女性にとって簡単に稼げる方法としてパパ活が広く知られています。女性がパパ活をするとき、いくつか方法があります。その中の一つが交際クラブ(デートクラブ)の利用です。

交際クラブは愛人マッチングサービスを提供しており、女性はパパ活をすることができます。また出会える男性はどの人も富裕層であり、貧乏男性が混じることはありません。そのため稼ぎたいパパ活女性にとって優れたサービスになります。

ただデートクラブを利用するとき、稼ぎの額を大きくするにはコツがあります。どのようにすれば、効率的に副業にて高額なお金を手にできるのか理解しなければいけません。

そこで交際クラブを利用して稼ぐことを考えるとき、どのように行動すればいいのか解説していきます。

女性がパパ活できる愛人マッチングサービス

愛人マッチングサービスとして広く知られており、インターネットが存在しないころから広く行われているサービスとして交際クラブがあります。

女性が交際クラブへ登録すれば、男性会員は専用の会員サイトにて女性を閲覧できるようになります。以下は男性が実際に見ることのできる会員サイトの一部です。

パパ活アプリも愛人マッチングサービスとして広く利用されています。ただパパ活アプリとは異なり、交際クラブでは女性側の会員サイトはなく、女性から男性にアプローチすることはできません。女性は単に男性からアプローチされるのを待つだけとなります。

そのためパパ活アプリとはまったく仕組みが異なります。いずれにしても、何かメッセージのやり取りを頻繁にしなくても、勝手に男性からアプローチされます。そのため、忙しい人であっても問題なくパパ活をスタートできるのがデートクラブです。

会える男性がほぼ100%富裕層になる

このときパパ活アプリに比べると、男性の質という意味ではデートクラブのほうが圧倒的に上です。愛人として稼ぐには、富裕層男性を見つけなければいけません。そのためには、交際クラブが最も優れるというわけです。

パパ活アプリの男性側の利用料金が高いとはいっても、月1万円ほどで利用できます。そのためパパ活アプリを利用する男性には単なるサラリーマンも混じっています。

一方で交際クラブの場合、すべてのデートクラブに共通しますが男性側の入会金(会員維持の年会費)やデートセッティング料などが非常に高いです。私の場合は男性として女性を支援する側の人間ですが、デートクラブに入会するときは以下のように10万円かかりました。

また女性へデートを申し込むとなると、3~5万円のデートセッティング料が別にかかります。さらに女性とデートするためにレストランを予約し、二人分の食事代を支払わなければいけません。これに加えて、パパ活女性へ支払うお手当が発生します。

このように考えると、初回デートをするためには20万円以上のお金が消えます。これを一般的なサラリーマンが支払うのは無理であるため、交際クラブに登録されている男性は経営者や医師などの富裕層のみというわけです。

稼ぎの額は?食事デートは1万円が相場

それでは愛人女性として副業するとき、稼ぎの額は一般的にどれくらいになるのでしょうか。出会い系サイトなどを利用する場合、貧乏男性が利用するので相場は非常に低くなります。一方でデートクラブの場合だと、稼ぎの額は大きくなります。

このとき一般的な相場は決まっており、食事デートだけで終わる場合は1万円が相場です。男性との食事が終わった後、その場で1万円を現金手渡しされるというわけです。

都市部でも地方でも、食事デートは1万円が相場です。たとえあなたの年齢が高めであったとしても、食事デートについてはデートクラブでのお手当相場は変動しないと考えましょう。

ホテルありのデートでは3~5万円となる

このときデートクラブを利用する場合、食事だけではなく男性と一緒にホテルへ行くことになるケースもあります。この場合、ホテルありのデートでは3~5万円が一般的なお手当相場になります(食事のお手当を含む)。

いくらのお手当金額になるのかについては、双方の話し合いやあなたの希望にもよるので異なります。ただ一般的には3~5万円というわけです。

貧乏男性相手の場合、こうしたお金を取ることはできません。ただ富裕層であれば可能です。

なお、全体の拘束時間はホテルありであっても3~4時間ほどです。これだけの短時間で3~5万円の副業収入になり、効率的に稼げるので多くの女性がパパ活をしているというわけです。

デートクラブで稼ぐには登録時の服装が重要

ただ女性にとって、交際クラブは前述の通り「待ちの姿勢」になります。パパ活アプリのように、自らメッセージを男性に送ることはできません。そこで、デートクラブで男性から選ばれるプロフィールになるよう努力しましょう。

デートクラブで稼ぐには、どれだけ男性からオファーをもらえるのかによって変わってきます。そのため複数の交際クラブに登録するのは当然として、男性があなたのプロフィールを訪れたとき、オファーしてもらえるように仕向けなければいけません。

そのため、登録時の服装に注意しましょう。デートクラブで女性が登録するためには、一般的に交際クラブの事務所へ出向くことになります。このとき、本人確認と同時にその場で写真撮影することになります。撮影した写真がそのまま、会員サイトに掲載されます。

そこで、男性とデートすることを想定した服装で事務所に出向き、登録に臨みましょう。ブランド品を身につけるのは不要であるものの、素人女性として清楚な雰囲気を出せる服装が好ましいです。

