パパ活をする女性の年齢層として30代の人がいます。アラサーや30代後半(35歳以上)を含め、30代の女性がお小遣い稼ぎのために活動するのは普通です。

20代とは異なり、30代ではさまざまな立場の人がいます。会社OLや主婦、シングルマザーなど人それぞれですが、いずれにしても30代で多くの人がパパ活を継続しています。

ただアラサーや35歳以上であるため、20代の女性たちと同じようにパパ活をしてはいけません。ある程度、社会人経験があるのであれば大人の女性としてふるまう必要があり、事前にどのように交際クラブやパパ活アプリを利用すればいいのか理解しなければいけません。

そこで30代女性がパパ活をするに当たり、どう戦略を考えて金持ち男性とデートを行い、お小遣いを手にすればいいのか解説していきます。

30代アラサーであってもパパ活は可能

20代の人であれば特に意識することはないものの、30代の場合は自分の年齢について気にする人が多くなります。要は、ものすごく若いというわけではないので、パパ活できるのか心配になるのです。

これについて、30歳前後のアラサーや35歳以上の人であっても問題なくパパ活をすることができます。

パパ活をするとき、すべての人が交際クラブやパパ活アプリを利用します。こうしたパパ活サービスでは、特に女性の年齢制限を設定していない場合が多いです。仮にあったとしても「40歳以上は登録不可」となっている程度であり、30代は年齢制限に引っかかりません。

要は、30代でパパ活をするのは何も問題ないと考えましょう。もちろん職業も関係なく、会社OLやフリーター、既婚の主婦、シングルマザーとあらゆる人がパパ活をしています。

平均年齢が20代前半なのは理解するべき

ただ事前に30代女性が理解するべきこととして、パパ活をしている人達の年齢層があります。30代でも美人女性は多く、20代に間違われる人が多いのは事実です。ただそれでも、年齢がアラサーや35歳以上だとパパ活ではどうしても厳しくなります。

具体的にどのような年代の人がパパ活を利用しているかというと、女性の年齢層は以下のようになります。

※ユニバース倶楽部の利用者割合より

このように、10代と20代で75%以上を占めていることが分かります。また20代前半が圧倒的に多く、パパ活女子の平均年齢は20代前半です。

当然パパ活市場では、年齢が低いほど女性の価値は高いです。アラサーの場合、あなたよりも10歳ほど年の低い女性がライバルになります。30代でもパパ活は十分可能であるものの、パパ活女子のほとんどは20代である事実を理解しましょう。

35歳以上は急に厳しくなる

参考までに、30歳前後のアラサーと35歳以上を比べたとき、35歳以上の女性はよりパパ活がより厳しくなります。要は、男性からのオファーが少なくなるのです。

35歳未満の女性であれば特に問題なかったとしても、35歳以上の女性となるとデートのオファーをためらう男性は多くなります。どれだけ容姿端麗であったとしても、年齢による障壁は非常に大きいのです。

例えば転職するときであっても、35歳以上なると求人が激減します。35歳を境にして、転職市場での価値が著しく落ちてしまうのです。これは恋愛市場でも同様であり、同じ30代であったとしても、35歳以上の時点で厳しい戦いになります。

ただ世の中には、いわゆる熟女を好む男性がいます。そのため40代女性であってもパパ活できるわけですが、こうした男性の需要を満たせば、35歳以上の女性であっても問題なくパパ活することができます。

高額なお手当を期待するのは間違い

このとき必ず理解しなければいけないこととして、高額なお手当(お小遣い)をもらえると考えてはいけません。要は、勘違いをしないようにしましょう。

アラサーや35歳以上の女性がもらえるお手当相場は既に決まっています。この金額よりも高額なお金を男性に要求する女性は非常識といえます。具体的には以下の金額です。

  • 食事飲みのデート:1万円
  • 食事+ホテル:3万円

食事デートの場合、20代でも30代でも一律でお手当相場は1万円です。これについては特に違いはありません。

一方で食事後にホテルまで行く場合、3万円が相場です。拘束時間3~4時間で3万円なので、これだけの時間で高額なお金を手にできます。

場合によっては、4~5万円を要求する30代女性もいます。ただ、これは非常識です。30代でこの金額を要求できるのは芸能人やモデルくらいであって、30代の一般女性はいくら容姿端麗でも無理です。

前述の通り、パパ活市場ではあなたよりも10歳以上若く、さらには巨乳で美人な女性が腐るほどいます。こうした10代や20代前半の女性であれば、素人であっても4万円や5万円は可能です。ただ、明らかに市場価値が低くなっているにも関わらず、30代で4~5万円を要求するのは非常識です。

例えばアダルトビデオであれば、30代以上の出演女優は以前にどれだけ有名であったとしても、「三十路」「30代熟女」というカテゴリーに入れられます。この理由として、要は20代のときのような市場価値はなくなっており、年上女性を好む男性のカテゴリーに入れられるからです。

