男性が美人の愛人を囲うことを考えるとき、必須となるツールが交際クラブ(デートクラブ)です。高級交際クラブを利用することによって、自分好みの女性を愛人にすることができます。

ただ、一般的に交際クラブの利用は非常に高額です。登録料だけでも10万円以上のお金がかかるのは普通です。そうしたとき、「格安のデートクラブを利用するのはどうか?」と考える男性はたくさんいます。これについて、実際のところどうなのでしょうか。

激安の交際クラブでは、当然ながらデメリットもあります。また大手交際クラブの中でも、低めのランクに加入するという方法も可能です。

愛人を囲うことを考えるとき、自分好みの美女でなければいけません。そこでどのように考えて、低料金で優れたパパ活女性を囲えばいいのか解説していきます。

交際クラブでは入会金とデートセッティング料がある

デートクラブを利用する場合、男性は必ずお金を支払わなければいけません。このとき必要なのは以下のお金です。

  • 入会金(翌年からは年会費)
  • デートセッティング料

例えば以下は、大手の交際クラブにある料金表です。

最も高いグレードの場合、入会金だけで30万円です。またデートセッティング料が一回につき10万円かかります。つまり、女性にオファーするだけで40万円です。また翌年以降の年会費については、最も高いクラスだと16万円です。高級交際クラブでは、こうしたお金がかかるのです。

そのため交際クラブの利用料金では、入会金(年会費)とデートセッティング料を確認しましょう。

地方の中小の交際クラブだと格安になりやすい

一般的には高額になりやすい交際クラブですが、中小の交際クラブの中には安い金額にてサービスを提供していることがあります。地方の交際クラブでは低額になりがちであり、例えば以下は福岡で活動しているデートクラブの内容です。

この交際クラブの年会費は1万円であり、紹介料は2万円です。そのため一般的なデートクラブの相場と比べると格安であることが分かります。

実際のところ、東京の交際クラブだと中小であっても料金が安いデートクラブはほぼ存在しません。一方で地方の中小交際クラブの場合では、このように格安料金を提示していることがあります。

女性の数が少ないことは理解するべき

ただ安い交際クラブの場合、それに伴って女性の数が少ないことは理解しましょう。知名度が高くなく、利用する女性が少ないため、それに伴って男性の利用料金が格安になっているからです。

大手の交際クラブの場合、非常に多くの女性が登録されています。例えば以下は、大手の交際クラブで男性が閲覧できる会員サイトです。

ここには、全国で6,500人以上の女性会員が在籍していると分かります。またこの交際クラブは定期的に女性と確認を取リ合っており、実際に在籍確認できている女性のみ存在しており、活動中の女性がこれだけいるというわけです。

多くの女性の中から選べるからこそ、自分好みの愛人女性と会うことができます。

一方で中小だと、このように大量の女性の中から選ぶことはできません。数十人ほどの活動中の女性が登録されており、そうした少ない中から選ぶことになります。利用料金が格安というのは、その分だけ質も落ちることを意味しているのは理解しましょう。

大手でも低ランクでは安い料金で遊べる

または地方の中小交際クラブを利用するのではなく、大手交際クラブの中でも、「低ランク(安い入会金)で登録する」という方法でも問題ありません。先ほど、大手デートクラブの利用料金を記しました。この中で最も低価格(低ランク)は以下になります。

  • スタンダード
  • 入会金3万円(2年目以降の年会費は2万円)
  • デートセッティング料2万円

格安の交際クラブに比べると、最もランクの低いスタンダードであっても少し料金は高いです。ただスタンダード(最低ランク)の女性であっても、この大手交際クラブでは1,800人以上の女性が登録されています。

実際に会員サイトを確認すれば分かりますが、確かにスタンダードの女性の質は高くないです。見た目レベルは並み(またはそれ以下)の女性が並ぶことになります。

ただ中には「なぜこの人がスタンダード?」という美人の女性も混じっています。デートクラブのクラス分けはクラブ側スタッフの独断と偏見であり、人によって判断が異なります。そのためスタンダードの女性であっても、1,800人以上も在籍しているので探せば好みの女性を見つけられるのです。