スタッフへの印象が悪いとありのままを書かれる

また他の注意点として、常識ある行動を取るようにしましょう。要は、交際クラブのスタッフへの印象が悪いとプロフィールにありのままを書かれるようになります。

パパ活では簡単に稼ぐことができ、さらには女性は無料で交際クラブを利用できるため、実際のところ非常識な女性がたくさんいるのも事実です。交際クラブは女性が多い一方、富裕層男性は少ないです。そのため男性優位であり、男性目線のサービスを提供しているのがデートクラブです。

そのため男性側が損をしないよう、スタッフはぶっちゃけた女性のプロフィールを作成します。例えば、以下は交際クラブに登録されている女性プロフィールの一部です。

この女性の場合、約束の時間に1時間以上も遅刻したことが分かります。また、性格的にも少し難ありと分かります。こうしたありのままを平気で書かれると考えましょう。当然その場合は、男性からのオファーが減って稼ぎにくくなります。

もちろん常識ある行動を取っていれば特に問題ありません。ただ、いずれにしてもスタッフに対して失礼な行動を取らないようにしましょう。

動画撮影を承諾すると稼ぎやすくなる

他には、少しでも男性にとってプラスになることであれば承諾するといいです。例えば交際クラブによっては、女性を動画撮影して会員サイトへ提供していることがあります。

例えば以下は、大手のデートクラブが掲載している女性のプロフィール動画の一部です。

実際のところ写真であれば、加工していない写真とはいっても、その女性の様子を完ぺきに把握することはできません。写真撮影するときの角度を変えれば、印象は変わります。

一方で動画の場合だと、いろんな角度で女性を見ることができますし、その人の雰囲気も分かります。男性は高額なデートセッティング料を支払うため、失敗したくないと考えるのは当然です。そのため、こうした動画撮影を承諾すると男性からオファーが来やすくなり、結果として稼ぎやすくなります。

複数パパと長く続けるから稼げる

こうしてパパ活をするとき、単発で大きく副業収入を得ている女性はいません。男性全体の数から考えると、やはり富裕層男性は圧倒的に少なく、人気女性であっても毎月のようにオファーがあるわけではありません。

そのため、交際クラブを利用して稼ぐには「2~3人のパパを捕まえて、長期的な関係を築く」のが優れているといえます。例えば3~4時間のデートを週に2回する場合、一回3万円と低く見積もっても月24万円の副収入です。

  • 3万円 × 週2回 × 4週間 = 月24万円

またこのお金は現金手渡しのため、実際のところ税金を支払っている愛人女性はいません。そのため、新卒大学生の給料よりも高額なお金をわずかな時間で稼ぐことができてしまいます。

そこで、デートクラブで会ったパパについては、できるだけ長期的な関係を築けるように努力しましょう。そうすれば、愛人女性として手軽に稼げるようになります。

・お手当の希望額を上げすぎると続かない

なお一回のお手当金額を高くすることを考える女性は多いですが、その場合だと長く続きにくいことは理解しましょう。実際のところ、ホテルありで一回5万円だと「高いな」と思う男性が多いからです。

デートクラブにはあなた以外にも腐るほど女性が登録しており、毎月あなたよりも若くて美人な女性が何百人も新規で追加登録されます。そうなると男性からすれば、一回5万円を支払うのではなく、一回3万円の女性と2回デートするほうが効果的です。

また実際のところ、パパ活女性は特定の男性たちと長く交際を続けたほうが総合的には大きく稼げます。

お手当の金額についてはあなたの年齢や容姿、付加価値(モデル、芸能人など)などによって変動するので一概にはいえません。ただ稼ぐことを考える場合、長期的な関係を築けるかどうかが最も重要なので、お手当の希望額を上げすぎるとパパとの関係が続きにくくなり、稼げなくなることを理解しましょう。

デートクラブで収入を得るにはコツがある

パパ活サービスにはいくつか種類があり、その中でも交際クラブは女性にとって「待ちの媒体」といえます。パパ活アプリのように自らメッセージを送ることはなく、男性からのオファーをひたすら待ち続けなければいけません。

そのためデートクラブを利用して稼ぐための戦略は他の愛人マッチングサービスとは異なります。そこで登録時の服装に注意し、スタッフに失礼のない行動を取りましょう。また、動画撮影を承諾すれば男性からのオファー数が多くなりやすいです。

またデート一回の単価を大きくすることを考えてもいいですが、パパと長期的な関係を築けなければ意味がありません。女性によってお手当相場は大きく異なりますが、高額すぎるお金を要求すると総合的には稼げなくなることを理解しましょう。

デートクラブを利用して副収入を得るには、このようにいくつかのコツがあります。これらを理解して、愛人として男性からサポートしてもらうようにしましょう。


女性にとって、スキルがなくても誰でも簡単に稼げる方法としてパパ活があります。1回3~4時間ほど、男性と週2回会うだけで、月24~40万円の副収入となります。しかも現金手渡しなので、特に税金を課せられることはありません。

このとき、ほとんどの女性が交際クラブやパパ活アプリを利用してパパ活をスタートします。これらは愛人探しに特化しているサービスだからです。また、出会い系やSNSのように事件に巻き込まれることもありません。

ただ交際クラブやパパ活アプリは無数に存在します。また、利用する媒体によって男性の質や登録人数も異なります。

そこで交際クラブやパパ活アプリを厳選し、実際の私の経験を含めて「利用時の特徴」「展開エリア」「登録者の質」を含めて以下で解説しています。