女性がパパ活をするとき、2回目のデートをどのように誘えばいいのか迷うことがあります。初回デートを何とか勝ち取ることができたとしても、パパ活では次につなげなければいけません。

パパ活で金持ち男性と定期的にデートすることができれば、それだけで月に何万円もの副収入になります。そのため2回目とはいわず、同じ男性と何回もデートすることによってようやく安定収入を得られるようになります。

当然ながら、2回目デートにつなげるときに重要なポイントがあります。多くの人は誘うタイミングやメールの文面を考えがちですが、それよりもより重要な本質的な事柄があるのです。

正しくパパ活をすれば、男性と定期的に会うことができます。そこで、どのように考えればいいのか解説していきます。

女性でなく、基本はパパ主導の愛人関係

一般的な恋愛の場合、男性が積極的に動く必要があり、女性は受け身でも特に問題ありません。女性からデートに誘うことはあるかもしれませんが、普通は男性がアプローチしなければいけません。恋愛市場においては、通常は女性優位です。

一方でパパ活ではどうかというと、男性優位になります。手軽に稼ぎたい女性は腐るほどいるものの、富裕層男性の人数は少ないからです。

交際クラブでもパパ活アプリでも、女性ではなくすべては男性主導です。まずは、これを認識することが2回目デートにつなげるために必須です。

愛人(パパ活女性)を支援する男性は富裕層であり、経済的に余裕があります。そういう人の場合、経営者や医師として忙しい中でパパ活女性と会うことになります。そのため、一般的な恋愛とは状況が異なります。

再び会いたいと思わせないと2回目はない

このとき、最も重要なことは何でしょうか。それは、デートに誘う方法やタイミング、メッセージ内容ではありません。これらをいくら研究したとしても、根本的な問題が解決されていないと2回目のデートに成功しません。

何が最も重要かというと、それは「男性が再び会いたいと思える女性かどうか」といえます。

私は男性として何人もの愛人がおり、パパ活女性を支援する側の人間です。このとき、女性とデートしてみて「会話の内容が素っ気なかった」「ホテルでそこまで盛り上がらなかった」という場合、いくら女性から誘われたとしても返信するときに気分が重くなってしまいます。

要は、「この女性と再びデートする価値があるのか?」と考えてしまうのです。

男性にとって、パパ活女性とデートをするのは非常に出費額が大きいです。以下のような費用が一回のデートでかかります。

  • 食事代:2万円(二人分)
  • ホテル代:5,000円
  • 女性へのお手当:3~5万円

そのため、どれだけ金額が低くても5万円ほどの出費です。また、これらのお金は私のポケットマネー(税引き後のお金)で支払わなければいけません。

富裕層の所得に対する税率は50%を超えるため、5万円の支払いをするためには、10万円以上を稼がないといけません。10万円を稼ぐことで5万円の税金を支払い、手元に5万円が残るからです。そして残った5万円がデート代として消えます。そうしたとき、「この女性のために合計10万円を費やす価値があるのか?」と考えるわけです。

満足させられない場合は音信不通になる

ホテルありでは、あなたがもらうお金は3~5万円かもしれません。ただ男性の感覚からいうと、このように一回で10万円以上が消えています。

そのため、あなたが男性を満足させることができなければ、当然ながら音信不通になります。「遅刻した」などは論外にしても、会話の内容が素っ気なかったり、ホテルでの対応がマグロだったりする場合、いくら2回目に誘おうと頑張ったとしてもこのような塩対応であれば無理です。

もちろん、男性はプロのような女性は求めていません。金持ち男性にとって、素人女性とデートできるのが交際クラブやパパ活アプリの醍醐味です。ただ会話内容が素っ気ないなど、「何か違う」と思われると2回目デートはないというわけです。男性にとって、一回10万円以上の支出をする意味がないからです。

参考までに、私が囲っている愛人については「大学生」「社会人OL」「主婦」と職業も年齢もさまざまですが、素人女性ばかりなので会話内容は普通です。ただ非常に愛想がよく、ホテルでも情熱的な一夜を毎回提供してくれます。

