お金のない女性でパパ活をする人は多いです。特に学生では収入がほとんどないケースが多く、学費を支払うにも苦労しがちです。

そうしたとき、金欠の女子大学生や専門学生ではパパ活によって収入を得ようと考えることがよくあります。一般的なアルバイトをしても収益は非常に少ないですが、パパ活によって高額な収入を得ることができ、学費や日々の生活費で困ることがなくなります。

もちろん、女子大学生・専門学生がパパ活をするに当たっての注意点もあります。事前に何を考えればいいのか理解しなければいけません。

そこで学生がパパ活によって収入を得る方法や注意点について解説していきます。

学生はお金がかかり、奨学金があると借金で大変

社会人のように定期的な収入が入ってくるわけではないにも関わらず、大きなお金が必要になるのが学生です。毎日の生活費や家賃、学費など支払う出費が非常に多いのです。

親が金持ちで毎月それなりの金額の仕送りをしてくれたり、実家暮らしで支払いがなく学費をすべて親が出してくれていたりする場合、ぜいたくをしなければ日々を問題なく過ごすことができます。一方でそのような状況でない学生は多く、毎日の生活を過ごすだけでも大変なケースが多いです。

これが奨学金をもらっている学生の場合、さらに大変になります。給付型奨学金でない限り、女子大学生・専門学生にとって、奨学金というのは借金と意味が同じです。将来は借金を返さなければいけないため、奨学金が残っていると将来の生活が大変になります。

奨学金の平均額は約350万円であり、社会人になったあとに15~20年という長期間にわたって返済していくことになります。

また奨学金を利用している学生は3人に1人くらいですが、奨学金がない場合は余裕のある学生生活とはならず、どうしても生活が苦しくなります。そこで、多くの女子大学生・専門学生がパパ活をするというわけです。

パパ活は短時間でアルバイトの何倍も効果がある

一般的に学生がお金を稼ぐ手段としてアルバイトがあります。ただバイトだけで収入を作るのは大変です。例えば時給1,000円で1日8時間を働き、月10日稼働するとなると月8万円の収入です。

  • 時給1,000円 × 1日8時間 × 月10日 = 月8万円

社会人の労働時間は1日8時間・月20日なので、その半分ほどの時間を働いたとしてもわずか8万円にしかなりません。

一方でパパ活であれば、より効率的に学費や生活費を稼ぐことができます。パパ活の場合、富裕層男性と一緒に食事をするのがメインになります。

また双方が納得すれば、その後にホテルへ行くこともあります。パパ活は自由恋愛の一つなので判断は人それぞれですが、金持ち男性との会話がメインなのでスキルは必要なく、誰でも手軽に始められるのがパパ活です。

富裕層男性にとってプロとの遊びは既に興味がなくなっており、素人女性とのデートを楽しみたいと考える人が多いため、結果としてパパ活女性を支援する人が多いというわけです。

このとき食事だけのデートでは1万円のお手当(収入)となります。一方でホテルまで行く場合、3~5万円がお手当の相場です(食事分を含む)。

食事だけの場合、だいたい2時間ほどかかるので時給5,000円です。一方で体の関係になる場合、合計で3時間ほどの拘束になるため、3万円で見積もったとしても時給1万円です。

また体ありの場合、合計2回(6時間ほど)について富裕層男性とデートするだけで6~10万円であり、1日に何時間もバイトする人に比べて圧倒的に効率的です。もちろん学費を支払えるのは当然として、日々の生活にも余裕が出てきます。

参考までに、私は富裕層男性として女性を支援する立場ですが、体ありの場合は3万円のケースが多いです。5万円を要求する女性も中にはいますが、コスパが悪いので私の場合は一回限りになることが多いです。5万円を払うなら、3万円のお手当で喜んでくれる女性と2回デートしたほうがいいからです。

