男性であっても女性であっても、心配ごとの一つとして「待ち合わせ」があります。特に初めて顔合わせをする場合、お互いに顔が分からないので、きちんと会えるかどうか不安になります。

そこで、顔合わせの場所についてどこが適切なのか理解しなければいけません。わかりにくい待ち合わせ場所だったり、人混みが激しかったりすると会うだけでも大変です。

適切な顔合わせスポットについては、特に決まった場所はありません。ただ、わかりやすい場所を顔合わせに指定して、スムーズに会うようにしましょう。

ここでは、「男性が交際クラブ(デートクラブ)を利用したり、女性がパパ活をしたりするときに最適な待ち合わせ場所」について解説していきます。

最初は会う街を決める

お互い初めて会うとき、まずは会う街を決めるといいです。地方・田舎であれば、待ち合わせ場所は限られます。基本的には、県の最大都市の中心部になります。例えば広島であれば、会う場所は特別な理由がない限りは広島市の街中です(広島県東部であれば、福山市の街中になるかもしれません)。

ただ、東京であれば新宿、渋谷、銀座、六本木、恵比寿といくつもの主要な場所があります。大阪でも、梅田や難波などがあります。そのため、都市部に住んでいる人は最初に「どの街での顔合わせが適切なのか」を考える必要があります。

このとき重要なのは、「最寄り駅を避ける」ことです。つまり、自宅の近くや勤務する会社近辺などでの待ち合わせを避けます。特に勤務地近くの駅を避ける人は多いです。

友人や会社の人との待ち合わせであれば、最寄り駅で問題ありません。ただ、交際クラブを利用して男性が女性と会ったり、パパ活女性が男性と会ったりするとき、最寄り駅で顔合わせをするとなると、知っている人に見られる可能性があります。

これを避けるため、自宅や会社近くでの待ち合わせは避けましょう。

地方に住んでいる人の場合、繁華街は限られてしまうので多少は仕方ありません。ただ、都市部に住んでいる人であれば、デート場所はいくらでもあります。そこで、デート場所を最寄り駅から離すことが可能です。

例えば、以下はパパ女性(愛人希望女性)のプロフィールですが、このようにNG場所を指名していることは多いです。

この女性の場合、単純に中目黒駅にある会社で働いているため「中目黒NG」にしていると想像できます。基本的に会社やバイト先の駅は待ち合わせ不可にする人が多いのです。これは、知り合いへの顔ばれを防ぐためです。

デートの顔合わせで指定するべき場所

それでは、どのような場所を待ち合わせ場所に指定すればいいのでしょうか。

会う街を決めた後、実際に会う場所を指定しなければいけません。多くは男性が指定するため、愛人候補の女性とデートするときはどこが適切なのか考える必要があります。

このとき、以下のような場所が適切です。

レストランの中

初回デートは必ず食事になります。ランチデート、カフェデート、ディナーデートと種類はありますが、いずれにしても最初は食事デートしか考えられません。15:00ごろの時間であっても、お茶をしながらのデートなのでカフェデート(食事デート)になります。

顔合わせの場所を指定するとき、最も簡単な方法は「レストランやカフェを顔合わせ場所に指定する」ことです。店の中で会うようにするのです。これなら、確実に顔合わせを実現することができます。

例えば、以下は私がパパ活女性とデートしたときの様子ですが、このときは百貨店の中にあるレストランを利用しました。

こうしたレストランへ直接来るようにしてもらえば、確実に会うことが可能です。

・最初の会話が困るのはデメリット

ただ、最も確実でわかりやすい方法であるものの、私はレストランでの待ち合わせをしません。先ほどのレストランについても、事前に待ち合わせをした後に出向きました。レストランを待ち合わせ場所にしない理由は単純であり、それは最初の会話に困るからです。

デートクラブでの出会いを含め、初対面であるとお互いの情報が何もない状態でスタートします。お互いの趣味がわからなければ、仕事内容も理解していません。その状態から会話が始まるため、困ってしまうことが多いのです。