そのため満足度が高く、「あの一夜を再び体験したい」と考えるようになり、私は彼女たちと再びデートをしてしまいます。これと同じように、どれだけ愛想よくふるまうことができ、実際の恋人以上にベッドで情熱的に相手をしてくれるかが重要といえます。

一方で冷めた態度の場合、一回目のデートがあってもそれ以上、私はパパ活女性とやり取りをすることはありません。当然、これは私の周囲にいる男性経営者も同様の対応をしています。

ホテルあり可なのは2回目デートの大前提

なお、大前提として2回目デートが成功するのは「体ありOKの女性」です。食事デートだけの女性の場合、基本的に2回目デートがありません。男性にとってメリットがないからです。食事だけならキャバクラへ行けばいいわけであり、スキルも知識もない女性に高い金を出す意味はありません。

男性は自分好みの素人女性とデートをして、ホテルへ行くことを期待しているから高いお金を支払うわけです。このような男性の思考を理解していない時点で2回目デートは無理と考えましょう。

富裕層男性の数すら少ないのに、食事デートだけで満足する男性となると、希少生物を探すのと同じくらい難しいです。あなたが「絶対に食事だけ」と考えている時点で男性の考えを理解できていないといえます。そのため、当然ながら2回目デートを実現できる確率は非常に低いです。

もちろん自由恋愛なので、パパ活では男性とのホテルを断ることができます。ただ相手男性に問題がなければ、初回または2回目デートで体ありの関係になっても問題ないことを承諾するのは必須条件といえます。

お手当相場も重要!金額が高いと2回目はない

それでは、会話やホテルでの振る舞いに問題なければ必ず2回目デートが可能かというと、そういうわけではありません。あなたが要求するお手当の相場によって、2回目デートが成立するかどうかが決まります。

より具体的にいうと、あなたが要求するお手当が高いと2回目を実現するのは難しくなります。

一般的にお手当相場は3~5万円です。これが芸能人やモデルの場合、ホテルありで一回8万円ほどになります。ただ一般人の場合、3~5万円というわけです。

このとき5万円を要求する女性は多いものの、正直なところ私は「高いな」と思ってしまいます。要は、コスパが悪いのです。前述の通り、世の中にはパパ活をしたい女性は腐るほどいます。あなたよりも年齢が若く、それでいて美人な女性はいくらでもいるわけです。

それなら5万円を支払うのではなく、3万円で満足してくれる女性と2回デートしたほうが優れているといえます。

特に長期的に付き合うのであれば、一回のデートで1~2万円の違いが出れば、男性にとっての負担額は大きく変わります。女性にとってはもらえる金額が多いほうがありがたいです。ただ男性の目線に立つと、なぜ4~5万円を要求すると2回目デートにつながりにくいのか理解できると思います。

お手当の金額については、いくらの額をパパにお願いするのかによって、「2回目のデートにつなげられるかどうか」が大きく違ってきます。

金銭感覚が普通であり、ズレていないのは重要

なお富裕層男性とはいっても、当然ながらお金が無限にあるわけではありません。また稼いでいたとしても、日本では税金が異常なほど高額なので、男性(経営者)の役員報酬はそこまで高額でないのが一般的です。

例えば私であれば、会社の利益は年間5,000万円を超えているものの、私の役員報酬は年間で2,000万円以下です。それ以上、役員報酬を上げると異常なほど高額な税金になるからです。そのため確かに富裕層ではありますが、ものすごくお金を自由に使えるわけではないというわけです。

そのため実際のところ、金持ちではあっても普段の生活は意外と普通な人は多いです。そうした目線でいうと、男性にとって金銭感覚がズレており、金にがめつい女性はその時点で価値がありません。

稀に金払いのいいパパがいるのは事実です。ただ、そうした成功例や体験談を参考にして高いお手当を要求する場合、どうしても2回目デートに成功しにくくなるのは当然といえます。前述の通り、あなた以外にも美人な女性は腐るほどいるからです。

自分を低く見積もって3万円未満のお手当にする必要はないものの、当然のように5万円のお手当を要求すると、男性からすると「高い」というわけです。もちろんモデルなど付加価値があれば一回8万円でも妥当であるものの、そうでない場合は客観的に自分の価値を判断できるようにならなければいけません。