実際、私は大手の交際クラブをメインで利用しており、これまでスタンダード(最低ランク)の女性にオファーをしたことは何度もあります。

もちろん中小の格安交際クラブを利用しても問題ありません。ただその場合、数十人という圧倒的に少ない中から選ばなければいけません。一方で大手の交際クラブでは、最低ランクであっても何千人もの女性がいるため、その中からあなた好みの女性を見つけることができるというわけです。

素人女性へのお手当相場は変わりがない

なお交際クラブでパパ活女性を支援するとき、格安のデートクラブを利用するにしても、低料金にできるのは交際クラブの利用料金のみになります。女性に支払うお手当については特に変わりがなく、何をどうやっても低い料金に抑えることはできないと考えましょう。

低ランクの女性にオファーする場合、高すぎるお手当相場にはならないものの、最低相場を下回ることもないというわけです。

参考までに、低ランクの女性では以下が一般的なお手当相場です。

  • 食事のみ:5,000~10,000円(通常は1万円)
  • ホテルあり:30,000円(食事分を含む)

こうした最低ラインのお手当をより引き下げるのはさすがに厳しいです。またパパ活女性とデートするとき、食事代として1~2万円(二人分)がかかります。その後にホテルへ行く場合、ホテル代も必要です。

格安のデートクラブを利用する場合、初回のデートセッティングまではお金を節約できるものの、愛人女性と会うために必要なお金を節約することはできません。そのため、いずれにしてもそれなりにお金はかかることを理解しましょう。

もちろんお金の高い夜の店を利用するときに比べると、パネルマジックがなく、しかも素人女性にて遊べます。ただ、やはり費用は高くなってしまうのです。

安い料金ならパパ活アプリが最も一般的

参考までに、安い料金で遊ぶことを考えるのであれば、交際クラブよりもパパ活アプリを利用するのが一般的です。交際クラブだと年会費やデートセッティング料が必要になるものの、パパ活アプリであれば月1万円など低料金で利用できるからです。

もちろん女性との連絡は独自に行う必要があり、女性によっては写真を加工していることもあります(交際クラブでは写真加工はなく、動画が掲載されていることもある)。

ただ月1万円と安いですし、女性と会った後は自由恋愛になるため、優れた愛人を見つけた後は利用料の節約目的で休会しても問題ありません。そのためデートクラブに比べて、圧倒的に利用料金は低くなります。またパパ活アプリは利用者が非常に多いため、女性の数も莫大です。

女性の数が少なすぎるため、中小交際クラブはおすすめできません。そのため格安の交際クラブを探すのであれば、大手交際クラブの低クラスを利用したほうがいいです。ただより安い料金で愛人を探したい場合、パパ活アプリが最適というわけです。

安い交際クラブの利用方法を理解する

東京などの都市部だと、小規模の交際クラブであっても利用料金は高くなります。そのため格安のデートクラブとなると、地方の中小交際クラブのみとなります。先に示した通り、安い登録料やデートセッティング料にて女性を選ぶことができます。

ただ女性の数や質については、文句をいわないようにしましょう。安いというのは、それだけ優れた女性がいないことを意味しています。そのため大手交際クラブの低ランクを利用するほうが、優れた女性を見つけやすいです。

またはパパ活アプリの利用という方法もおすすめです。パパ活女性に支払うお手当を節約することはできないものの、月額料金が1万円ほどと格安にて多くの女性にアプローチできます。

低料金で愛人女性を見つけたい場合、正しい方法があります。地方の中小交際クラブを利用する方法はあるものの、「大手交際クラブの低ランクを利用する」「パパ活アプリを利用する」のほうが優れたパパ活女性を見つけやすいです。


男性にとって、効率的に自分好みの女性と会える最も優れた方法が交際クラブやパパ活アプリの利用です。出会い系のように、女性の顔すら分からない状態で会うことはありません。

自由恋愛であるため、ホテルへ行くのを断られる可能性はあります。ただ素人女性と普通のデートをして、大人の関係まで発展させることができます。

ただ高額な入会金やデートセッティング料が必要なため、事前にどのデートクラブやアプリが優れているのか理解しなければいけません。

「利用金額」「支店の数」「在籍する男性・女性の数」など、それぞれ交際クラブ・パパ活アプリには特徴があります。また私がこれまでにいくつもの交際クラブやアプリに登録し、失敗してきた経験から、どの愛人マッチングサービスが最適なのか厳選して以下で紹介します。