一方で他の場所での待ち合わせであれば、最初の会話が容易です。レストラン以外での待ち合わせであれば、「わりと人がいますけど、けっこう探しました?」「この場所、すぐわかりました? 私は来るとき迷子になったのですが!」という具合で、軽く会話からスタートさせることができます。

食事場所に着くまでには場を和ませることができるため、基本的にはレストラン以外の場所で会い、その後レストランに出向くようにするのがおすすめです。

目印のある待ち合わせ場所

そこで、わかりやすい待ち合わせ場所を指定するようにしましょう。レストランから近い場所で会った後、徒歩でレストランへ出向くようにするのです。

例えば、渋谷であればハチ公像という誰でも知っている待ち合わせ場所があります。同じように待っている人は多めですが、誰でも知っているので待ち合わせ場所としては最適です。

交際クラブなど、高級志向のデートセッティングだとこうした「大衆向けの待ち合わせ場所は適切ではないのでは?」と考えてしまいがちです。ただ、実際のところ何も問題ありません。下手にわかりにくい場所を指定して会えないほうが問題です。

また、欲を言えば屋内だともっといいです。当日は雨が降るかもしれませんし、冬だと野外は寒いです。夏でも、屋内だと日差しを避けることができます。例えば、以下のような場所です。

もちろん、必ず屋内でなければいけないわけではありません。私は屋外を顔合わせの場所に指定することはよくあります。これについては、デートごとに違ってくると考えてください。

ホテルロビー

ちなみに、私が頻繁に利用する待ち合わせ場所としてホテルロビーがあります。交際クラブなどを利用し、デート目的で待ち合わせするときに高級ホテル(ラグジュアリーホテル)のロビーであれば、不自然に思われることはまずありません。

ホテルロビーであると、以下のように高級感があるので何も違和感がないのです。

特にランチデートや15:00あたりのカフェデートであると、高級ホテルは非常に使い勝手がいいです。朝や夕方であると宿泊客の出入りで混雑しますが、日中は人通りが割と落ち着いています。

また、昼間の時間はそこまで食事代が高額にならないため、ホテルのラウンジやレストランであっても安価に済ませることができます。ホテルで待ち合わせた後、すぐ隣にあるホテル内のカフェに移動するのです。

この場合は男性にとって奢りやすいですし、パパ活女性にとってみても引け目を感じる必要はなくなります。

また、高級ホテルであっても夕食代がそこまで高くならないケースがあります。デートクラブでの出会いでは、一人の食事予算が5,000~10,000円になるのが一般的であり、これに収まるのであれば問題ありません。

もちろん、ホテルで待ち合わせをして他の場所に移動することもよくあります。これについても、そのときの状況によって対応が異なると考えてください。

初めて会うときに避けること

このように顔合わせに最適な場所があります。レストランやホテルロビーを含め、適切な場所を待ち合わせに指定しましょう。

ただ、顔合わせをするときに避けなければいけないポイントがあります。「自宅や職場の近くにある最寄り駅を回避する」ことは既に述べましたが、他にも注意点があるのです。

男女が待ち合わせをするとき、以下のポイントには注意するようにしましょう。

ファミレスなど、安っぽい場所の前はNG

交際クラブに限らず、あらゆるデートで共通しますが安っぽい場所での待ち合わせは避けるようにしましょう。例えば、ファミレスやマクドナルドの前などです。いくら分かりやすい場所であり、予約しているレストランから近かったとしても、待ち合わせ場所として適していません。

こうした場所を指定すると、パパ活女性は「何でこんな安っぽい場所が待ち合わせ場所なのだろう? 女性のことを分かっていない、残念な男が来るのでは」と考えるようになります。これは避けましょう。

ただ、駅構内であれば問題ありません。「六本木駅の3番改札を抜けて、地下から地上に出た直後の場所」などであれば普通です。

また同じ店舗の前で待ち合わせをするにしても、以下のように「それっぽい雰囲気のある店舗」であれば問題ありません。

ちなみに、この店はお菓子屋さんです。かなり昔から続く老舗のお菓子屋さんであり、ここの店先が待ち合わせ場所であっても何も問題ありません。

要は、安っぽい場所でなければ顔合わせの場所として問題ありません。

人通りのないところを避ける

ただ、いくら高級感あふれる場所であったとしても、人通りがほとんどない場所を待ち合わせに指定するのはやめましょう。待ち合わせに向かう愛人女性は「こんな人気のない場所に呼び出しておいて、襲われることはないのか?」と考えてしまうからです。