初回デートで2回目デートを取り付ける

パパ活で2回目のデートを取り付けたい場合、まずは今回解説した大原則を理解するようにしましょう。いくらデートに誘うタイミングやメールの送り方を学んだとしても意味はありません。相手男性を満足させることができ、さらにはあなたの金銭感覚がズレていないことが絶対条件となるからです。

この第一関門をクリアした後であれば、2回目デートの約束を取り付けるのはそこまで難しくありません。後はパパの予定次第だからです。

パパを満足させることだけに専念した後、2回目デートをしたい場合、方法は簡単です。初回デートの終わりごろに「次も会ってくれますか?」と聞くだけです。

初回デートは食事だけまたはホテルまでとなります。このとき、次回も会ってくれるかどうか聞いて、その場で次の約束を取り付ける方法が最も手っ取り早く、確実な方法になります。相手男性があなたのことを気に入ったのであれば、簡単に2回目デートの約束を取り付けることができるはずです。

解散後にメッセージで誘うのは問題ない

または、他の誘い方として一般的なのはメッセージで誘う方法があります。パパと食事をすることによって、男性の趣味や男性との共通点をある程度は理解しているはずです。そこで、会話を続けることによってデートの約束を取り付ければ問題ありません。

デート後すぐにメッセージを送るのは当然として、その後もメールのやり取りをすることによって次のデートにつなげるのです。

また私を含めて、男性は複数の愛人を囲っているのが一般的です。そのため受け身ではなく、自ら積極的に誘わなければ2回目デートの実現は薄くなると考えましょう。例えば、以下のようになります。

  • 前のデートで話していた映画、次の週に見に行きませんか
  • 趣味のテニス、私も始めてみたいです。教えてください!

要は、何でもいいので相手の興味に引っかかる内容でアプローチしてみればいいです。相手男性の予定や忙しさにもよりますが、初回デートである程度まであなたのことを気に入ってくれたのであれば、2回目デートの約束を取り付けることができます。

もちろん、「行ってみたいカフェがあるのですが、どうですか?」などのような内容でも問題ありません。

一般的な恋愛とは異なり、受け身だけの状態ではなかなか稼げないのがパパ活です。そこで、自らデートにつなげる努力をしましょう。

2回目のデートの誘い方や注意点を学ぶ

どのようにパパとの2回目のデートを実現すればいいのかというと、このときいくら誘うタイミングやメールの文面を考えても意味がありません。その前に「再びこの愛人と会いたい」と男性に思ってもらわなければいけません。

あなたについても、清潔感のない男性と2回目のデートをしたいとは思わないはずです。これと同じように、相手男性を満足させることができなければ2回目のデートの誘い方をいくら学んでも意味がありません。そこでホテルあり可であり、金銭感覚がズレていないのは当然として、愛想良く接するようにしましょう。

これができたうえで、初回デートの終わりごろに次回デートの約束が可能かどうか聞きましょう。このとき無理であっても、デート後のメールにてあなた自ら積極的にデートに誘わなければいけません。

パパ活で手軽に稼げるのは事実です。ただ、何の努力もなしに稼げるわけではありません。相手男性を満足させ、さらには女性からも積極的に連絡しなければデートを続けることができないことは理解しましょう。


男性にとって、効率的に自分好みの女性と会える最も優れた方法が交際クラブです。アプリのように、女性の顔すら分からない状態で会うことはありません。またパパ活女性にとっても、確実に富裕層の優れた男性とのみ会えるのが交際クラブです。

女性はすべて交際クラブを無料で利用できます。そのため、金銭的なリスクなくパパ活をスタートできます。

一方で男性では、高額な入会金やデートセッティング料が必要なため、事前にどのデートクラブが優れているのか理解しなければいけません。

「利用金額」「支店の数」「在籍する男性・女性の数」など、それぞれ交際クラブは特徴があります。また私がこれまでにいくつもの交際クラブに登録し、失敗してきた経験から、どのデートクラブが最適なのか厳選して以下で紹介します。