女性はパパ活をすることによって、効率的にお金を稼ぐことができます。大学生などお金のない女性は当然として、会社OLや主婦もお小遣い稼ぎのために積極的にパパ活をしているのが実情です。

それでは、実際に女性がパパ活をするときに年齢制限はあるのでしょうか。これについて、先に結論をいうと明確な年齢制限はありません。また当然ながら、若い女性であるほどパパ活では有利になりやすいです。

そこで、どのような年代の女性がパパ活をしているのか年齢層を理解しましょう。そうすれば、どのようにパパ活の戦略を考えればいいのか理解できるようになります。

ここではパパ活女性が交際クラブやアプリで活動するとき、平均年齢や年齢制限をどう考えればいいのか解説していきます。

パパ活に年齢制限は存在しない

交際クラブやアプリを利用するに当たって、特に年齢制限は存在しません。つまり、どのような女性であってもパパ活を開始することができます。

もちろん、女性でパパ活は高齢だと厳しいです。どうしても20代や30代の女性でないと、優れたパパ(男性)とデートすることは厳しいです。ただパパ活をスタートする年齢については、交際クラブやアプリ側が年齢制限を設けていることはありません。

・18歳未満はどうやっても無理

ただ年齢制限がないとはいっても、これは「18歳未満が利用できる」という意味ではありません。18歳未満では、こうしたサービスの利用が法律で禁止されているため、10代で利用するためには18歳または19歳である必要があります。

パパ活では交際クラブまたはアプリを利用することになります。これらはすべて、18歳未満は利用不可です。

パパ活をしている女性の年齢層は?交際クラブの例

それでは、実際のところパパ活をしている女性の年齢層はどれくらいなのでしょうか。交際クラブやアプリの種類によって少し異なるかもしれませんが、パパ活を考えている女性の平均年齢はだいたいどこも同じです。

参考までに、交際クラブで有名なユニバース倶楽部の担当者から、実際の女性登録者の年齢層を教えてもらいました。グラフ化すると以下のような結果となりました。

このように、10代と20代で全体の75%以上を占めます。そのため、パパ活をしている女性の年齢は若く、平均年齢は20代前半になると考えましょう。また30代前半であっても問題ありません。30代前半では全体の約12%の人が在籍しています。

ただ30代後半や40代となると、どうしても在籍している女性の人数は少なくなります。

10代・20代が最も有利な年齢

なぜ、このような分布になるかというと理由は単純であり、「年齢の若い女性ほどお金がないものの、パパ活女性としての価値が高い」からです。言葉を悪くしていうと、女性は年齢と共に容姿が劣化していきます。男性側から見た価値は年数経過と一緒に落ちていくというわけです。

経営者や医者などの富裕層だと、男性は年齢と共に稼ぎが大きくなり、一般的には価値が高くなります。しかし、女性は逆です。そのため富裕層男性では40代以上が多いものの、パパ活女性では10代または20代が多くなるというわけです。

もちろん女性の容姿は最重要ですが、年齢という意味では10代や20代が最も有利なのです。

なお、20代後半は価値が落ちるかというと、そういうことは特にありません。前述の通り愛人(パパ活女性)を囲う富裕層男性は40代以上が多く、20代後半であっても「20代の女性」というだけで十分に若いといえます。

40代以上は価値が低くなる

一方で40代以上になると、どうしても厳しくなります。どれだけ顔が整った美魔女だとしても、10代や20代の女性に勝つのは不可能です。

パパ活をしたい女性は腐るほどいます。一方で富裕層男性は人数が少なく、パパ活では男性が優位です。また若くて美人な女性は交際クラブやパパ活アプリにたくさん登録しているため、40代という時点で年齢が高く、厳しい戦いは必然です。

ただどうやっても無理というわけではありません。世の中には熟女バーというカテゴリーが存在し、年齢の高めの女性を好む男性がいます。どうしても人数は限られるものの、そうした男性からオファーを受けることは可能というわけです。

また、実際に40代以上でパパ活をしている女性はいます。例えば以下は交際クラブに登録されている52歳の女性です。

こうした実例を考えると、パパ活で年齢制限は特に存在しないことが分かります。

ただ前述の通り、どれだけ美魔女であっても需要は少なくなるため、パパ活をするに当たって「体ありでも問題ない」ようにするのは必須条件です。パパ活での平均年齢は若いため、そうしなければ他のライバルに勝てません。

30代前半はまったく問題ないが、35歳以上は厳しくなる

一方で30代の女性の割合もそれなりに多いです。ただ先に示した図の通り、30代前半がどうしてもメインになってしまいます。30代後半では、女性としての価値は落ちてしまいます。

30代前半であれば特にパパ活で大きな問題は起こらないものの、35歳を超えると急に厳しくなります。一般的な転職活動でも35歳以上は急に厳しくなりますが、これと同じ現象はパパ活でも起こります。