この事実を認識せず、20代女性と同じように高額なお手当を請求してはいけません。

常識があればパパ活で30代は不利ではない

参考までに、私は富裕層男性として女性を支援する側であり、何人もの愛人(パパ活女性)を囲っています。このとき容姿が好みであれば、30代の女性であっても普通にオファーします。ただ体ありで5万円を要求する女性だった場合、「もっと自分の年齢を考えたら?」と正直思ってしまいます。

言葉は悪いですが、自分の相場を客観的に把握できない女性に価値はありません。これは私に限らず、支援側ほぼすべての経営者や医師がそのように考えると考えましょう。

一方で常識のある女性であれば、アラサーや35歳以上であっても満足する男性は多いです。20代に比べると落ち着きがあり、社会経験もあり、ホテルでも密着してくれて、それでいて見た目が20代女性と変わらないのであれば、30代女性はお手頃の金額で遊ぶことができるからです。

なぜアラサー女性に男性がオファーをするかというと、男性にとってその女性の容姿が好みなのは当然として、それ以外にも「落ち着いた女性がいい」「コストパフォーマンスがいい」という理由があることを理解しましょう。

この事実を学べば、あなたがモデルなどで活躍している女性でない限り、なぜアラサーや35歳以上で4~5万円の請求が非常識なのか理解できます。

参考までに、最も重要なのは20代に負けない見た目の良さです。もちろん見た目とはいっても、男性によって好みは違うので一概にはいえません。ただ30代であっても、20代と同じくらいの若さがあって常識ある行動ができれば、問題なく勝負できます。

30代で体なしはオファーがない

なお20代であればパパ活でのデートに多くの選択肢があるものの、30代にもなって「パパ活では食事デートだけで稼ぎたい」と考えるのはやめましょう。これも非常識な行動の一つです。

前述の通り、30代だといくら見た目が若くてもパパ活では女性としての価値は落ちます。また交際クラブやパパ活アプリでは公的な身分証明書の提示が必須であり、年齢をごまかすことはできません。このときデートでは、体ありでも受け入れることを覚悟しなければパパ活で稼ぐのは無理です。

そもそも、20代の美人女性であっても食事デートだけの人は圧倒的に不人気です。要は、男性からほぼオファーがないと考えましょう。理由としては、男性にとってメリットがまったくないからです。

高額な食事代を支払い、さらにはお手当として1万円を渡すことになるため、男性としては食事デートだけでもかなりの出費です。これを選ぶくらいなら夜の店に行ったほうがいいです。なぜ男性がパパ活女性を支援するかというと、1~2回ほどデートした後に一緒にホテルへ行くことを考えているからです。

事実、「20歳の女性で食事デートのみ可能な人」と「見た目の若い38歳女性でホテルありも可能な人」であれば、圧倒的に38歳の女性が選ばれます。

そのため若い女性であっても食事のみの女性は圧倒的に不人気であり、これが30代だとオファーがないと考えましょう。

男性の欲求を考えず、30代で女性としての価値が落ちていることに気づかず「食事のみがいい!」と考えている人が稼ぐのは不可能です。そうではなく、相手男性が何を望んでいるのか推測でき、常識のある行動を取れるからこそ、30代女性であってもパパ活で稼ぐことができるわけです。

30歳前後のアラサーや35歳以上の女性で稼いでいる人がいるのは事実です。彼女たちはどのように行動をしているかというと、ここまで述べた常識的なふるまいを心掛け、富裕層男性の欲求を満たし続けることができているからです。

30代女性でも交際クラブ・パパ活アプリで稼げる

パパ活女性では平均年齢が20代前半と若く、どうしてもアラサーや35歳以上だと「30代であってもパパ活できるのか?」と考えてしまいます。

これについては心配する必要はなく、30代であってもパパ活をして稼いでいる女性はたくさんいます。パパ活では女性の年齢制限がないですし、コストパフォーマンスを重視していたり、年齢が高めの女性を好きだったりする男性の需要を満たせれば問題ありません。

ただ30代である以上、常識のある行動を取りましょう。お手当で高額な金額を要求したり、食事デートのみを希望していたりする場合、稼げることはありません。男性は30代の女性に対して、常識ある行動を期待するからです。

これらの事実を理解すれば、どのようにアラサーや35歳以上の女性がパパ活をすればいいのか分かってきます。ある程度、社会経験があるからこそ落ち着いた常識ある行動をとり、男性の欲求に応えられるようにしましょう。


女性にとって、スキルがなくても誰でも簡単に稼げる方法としてパパ活があります。1回3~4時間ほど、男性と週2回会うだけで、月24~40万円の副収入となります。しかも現金手渡しなので、特に税金を課せられることはありません。

このとき、ほとんどの女性が交際クラブやパパ活アプリを利用してパパ活をスタートします。これらは愛人探しに特化しているサービスだからです。また、出会い系やSNSのように事件に巻き込まれることもありません。

ただ交際クラブやパパ活アプリは無数に存在します。また、利用する媒体によって男性の質や登録人数も異なります。

そこで交際クラブやパパ活アプリを厳選し、実際の私の経験を含めて「利用時の特徴」「展開エリア」「登録者の質」を含めて以下で解説しています。