのため、一番底辺のクラスにも関わらず10万円を要求してくる女性もいます。ネット上には「交際クラブだと、その都度10万円のお手当は普通」などのような根拠のない情報があふれかえっているため、そうした情報を真に受けた常識のない女性が存在するのは事実なのです。

しかし、特に付加価値のない女性に対して8万円や10万円を支払う必要はまったくありません。どれだけ高くても5万円に留めるようにしましょう。

ただ、お金の額は満足度によって変わってきます。例えば私の場合、ユニバース倶楽部で会った若い巨乳女性とデートしたとき、5万円で合意したことがあります。

5万円なのでかなり高い方に入ります。ただ、その女性は非常に濃厚なキスをしてくれて、一緒にシャワーも浴び、体の関係になったときもあり得ないほど濃厚でした。もちろん、容姿は私にとってど真ん中ストライクの美女です。

そのため最高の一夜を過ごすことになったのですが、5万円でも十分に満足できたわけです。なお、次回以降は都度4万円で何度もリピートすることになってしまいました。

お手当の額というのは、男性主導であることを忘れてはいけません。支払うのは男性だからです。双方の同意の上ではありますが、一般的な金額の目安を理解したうえで誘うといいいでしょう。

スレている女性は一回きりにするといい

なお、中にはスレている女性もいます。特にデートクラブでの経験が長い女性であるほど、金銭感覚がマヒして、スレてしまっている傾向があります。

スレている女性の場合、無駄に要求してくるお金の額が高額です。また、体ありであっても濃厚ではなく普通です。デートクラブに特有の素人感がないのです。

もちろん全員の女性がそういうわけではありません。実際、先ほど5万円で私と体ありの関係になった女性は「交際クラブ歴2年」とわりと長めでした。しかし、彼女の場合は非常に満足できる内容でしたし、性格も良かったです。

ただ、中には普通のスペックにも関わらずお手当8万円を要求してくる女性がいます。また、何十分もの遅刻をしてきて謝らない人がいます。他には、行為が終わったら部屋をあわただしく出ようとする女性もいます。

どれだけ容姿があなたのタイプだったとしても、こうしたスレた女性とは悪いことは言わないので縁を切った方がいいです。最後までするにしても一度きりにしましょう。私であれば、女性から8万円や10万円のお手当を要求された時点で、ホテルに行くのはやめておきます。

女性にとっては、その都度10万円(一度の肉体関係で10万円)などを渡してくれる男性が過去にいたのかもしれません。ただ、そうした奇特な人は少数です。富裕層が多い交際クラブであっても、都度8万円や都度10万円は一般的な感覚ではありません。

「できるだけ多くのお金をもらおう」という、プロ意識が芽生え金銭感覚がマヒした女性に価値はありません。そうした女性とは、すぐに別れるのがいいです。

お手当の金額交渉をするタイミング

それでは、どのようなタイミングでお手当の料金について交渉すればいいのでしょうか。食事だけの交通費であれば1万円を渡せばいいものの、体の関係があるときの値段交渉については慎重に行わなければいけません。

デートクラブを利用して会うとき、最初は会話に集中するようにしましょう。顔合わせの段階では、お互いに何も情報のない状態なので楽しい会話ができるように心掛けなければいけません。生々しい金銭面の話をしてはいけないのです。

そうして2時間ほど経過するなど、最後の段階になって「ホテルへ行くかどうか」「行く場合の金額はどうなるのか」の交渉をするようにしましょう。聞き方は別に深く考える必要はありません。私の場合、「これから時間あるならどう?」という感じで尋ねるようにしています。

相手がホテルへ行くことに承諾してくれたら金額交渉に移りますが、私の場合は「だいたいの女性は3万円でオッケーしてくれているけど、いつもどれくらいを提示しているの?」と聞くようにしています。これで納得してくれたら、3万円になります。

もし、相手女性が「いつも単発は5万円にしている」というなら、「それなら間を取って4万円はどう?」と聞けば問題ありません。

また、美人のため「何としてでも体の関係になりたい」と思ってしまうような女性は基本的に相場料金が高めです。このとき、女性が「単発で5~7万円をもらっている」という場合は、「では初回は5万円にして、次回以降は4万円でどう?」となるケースもあります。これについては、その人次第になります。

