パパ活によって稼いでいる女性はたくさんいます。男性にとってパパ活女性は愛人となりますが、こうした愛人女性にお金を渡している男性がいるというわけです。私についても、男性として愛人を何人も囲っています。また周囲の経営者でも愛人をもつ人は多いです。

それでは、なぜ男性はパパ活女性を支援するのでしょうか。また、どのような男性が愛人を囲うのでしょうか。

当然ながら、パパ活女性を支援できる男性には特徴があります。事実、貧乏男性ではパパ活女性を支援できません。

そこで男性目線から、どのようなパパ(男性)がパパ活女性と付き合い、愛人関係になるのか解説していきます。

パパ活女性を支援する男性のメリットは夜の生活の充実

まず、男性がパパ活女性を支援する理由は何でしょうか。当然ですが、ボランティアとして理由なく女性にお金を渡す男性などいません。頑張って働いて稼いだお金を何の対価もなしに渡す人はおらず、メリットがあるからこそ男性はパパ活女性を支援します。

このときのメリットは単純であり、それは夜の生活の充実です。独身であれ既婚者であれ、夜の生活を充実させたいと考える男性が大半です。

事実、パパ活では「食事のみの女性」は圧倒的に人気がありません。男性目線でいうと、食事をしてお金を支払うだけの行為はメリットゼロであり、何も得ることがないからです。そうではなく、自分好みの女性と一緒にホテルへ行けるというメリットがあるからこそ、男性はパパ活女性を支援します。

どんな男性がパパ活女性を支援するかというと、性欲の強い男性といえます。成功者は基本的に性欲が強く、そうした欲求が強いためにパパ活女性を囲うというわけです。

素人女性とデートするために愛人女性と会う

なお夜の生活を充実させたいのであれば、最も一般的な方法は夜の店を利用することです。歓楽街へ行けば、夜の店がたくさんあります。

ただこうした店にはプロが在籍しています。また男性である以上、こうした店には既に何度も通っています。

またプロの店だと、必ずパネマジ(パネルマジック)があります。要は女性の写真が加工されまくっており、原形をとどめていないことを指します。以下のようなパネルを見て女性を指名します。

ただパネル上は美女であっても、出てくる女性はブスのデブであることはよくあります。こうした失敗を男性は何度も経験しているため、夜の店に対して飽き飽きしているのです。

そこでプロではなく、男性は最終的に素人女性を求めるようになります。素人女性と普通のデートをして、仲良くなった後にホテルへ行くことになるため、圧倒的に満足度が高くなるのです。また交際クラブなどであれば、パネルマジックがないことも大きな利点です。

もちろん素人女性が相手であるため、当然ながら失敗することもあります。一緒にホテルへ行くのを断られることもありますし、食事のみの女性を引き当ててしまうこともあります。ただそれでも、自分好みの素人美女と関係を築くために愛人マッチングサービスを利用するというわけです。

年収1,000万円以上の富裕層男性が愛人女性を支援する

それではパパ活女性を支援する男性のスペックはどうかというと、基本的には経営者や医師など社会的地位の高い人になります。要は年収1,000万円以上の人が一般的に利用します。

理由としては、交際クラブ(デートクラブ)やパパ活アプリなどの愛人マッチングサービスを利用する場合、そうした年収の人でなければパパ活女性を支援できないからです。例えば以下は大手交際クラブの男性側の利用料金です(女性は無料)。

安めのプランを利用したとしても、女性と会うまでに以下の金額が必要になります。

  • 入会金:5万円
  • デートセッティング料:3万円
  • 食事代(二人分):2万円
  • 女性へのお手当:3~5万円(ホテルへ行く場合)

こうして、低くても13~15万円のお金が消えていきます。こうした利用料金のため、経営者や医師などの金持ち男性のみ愛人女性を囲うようになるのです。

・パパ活アプリの場合は会社員の可能性がある

ちなみに交際クラブではなく、パパ活アプリの場合は男性側にとって利用料金が月1万円ほどになります。また、パパ活女性と会った後は休会すればよく、高額なお金は必要ありません。

