パパ活によって手軽に高額なお金を手にできるのは事実です。ただお金の受け取り方法を間違っている人は多いです。正しくお金を受け取らなければ、無駄に高額な税金を支払わなければいけないことになってしまいます。

銀行振込ではなく、必ず現金手渡しでなければいけません。そうしなければ、後で非常に面倒なトラブルとなります。

またパパ(男性)から受け取ったお金について、貯金方法を間違えている人も多いです。現金でもらった後、そのまま自分の銀行口座に振り込みする人がたくさんいるのです。ただ、この場合は税務調査の対象になります。

お金を受け取るだけではなく、その後の対策も理解しなければ大切なお金を守ることができません。そこで、どのように愛人女性(パパ活女性)がお金を受け取ればいいのか解説していきます。

愛人女性は正しい貯金の方法がある

パパ活をするとき、正しい貯金の方法があります。人によって稼ぐ金額は異なるものの、適切な「パパからのお金の受け取り方や自分の銀行口座への振り込み方法」があるのです。これを理解していないとトラブルになります。

トラブルというのは、「富裕層のパパとトラブルになる」という意味ではありません。税務署が「怪しい」と感じて、あなたに対して税務調査をするのです。そこで、以下を意識しましょう。

  • 必ず現金手渡しでお金をもらう
  • 高額な現金収入を自分の銀行口座に入れない

この2つを守るようにしましょう。そうしなければ、税務署に目を付けられる可能性が非常に高くなるからです。

銀行振込は絶対に不可:現金手渡しが必須

まずパパ活では、銀行振込を回避するようにしましょう。愛人関係である場合、必ず現金手渡しでなければいけません。

パパ活では金持ち男性と一緒に食事をしたり、その後のホテルへ行ったりすることによって高額なお金をもらうことになります。食事のみの場合は1万円が相場であり、ホテルまで一緒に行く場合は3~5万円が相場です。

このときパパからもらったお金について、愛人女性で税金を支払っている人はぶっちゃけ、ほぼいません。厳密には贈与税の対象になるものの、パパからもらったお金はすべて自分が自由に使えるお金となるのです。

ただ無駄な税金を支払わないようにするためには、銀行振込ではダメです。必ず現金手渡しにしなければいけません。

贈与税を回避するには現金でないとダメ

なぜ、現金手渡しである必要があるのでしょうか。それは、税務職員は金融機関の情報へ自由にアクセスできるからです。つまり、どの人がいくら貯金があり、どのタイミングで入金があったのか簡単に把握できます。

そうしたとき、同じ男性から毎月高額の送金があれば、税務職員はどのように考えるでしょうか。「なぜこの人は高額なお金をもらっているのに、贈与税の申告をしていないのだろう?」と考えます。こうして税務調査の対象になります。

そこで、お手当は銀行振込ではなく現金手渡しにしましょう。当然ながら現金の場合、どの金融機関についても履歴が残りません。つまり、富裕層男性からあなたにお金が渡っていることがバレることはありません。こうした理由から、必ず現金手渡しが必要となるのです。

もしパパから「銀行振込がいい」といわれても絶対に断るようにしましょう。あなたの本名が振込先名によってパパにバレるだけでなく、税務調査の確率が高くなるからです。銀行振込はパパ活女性にとって、デメリットの側面しかありません。

仮に銀行振込にパパが固執する場合、その男性とは相性が合わなかったと考えてさよならするしかありません。

現金収入を銀行預金に入れ、貯金するのはNG

それでは、現金手渡しを徹底していれば問題ないのかというと、必ずしもそういうわけではありません。受け取った後の現金の取り扱い方法を理解していない場合、やはり税務署から目を付けられるようになります。

パパから現金手渡しをされたお金について、あなたの銀行口座に振り込みしようと考えてはいないでしょうか。これについては非常に危険です。

なぜパパ活女性が税務申告をしなくても特にバレることがないかというと、金融機関にお金の移動履歴が残らないからです。ただパパ活によって稼いだ現金について、自分の銀行口座に振り込みをしていると、税務署としては「なぜこの女性は稼ぎが少ないのに、これだけ高額なお金の振込が可能なのだろう?」と疑問に思います。

例えば毎月の手取りが月15万円ほどにも関わらず、それとは別に毎月20~30万円の口座入金がある場合、「この毎月20~30万円のお金はどこから出てきているのだろう?」と疑問に思われるのです。

税務署にバレる理由は明らかに高額な貯金

より詳しくいうと、高額なお金を銀行口座に預け続けている場合は税務署にバレます。逆にいうと、そこまで大きく稼いでいない人は特に心配は不要です。具体的には、パパ活で稼いでいる額が月に3~10万円ほどの人の場合、特に注意する必要はありません。