年齢が若く、自由時間が多い学生はパパ活が最適

なお、女子大学生・専門学生はパパ活で有利です。単純に年齢が若く、自由時間が多いからです。

パパ活女性というのは、年齢が若いほど価値があります。言葉を悪くしていうと、年を追うごとに容姿は劣化していきます。老化現象なのでこれについては仕方ないですが、年齢が若い分だけ、女性として学生は非常に価値が高いといえます。当然、その分だけ単価も上がります。

例えばパパ活で体ありにて5万円をもらえるのは「若くて美人な女性」に限られます。たとえ見た目は美人であっても、30代後半で5万円をもらうことはできません。若いからこそ付加価値があり、それだけ多くのお金をもらえるのです。

また学生であれば自由時間が多いです。そのため夜の時間帯だけでなく、昼の時間であっても日程を調節できます。

金持ち男性は経営者や医師など、社会的にも経済的にも余裕のある人となります。特に経営者だと、私を含めて「昼に会社を抜け出して、妻にバレずに素人女性と会いたい」という人はそれなりにいます。

そうしたとき社会人女性であれば無理ですが、学生であれば日程を調節できます。若くて時間的に調節しやすいというのは学生ならではのメリットといえます。

高級料理・料亭や最高級ホテルを若いときから経験できる

また女子大学生・専門学生であれば、どうしても日々の食事は貧相になりやすいです。自炊を頑張ったり、学生食堂を利用したりすることになります。

一方でパパ活をすれば、100%の確率で男性が食事代を負担してくれます。しかも、連れて行ってくれるのは普通のレストランではなく、高級レストランや高級料亭です。一回の食事代だけで1万円以上になるのは珍しくなく、学生では絶対に経験できないレストランの食事を楽しむことができます。

また場合によっては旅行デートをすることもあり、最高級ホテルに宿泊するなど、圧倒的な非日常を味わうこともできます。参考までに、以下は私がパパ活女性と旅行デートに行ったときの様子です。

周囲の男性学生は恋愛対象として問題ないものの、お金をもっている学生はまずいません。ただ金持ち男性と仲良くなれば、こうした世界へと連れ出してくれます。

将来の社会人経験や就職にも活きてくる

またパパ活というのは、単に男性とデートするだけではありません。一種の社会勉強の側面もあります。事実、パパ活をしている男性でサラリーマンはほぼいないからです。

前述の通り会社経営者や医師、弁護士など社会的ステータスの高い男性がパパ活女性を支援します。理由は単純であり、素人女性をパパ活支援するためにはお金がかかるからです。

前述の通り、あなたは食事だけで1万円、体ありで3~5万円ものお金をもらいます。これに加えて、飲食代やホテル代まで男性は出さなければいけません。男性にとって、愛人(パパ活女性)とデートするのはお金がかかるのです。

そのためデートをするとはいっても社会的に成功している男性ばかりなので、そういう人たちの話を聞くことによって社会勉強になります。

またパパ活では、毎回違う人と会うというよりも、定期的に支援してくれる太パパを数人みつけるのが最も優れるやり方になります。もちろん途中で連絡を取れなくなるパパもいるのでパパのメンツは変わっていきますが、そうした継続支援をしてくれる太パパを見つけるというわけです。

そうしたとき、経営者や医師を含めて経済的に成功しているパパは人脈も強力であり、当然ながら将来の就職であっても強いコネクションをもてるようになります。日本の社会において、結局のところコネクションは非常に大きな威力を発揮します。

若さはあるがスキルのない女子大学生・専門学生であっても、パパ活を通して優れたパパを見つけることができれば、金銭的な支援をしてくれるだけでなく、将来にとって大きなプラスになります。もちろん、そうしたパパとは社会人になった後でも継続して付き合えばいいです。

食事だけの女性は人気がない

なお学生がパパ活をするとき、勘違いをしているケースがよく見受けられます。要は、「簡単に食事だけで稼げる」と考えるのです。誰でも気軽に始められるのは本当です。ただ、食事だけで稼げることは基本的にありません。食事だけの女性は圧倒的に人気がないからです。