いずれにしても、相手女性がモデルや芸能人などではない限り、最後までするにしても私は必ず5万円以下にしています。5万円を超える金額の場合、スレた女性なので体の関係には至らず放流した方がいいです。

長期交際を希望なら単発で3万円か4万円が妥当

ただ、一回きりではなくて長期交際を望んでいるのであれば、都度5万円は高すぎです。財布的にもちません。私も世間一般的にはビジネスで成功しているほうですが、それでも高いものは高いのです。

そのため私の周囲にいる経営者も含め、たとえ初回に5万円を支払ったとしても、長期交際を前提とする女性については都度3万円か4万円にしている人が非常に多いです。「長期希望なら、都度3万円だと長続きしやすい」と最初から伝えておくのです。

もちろん、都度3万円であってもデートが楽しくなければ長続きしません。しかし、非常に濃厚なデートをしてくれる子であれば、下手に夜の店に行くよりも圧倒的にコスパがいいため、3万円だと何度もリピートしてしまうものです。

このとき、それでも女性が5万円を要求してくるようであれば、残念ながら交渉不成立です。その子とは縁がなかったと考え、一回きりの肉体関係で終わるようにする男性は多いです。

もちろんこれは一般論であり、交際クラブを利用している私の周囲の男性たちの話なので、あなたが大満足なのであれば毎回5万円を渡してもいいです。単発8万円や10万円でも問題ありません。要は、あなたの気持ち次第なわけです。

値下げは可能なのか

男性にとってお手当の値下げ交渉というのは、長期交際のときに有効です。都度3万円なら特に値下げ交渉の余地はありませんが、都度4万円や都度5万円なのであれば、値下げ交渉して問題ありません。

このとき、5万円のお手当の女性であれば、「長期で会いたいけど、都度4万円だったらもっと会えるけどどう?」と聞けばいいです。他には「月1回の頻度で都度5万円で会うのと、月2~3回の条件で都度3万円で会うのならどっちがいい?」と尋ねてもいいです。

こうした条件を提示しても元値を言い張る場合、長期交際を止めてもいいし、そのまま我慢しながら継続しても問題ありません。ただ、すべては男性側の意思次第なので、性格や金銭感覚が合わない場合は連絡を遮断した方が無難です。

特定のパパ活女性に捉われる必要はありません。交際クラブには非常にたくさんの女性がいるため、微妙そうな女性は諦めて他の女性を狙ってもいいのではと思います。

あまり値段交渉はしたくありませんが、お互いが気持ちよくデートできるために必須の行動になります。一回のデートで男性側は食事代やホテル代を支払い、さらにはお手当の金額まで必要になるわけです。都度5万円ではさすがに長続きしないため、長期交際の場合は値下げを含めてきちんと交渉しましょう。

お手当の条件交渉はスムーズに行う

交際クラブ側は交通費(食事だけの場合)のお手当額を教えてくれるものの、体の関係まで発展したときのお手当の料金相場を教えてはくれません。そのため、多くの男女が価格交渉で迷います。

ただ、一般的な相場は存在します。それは、3~5万円です。3万円、4万円、5万円の中でどの金額になるのかは、すべて女性の言い値次第だといえます。ただ、基本的にお金を支払うのは男性なので、条件交渉の主導権は男性側にあります。

女性の性格がスレていたり、値段に納得できなかったりする場合はそのまま帰ればいいです。双方が納得した場合だけ、体ありの関係になれば問題ありません。

なお、顔合わせの段階では都度5万円で納得したとしても、長期交際を考えている場合は都度3万円か都度4万円が適切です。

値段が高いと長続きしないからです。気前が良くてお金が余りまくっている男性なら毎回5万円でもいいですが、そうした人は少数なので値下げ交渉をするのが基本です。長期の場合、都度3万円か都度4万円にしましょう。

こうしたことを考えて、適切なタイミングを見計らいながら条件交渉をしていくといいです。値段交渉は緊張しますが、交際クラブを活用して性格の良い愛人・パパ活女性を見つけるようにしましょう。