ただ交際クラブでは20代前半が平均年齢であるため、たとえ30代前半であったとしても、女性の価値としては20代に劣ってしまうのは間違いありません。そのため食事だけのデートは考えず、男性とホテルに行ってもいいことは覚悟しましょう。

平均年齢の若いパパ活女性がメインのため、30代以上の女性は男性をより満足させるため、それなりの覚悟を決める必要があります。

交際クラブやアプリで年齢詐欺・サバ読みは無理

そうしたとき、交際クラブやアプリを利用するときに年齢詐欺・サバ読みができないか考える人がいます。自分の年齢を本来よりも若く設定しておけば、男性からのオファーが多くなると考えるのです。

事実、芸能人では女性が年齢のサバ読みをしているケースがこれまで腐るほど発覚しています。

これについて、世の中には出会い系アプリと呼ばれるものがあります。この場合、年齢確認はあってないようなものであり、誰でもアプリを利用できます。また自分の写真を出す必要はなく、年齢は自由に設定できます。こうしたアプリであれば、サバ読みが可能です。

例えば、以下が出会い系アプリを利用している女性たちになります。

一方で交際クラブやパパ活アプリなど、パパ活に特化しているサービスを利用する場合、年齢詐欺・年齢詐称は無理です。運転免許証など、あなたの年齢を確認できる公的な書類を提出しなければいけないからです。

公的な書類が必要な理由としては、明確に18歳未満の利用を防ぐためです。また同時に、パパ活サービスでは「高額なお金を支払ってくれる富裕層男性」に対するサービスのほうがどうしても手厚くなります。そのため、女性の年齢詐欺・サバ読みができない仕組みとなっています。

体なし・食事だけでは若い美人女性でも稼げない

なおこれまで、女性の平均年齢や年齢ごとの実態について解説してきました。何歳までという制限はないものの、年齢詐欺・サバ読みは無理であり、年齢の高い女性は不利になります。そのため、男性を満足させるためホテルの可能性も視野に入れるのは必須です。

それでは、若くて美人な女性であればどうかというと、10代や20代の美人女性であっても、食事デートだけを考えている場合、残念ながら稼ぐことはできません。

パパ活では、なぜか「体の関係なしでも簡単に稼げる!」と宣伝されているケースがあるものの、実際は真反対です。要は、体ありが無理な女性はどれだけ美人でもまったく人気がないと考えましょう。理由は単純であり、金持ち男性にとってメリットがないからです。

食事デートのみならキャバクラへ行けばいいだけの話であり、スキルも何もない若いだけの女性と会話し、高額な食事代を出し、さらにはデート代1万円を支払うのは意味がありません。何回かデートした後、ホテルまでを考えているからこそ、男性は高額なお金を毎回支払ってくれるのです。

パパ活で稼ぐためには、確かに年齢は重要です。ただ同じ容姿レベルの女性がいるとき、「20歳で食事のみ」「37歳で1~2回目のデート後なら体ありも可能」であれば、圧倒的に37歳の女性が選ばれます。

つまり、年齢は選ばれる一つの要因でしかありません。また前述の通り、熟女好きの男性であれば40代の女性であっても選ばれます。

確かに平均年齢を気にするのは重要であるものの、パパ活に対する女性の取り組み態度も稼ぐためには重要というわけです。

パパ活女子としていますぐパパ活を始める

交際クラブやアプリを利用してパパ活をするとき、「何歳まで可能なのか?」「平均年齢はいくらなのか?」と考えるパパ活女子はたくさんいます。他の人を参考にすることによって、実際のところはどうなのか知りたいと考えるのです。

パパ活では平均年齢は20代前半です。ただ30代や40代でもパパ活をしている人はいますが、そういう人であっても普通に稼いでいます。熟女バーなどのカテゴリーが世の中にはあるため、そういう男性の欲求を満たすのです。ただ一般的に、女性は年齢が高くなるほど条件は悪くなります。

他には、10代や20代の美人女性であっても「食事だけ可」の女子はほぼ男性から選ばれません。そのためパパ活では、年齢は確かに重要ですが他の要素も重要といえます。

そうはいっても、年齢が若いほど有利なのは間違いありません。また、パパ活を考えている女性にとって最も若いのは「いま現時点」です。時間が経つほど条件が悪くなるため、早めにパパ活をして有利な条件にて富裕層男性とデートするようにしましょう。


女性にとって、スキルがなくても誰でも簡単に稼げる方法としてパパ活があります。1回3~4時間ほど、男性と週2回会うだけで、月24~40万円の副収入となります。しかも現金手渡しなので、特に税金を課せられることはありません。

このとき、ほとんどの女性が交際クラブやパパ活アプリを利用してパパ活をスタートします。これらは愛人探しに特化しているサービスだからです。また、出会い系やSNSのように事件に巻き込まれることもありません。

ただ交際クラブやパパ活アプリは無数に存在します。また、利用する媒体によって男性の質や登録人数も異なります。

そこで交際クラブやパパ活アプリを厳選し、実際の私の経験を含めて「利用時の特徴」「展開エリア」「登録者の質」を含めて以下で解説しています。