良い雰囲気のレストランは意外と裏路地にあります。しかし、食事場所から近いという理由だけで、裏路地を待ち合わせに指定してはいけないのです。

最初の待ち合わせ場所は必ず人気のある場所でなければいけません。

何度か会って信頼関係を築けた後なら、人通りのない場所を指定しても問題ありません。ただ、最初の顔合わせの段階では人通りのある場所を必ず指定するようにしましょう。

車を用意してはいけない

男性によっては車で運転してきて女性を乗せ、他の場所で食事デートを考える人がいます。ただ、これは絶対に行ってはいけません。パパ活女性も同様に、初対面の人の車には乗らないようにしましょう。

あなたも、素性がわからない謎の人の車に乗るのは怖いと思います。どこか、変な場所に連れていかれるのではと考えてしまいます。これが、大人の関係に発展するかもしれないデートクラブを通じて会うとなると、なおさらです。

車でなければ行けない場所のレストランへ行くのは非常に微妙ですし、そもそも初回デートで自家用車を用意しても女性からは嫌われます。「あなたの車には乗れない」と乗車拒否されるだけです。理由は単純であり、怖いからです。

デート場所は必ず繁華街の駅から近くに位置する、徒歩で行ける場所でなければいけません。これに例外はないです。当然ながら待ち合わせ場所も駅近くである必要があります。駅近くで会い、そのまま近くのレストランやカフェへ出向くようにするのです。

もし、車でなければ向かえない居酒屋で食事をしたい場合、駅の近くで会った後にタクシーで行くようにしましょう。

お泊まりはしない

初対面で会うとき、必ず食事デートになりますが、交際クラブで出会った場合はその後に大人の関係へと発展することがあります。また、男性が出張先でデートクラブを使っている場合、男性が宿泊しているシティホテルへ愛人候補の女性を連れ込むことになります。

デートクラブであれば、男性は女性へお手当(デートしてくれたお礼のお金)を手渡しますが、当然ながら体ありの方がお手当の額は大きくなります。そのため、最初のデートから肉体関係になるケースはよくあるのです。

このとき、たとえ大人の関係になったとしてもお泊まり(朝までの同伴宿泊)は避けるのが無難です。最初から宿泊が絡むと、不都合なことしか起こらないからです。

男性側であれば、女性から「お泊まりした時間を時給計算され、高額な費用を請求された」という事例が実際にあります。パパ活女性にしても、「お泊まりが基本になって次回以降のデートが辛くなる」ようになります。

顔合わせの段階では長時間を一緒に過ごすことをせず、肉体関係になった後はすぐ解散するといいです。そのため、都市部では終電までに帰りましょう。地方の人であっても、遅くても24:00までには解散するのが適切です。

待ち合わせ場所を理解する

男女が顔合わせをするとき、お互いの顔がハッキリと分からない状態で会うことになります。このとき、基本は男性側が待ち合わせ場所を指定します。

ただ、自由恋愛で会う以上は待ち合わせ場所の指定は男性のセンスになります。特にどこが良いという顔合わせ場所はありませんが、ここで述べたように「駅近くで待ち合わせをする」「安っぽい場所はNG」など基本的なポイントを守れば大丈夫です。

適切な待ち合わせ場所としては、「レストランの店内」「目印のある分かりやすい場所」「ホテルロビー」の3つがあります。この中で良さそうな場所を選び、男女が会うようにするといいです。

男性が愛人を探したり、女性がパパ活をしたりするとき、最も効果的な媒体が交際クラブです。ここで述べたことは、デートクラブに限らずあらゆる男女の出会いに共通することではありますが、こうしたポイントに注意して楽しいデートを実現させましょう。