自由に多くのお金を使うことのできない立場の人として既婚の主婦がいます。共稼ぎで夫婦両方とも働いている場合であれば特に問題ないものの、そうでない場合は旦那だけの力に頼ることになります。当然、一馬力になるのでどうしても収入は少なくなってしまいます。

そうしたとき、パートなどで長時間の労働をしなくても、短時間で主婦が効率的に稼げる唯一の方法としてパパ活があります。このとき旦那にバレることなく、主婦はパパ活をすることができます。

もちろん、既婚者がパパ活をするときは正しい方法があります。子持ちの主婦はお金を貯めなければいけないものの、バレずに効率的に稼ぐ方法を正しく理解することも重要です。

そこで、どのように考えて子持ちの主婦がパパ活を開始して、効率よくお金を稼げばいいのか解説していきます。

既婚者や子持ち主婦でパパ活・愛人活動は普通

お金を効率的に稼ぎたいと考える女性は世の中に腐るほどいます。そのため隠れてパパ活をしている女性は非常に多く、これは既婚の子持ち主婦も同様です。

既に結婚していて子供がいたとしても、実際のところ使えるお金が少なければ満足する生活は実現できません。子供の学費を貯めようにもできず、苦しい生活のままになります。そこで、パパ活として富裕層男性とデートすることでお金を得るのです。

私は富裕層男性として女性を支援する側の人間ではありますが、実際のところ既婚の人妻とデートしたことはこれまでに何度もあります。

もちろん、交際クラブやパパ活アプリに在籍している女性は独身が圧倒的に多いのは事実です。ただ既婚女性もお金を稼ぐために普通に在籍しているというわけです。

短い時間で稼げる方法はパパ活だけ

なぜ多くの子持ち主婦がパパ活をしているかというと、前述のとおり短い労働時間によって効率的に稼げる唯一の手法だからです。

女性が行える高時給の仕事としては夜の仕事が有名です。ただ既婚者が真夜中に仕事に出るわけにはいきません。これが子持ち主婦であると、なおさら夜の仕事は無理です。

一方でパパ活であれば、必ずしも夜に男性とデートしなければいけないわけではありません。昼にデートをしても問題ありません。

またパートで働くとなると時給は低く、稼ぎの額は少ないです。例えば時給1,000円で1日6時間を働くにしても、月10日働いてようやく6万円です。

  • 時給1,000円 × 1日6時間 × 10日 = 60,000円

一方でパパ活であれば、男性と3~4時間ほどデートすればそれだけで3万円です。月に2回デートすれば6万円であり、圧倒的に効率が良いです。そのため、多くの既婚主婦がパパ活をしているというわけです。

気にするべきはあなたの年齢のみ

なお特にスキルなしに誰でも開始できるパパ活ですが、一つだけ事前に気にしなければいけない点があります。それはあなたの年齢です。

結婚年齢が若く、いま20代なのであれば特に気にする必要はありません。ただそういう人は全体的に少なく、主婦の多くは30代または40代です。その場合、パパ活市場ではどうしても全体の価値は低くなってしまうことについては認識しましょう。

例えば、以下はパパ活にて交際クラブに在籍している女性の年齢層です。

交際クラブの中でも、ユニバース倶楽部という最大手の交際クラブに在籍している女性の年齢層です。このように、10代と20代で75%以上を占めていることが分かります。あなたが30代や40代の場合、10歳以上も年齢の低い女性がライバルになるというわけです。

恋愛市場では当然ながら、年齢が若いほど有利になります。男性は若い女性を好むからです。まずは、この事実を認識しなければいけません。

体ありにて活動するのは当然

そのため、体ありにて活動するのは当然だと理解しましょう。要は、デートの後に問題なければホテルに行くことを承諾するのです。もちろんパパ活は自由恋愛なので断ることができます。ただ問題ない男性については、ホテルに行くこともオッケーにするのです。

そもそも、食事デートだけの女性は20代であっても人気がまったくありません。これが30代や40代で食事デートのみに固執するのは最悪です。男性にとって、そうした女性にオファーするのはまったくメリットがありません。

高額なお金をもらうことになる以上、当然ながらそれなりの覚悟をしなければいけません。パパ活では稼ぎたい女性が多い一方で金持ち男性の人数は少ないです。つまり男性優位であり、いかに男性の要望に応えられるのかが重要になります。

また食事デートだけで終わる場合、お手当の相場は1万円です。一方で体ありであれば、30代や40代では3万円が相場です。体ありの場合、3~4時間で3万円なので、非常に効率がいいといえます。

昼のみのデートを依頼するのは可能

なお前述の通り、パパ活では昼のみのデートを依頼することができます。夜の仕事では無理であっても、パパ活であれば可能なのです。

例えば以下は、交際クラブ(デートクラブ)に登録されている女性になります。

このように、「昼間デートを希望する」と明記されています。明確に既婚者であることは明記されていないものの、昼間デートが基本であることから、夜は都合が悪いと分かります。夜の都合が悪い女性は既婚者と推測できるので、こうした女性がたくさん在籍しているというわけです。

交際クラブでもパパ活アプリでも、いずれにしてもこうした要望を先に出しておくのは問題ありません。パパ活では確かに男性優位であるものの、すべて男性に都合を合わせる必要はありません。旦那バレのリスクをゼロにする必要があるからです。