冷静に考えれば分かりますが、男性にとって「女性と食事をして1万円を渡すだけの関係」はまったくメリットがありません。それなら、ガールズバーやキャバクラに行けばいいだけであり、何のスキルもない学生と会う必要はありません。

そうではなく、男性は女性とのデートをしてその後のホテルまでを共にするからこそ、積極的に女性を支援するわけです。食事だけの場合、1~2回ほどセッティングできたとしてもその後に続くことはありません。そもそも、男性からオファーすらないと考えましょう。

そのため、「問題ない男性であれば一緒にホテルに行ってもいい」という心構えが必要なことを理解しておきましょう。

なおパパ活は自由恋愛であるため、相手に清潔感がなければもちろん断っても問題ありません。事実、相手男性がどうしてもダメな場合、ホテルを断る女性は非常に多いです。

デート後の体の関係を断れることについては、パパ活の大きなメリットといえます。いずれにしてもパパ活で稼ぎ、学費や生活費を効率的に稼ぐことを本気で考える場合、問題ない男性であれば受け入れる覚悟をすることをおすすめします。

継続的に支援してもらい、運が良ければ学費を払ってくれる

なお前述の通り、パパ活では継続的に支援してくれる男性を見つけるのが最も優れる方法になります。そうしたとき、運が良ければ金持ち男性が学費を支払ってくれることもあります。

これについてはパパ次第ですが、パパ活では男性から女性に対して高価なプレゼントをすることがあります。このときの支援というのは物のプレゼントに限らず、学費や家賃であることもあります。つまりパパから毎月、奨学金のように定期的な支援をしてもらいつつ、他の負担もしてもらえるのです。

全体数からいうと、学費や家賃まで支援してくれるパパは少ないです。ただパパ活をしている女子大学生・専門学生の中には、このような手厚い支援をしてもらっている女性がいるのも事実です。

そのためには実際にパパ活を行い、何人もの富裕層男性と会って相性を確かめる必要があります。ただパパ活であれば、お手当として収入を得るだけでなく、学費や家賃支払いなどその他の金銭的な部分についても支援してくれる可能性があるというわけです。

女子大学生・専門学生がパパ活で学費や生活費を稼ぐ

日々の生活だけでなく、学費の支払いまでしなければいけないのが学生です。定期的な収入がないにも関わらず学費や家賃という大きな支払いがあるため、どうしても生活は苦しくなりやすいです。これが奨学金に頼っている人であれば、将来の借金まで考えなければいけません。

このときほとんどの学生はアルバイトをするものの、お金を稼ぐ手段としてバイトは非常に効率が悪いです。そのため、パパ活をする学生は非常に多いです。年齢が若いため、それだけで武器になります。

ただ食事デートだけを考えている場合、パパ活で失敗しやすいです。高額なお金を稼げるのは本当ですが、そのためにはある程度の覚悟が必要になります。要は、お金を支払ってくれる男性の欲求に応えられなければいけません。

その代わり、正しくパパ活をすれば上流の世界を見ることができますし、パパの人脈を使うことで将来を有利にすることもできます。成功している女子学生でパパ活をうまく利用している人は多く、富裕層男性とのデートを重ねつつ学費や生活費を稼ぐようにしましょう。


女性にとって、スキルがなくても誰でも簡単に稼げる方法としてパパ活があります。1回3~4時間ほど、男性と週2回会うだけで、月24~40万円の副収入となります。しかも現金手渡しなので、特に税金を課せられることはありません。

このとき、ほとんどの女性が交際クラブやパパ活アプリを利用してパパ活をスタートします。これらは愛人探しに特化しているサービスだからです。また、出会い系やSNSのように事件に巻き込まれることもありません。

ただ交際クラブやパパ活アプリは無数に存在します。また、利用する媒体によって男性の質や登録人数も異なります。

そこで交際クラブやパパ活アプリを厳選し、実際の私の経験を含めて「利用時の特徴」「展開エリア」「登録者の質」を含めて以下で解説しています。