まず、贈与税には非課税枠があります。毎年110万円までは無税であり、申告は不要です。

月の稼いでいる額が3~10万円ほどの場合、年110万円以下におさまります。つまり非課税枠(控除)によって元々が無税であり、この場合は例外的にパパ活でもらったお金についてそのままあなたの銀行口座に入金しても問題ありません。

一方で月に20~30万円のように、高額なお金を稼いでいる愛人女性については税務申告の義務があります。この場合、毎年110万円までなら自分の銀行口座に振り込みしても問題ないものの、それ以上の額を振込するのは微妙です。

・一気に入金したとしても税務署にバレる

なお、これは毎月の入金ではなく、一括での入金であっても同様です。例えば300万円の入金があると、「この高額なお金の出どころはどこなのだろう?」と税務職員は考えます。

分割にて毎月入金しようが、高額なお金を一括で入金しようが、税務署に目を付けられるのは同じです。そこで、高額すぎるお金は自分の銀行口座に振り込みしないようにしましょう。

税務調査のラインを事前に理解するべき

参考までに、個人が税務調査の対象になるラインとしては「100万円以上の追徴課税を取れそうかどうか」といわれています。そのため、意外とラインは低いと分かります。

例えばパパ活で年間300万円の副収入がある女性の場合、ザックリと贈与税は毎年20万円ほどになります。そのためパパ活を4~5年ほどしていれば、税務調査の対象に引っかかってくるというわけです。

また実際ところ、現金でもらっているお金だけでなく、パパからプレゼントとして高価な品物をもらっている愛人女性もたくさんいます。これらを含めると、わりと簡単に税務調査の対象者になってしまうというわけです。

そこで、ここまで解説した通り「パパからのお手当については現金手渡しを徹底する」「現金で受け取った高額すぎるお金を自分の銀行口座に振り込みしない」ことを意識しましょう。

パパ活を1~2年だけする場合であったり、稼ぎの額が少なかったりするのであれば特に問題ありません。ただパパ活では簡単に稼げるため、4~5年など長期間の愛人関係を複数のパパと築く女性は多いです。その場合、こうした注意点があることを理解しなければいけません。

現金のまま利用するのが最適

そこで、現金手渡しのお金についてあなたの銀行口座に振り込みするのではなく、現金としてそのまま利用しましょう。

現金で利用するとはいっても、利用場面は非常に多いです。日々の食費や交通費に限らず、例えば家賃支払いを毎月ATMからの現金振込で行えば、それだけで高額な支払をすることになります。

また何か高めのお金を支払うとき、クレジットカード決済ではなく、コンビニ支払いやATM支払いを選択するようにしましょう。少し面倒ではありますが、こうしてあなたの銀行履歴にパパ活の跡が残らないように注意する必要があります。

ただ面倒とはいっても、現金受取り&現金支払いを徹底するだけで超高額な税金支払いを避けることができます。また現金を利用できる場面は非常に多いため、これについては問題ないといえます。

愛人活動での現金の取り扱いや貯金方法を理解する

パパ活をするとき、どのように貯金をすればいいのか理解していないと、後で大きなトラブルに巻き込まれます。具体的には、税務署から調査されるようになります。

実際のところ、愛人としての活動で税務申告している人などいません。ただ本当は微妙なので、お金の移動が分からないようにしましょう。そこでパパからは必ず現金手渡しにしてもらい、もらったお金は自分の口座に高額な現金振込をしないようにしましょう。

税務署はすべての金融情報へアクセスできるため、あなたの銀行履歴にパパ活の跡が残らないようにする必要があります。

稼ぎの額が少ない人の場合、銀行振り込みについて特に気にする必要はありません。ただ月20~30万円以上を稼いでいる愛人女性の場合、ここまで述べたポイントに注意するようにしましょう。


男性にとって、効率的に自分好みの女性と会える最も優れた方法が交際クラブです。アプリのように、女性の顔すら分からない状態で会うことはありません。またパパ活女性にとっても、確実に富裕層の優れた男性とのみ会えるのが交際クラブです。

女性はすべて交際クラブを無料で利用できます。そのため、金銭的なリスクなくパパ活をスタートできます。

一方で男性では、高額な入会金やデートセッティング料が必要なため、事前にどのデートクラブが優れているのか理解しなければいけません。

「利用金額」「支店の数」「在籍する男性・女性の数」など、それぞれ交際クラブは特徴があります。また私がこれまでにいくつもの交際クラブに登録し、失敗してきた経験から、どのデートクラブが最適なのか厳選して以下で紹介します。