もちろん、完全に昼間なしにする必要はありません。既婚の主婦であっても、友人と食事をするために夜に抜け出すことはよくあります。そこで、友人と食事をすることにして金持ち男性とデートをしてお金をもらっても問題ありません。

ただ何度もするのは無理ですし、既婚者・子持ち主婦にとって昼間の時間帯が最適なのは間違いありません。そこで、昼を利用して効率的に稼ぐのです。

なお女性を支援する男性側としても、平日の昼にデートできる女性はありがたいです。富裕層男性としても、嫁にバレることなく愛人女性と会うには昼の時間が好都合だからです。平日の昼に経営する会社を抜け出し、愛人(パパ活女性)と会うというわけです。

そのため、昼デートがメインであっても問題なくオファーがあります。参考までに、愛人女性を支援するとき私も昼デートを何度も利用しています。

子持ちの既婚者であることを隠す必要はない

なお「既婚者であることを隠す必要があるのか?」と考える女性は多いです。これについては、特に隠す必要はありません。

交際クラブやパパ活アプリというのは、男性にとっては愛人を探すツールです。恋人探しではなく、好きなときにデートしてホテルまで一緒に過ごせる愛人が欲しいわけであり、このとき相手が既婚者かどうかは特に関係ありません。男性にとって、あなたの容姿を気に入るかどうかだけが最重要といえます。

そもそも、昼間デートを希望している時点で「この人は子持ちの主婦かも」と男性は勘づきます。そのため、特に既婚者を隠す必要はないといえます。

参考までに、アダルトビデオでは「人妻」というカテゴリーがあります。男性の中には、「年齢が少し高めで既婚者の女性と体を重ね合わせたい」という欲求をもっている人が現実に何人もいます。そこで、こうした金持ち男性の欲求を満たすことを考えましょう。

デートクラブやパパ活アプリのプロフィールで子持ち主婦であることを公言する必要はないものの、暗にほのめかすようにしましょう。そうすれば事前のミスマッチを防げますし、むしろ人妻好きのパパ(男性)からアプローチがくるようになります。

交際クラブまたはパパ活アプリでパパを見つける

そこで、既婚者はパパ活を開始することで効率的に稼ぐようにしましょう。このとき、すべての人が利用するサービスとして交際クラブまたはパパ活アプリがあります。

例えば交際クラブ(デートクラブ)に登録すると、男性からは以下のように女性を閲覧できるようになります。

この中から、富裕層男性に選ばれればオファーがきます。通常であれば、交際クラブやパパ活アプリを含めて、いろんな媒体を利用することによって富裕層男性を見つけるのが一般的です。富裕層男性にとって、こうしたパパ活サービスの利用料金は高く、富裕層であっても一つのサービスのみ利用しているのが普通だからです。

なおどうしても旦那バレが嫌な場合、パパ活アプリではなく交際クラブをメインにしましょう。パパ活アプリの場合、料金を支払わなくても男性側は登録でき、女性を閲覧できるからです。

一方で交際クラブの場合、入会金だけで10万円以上するのは普通であり、単なるサラリーマンが登録することはありません。100%の確率で経営者や医師など富裕層男性のみ登録しているため、一般人であるあなたの旦那が見ることはないというわけです。

そのため、通常はデートクラブとパパ活アプリの両方を併用するものの、心配な場合は交際クラブのみの利用でも問題ありません。

愛人として旦那バレなしにパパ活をする

既に結婚している女性はたくさんいます。ただ、こうした人であっても効率的にお金を稼ぎたいと考えるのは当然です。特に子持ちの主婦なのであれば、子育てをするためにお金が必要ですし、将来の教育資金を貯めなければいけません。

このとき、パパ活を考えているのであればいますぐ始めたほうがいいです。あなたの年齢が最も若いのは当然ながら現時点であり、年を追うごとにパパ活市場での価値が低くなっていくからです。

ただ実際にパパ活をするとき、体ありでも問題なしにするべきことは覚悟しましょう。そうしなければ人気が出ず、オファーをもらうことはありません。また稼ぎの額はどうしても低くなります。ただ、事前に昼デートが基本であることを依頼するのは可能です。

こうして、結婚している女性は旦那バレなしにパパ活をスタートさせましょう。子供のことを考え、旦那にバレずにパパ活をしている主婦はたくさんいます。効率的に稼げる唯一の手法なので、注意点を理解したうえでパパ活をするといいです。


女性にとって、スキルがなくても誰でも簡単に稼げる方法としてパパ活があります。1回3~4時間ほど、男性と週2回会うだけで、月24~40万円の副収入となります。しかも現金手渡しなので、特に税金を課せられることはありません。

このとき、ほとんどの女性が交際クラブやパパ活アプリを利用してパパ活をスタートします。これらは愛人探しに特化しているサービスだからです。また、出会い系やSNSのように事件に巻き込まれることもありません。

ただ交際クラブやパパ活アプリは無数に存在します。また、利用する媒体によって男性の質や登録人数も異なります。

そこで交際クラブやパパ活アプリを厳選し、実際の私の経験を含めて「利用時の特徴」「展開エリア」「登録者の質」を含めて以下で解説しています。