もちろん食事代や女性へのお手当相場は変わらないため、女性とのデート代は同じです。ただ愛人とマッチングするときの料金が低いというわけです。月1万円なので会社員であっても手軽に利用可能であり、交際クラブに比べるとパパ活アプリのほうが利用者は多い代わりに男性の年収は低くなります。

事実、パパ活アプリでは普通の会社員を含めて利用していることがよくあります。交際クラブを利用している男性と比較して、パパ活アプリだと年収面では劣る傾向にあるのです。

年齢は40~50代が多く、60歳以上も普通

それでは、こうした交際クラブやパパ活アプリを利用している男性の年齢はどうかというと、最も多いのは40~50代です。20代や30代での成功者はいるものの、全体の人数としてはどうしても少なくなります。一方で40~50代は成功者としての人数が多くなり、それでいて性欲は強いです。

そのため交際クラブやパパ活アプリでは、こうした年齢層の男性が主に利用しています。

一方で60歳以上の男性についても積極的に交際クラブやパパ活アプリを活用しています。経営者や医師などの成功者だと、男性は何歳になっても下半身は生涯現役なのです。例えば紀州のドン・ファンで知られていた故・野崎幸助さんは亡くなる直前の77歳まで美女を抱き続けていました。

彼は著書で交際クラブを利用し、素人の美女を何千人も抱いていたことを公言しています。そのため60代や70代の高齢男性であっても、わりと普通にデートクラブなどの愛人マッチングサービスを利用しています。この場合、男女の年齢差は非常に大きくなります。

いずれにしても成功している男性であれば、特に年齢に関係なく幅広く交際クラブやパパ活アプリを利用していると考えましょう。

男性の学歴はさまざま:学歴が低いのは普通

一方で男性の学歴はさまざまです。もちろん相手が医師や弁護士などの場合、必然的に高学歴となります。一方で資格保有者ではなく、経営者の男性については特に学歴が高いわけではなく、むしろ低学歴であることもあります。

例えば私の知り合いで稼いでいる経営者の中には中卒の人がいます。要は、高校すら卒業していません。彼は中学卒業後、料理人になるために高校へ行かずに働いていたというわけです。

そんな彼はいま、コピーライターとして成功しています。料理人とはまったく関係ないですが、30代前半のときに方向転換してコピーライターとなり、著名人や大企業の商品販売を手助けするプロモーションをしています。

もちろん彼も何人もの愛人を囲っているわけですが、一応は金持ちです。私が知っている中で彼は最も低学歴であるものの、他には高卒などで成功している人は何人もいます。私が経営者としてそれなりに稼げるようになり、周囲の成功者を確認すると、成功に学歴は関係ありません。

パパ活女性を支援する人の共通点として、成功者があります。ただ男性の学歴はさまざまです。

自由恋愛なので、女性は断ることができる

このように考えると、金持ち男性という条件さえ満たしていれば、非常にさまざまな属性の男性が愛人マッチングサービスを利用していることが分かります。成功者である必要があるため女性との年齢差は大きくなりがちであるものの、いろんな男性が愛人を囲っているのです。

ただ成功者であったとしても、男性によっては清潔感がないこともあります。女性にとって、中には生理的に無理な人もいるのです。

そうした場合、女性は断ることができます。夜の店とは異なり、パパ活女性は素人です。またお金を支払えば体の関係になれる夜の店とは違い、パパ活では自由恋愛となります。そのため女性は断る権利がありますし、男性はデートした女性と必ずホテルに行けるとは限りません。

ただそれでも、プロとの遊びに飽きた富裕層男性は素人を求めて交際クラブやパパ活アプリを利用します。またこうした金持ちであるほど、「自分好みの美女と仲良くなった後にホテルへ行けるほうが満足度が圧倒的に高い」と理解しています。

男性は断られるデメリットを含めて、パパ活女性を支援しているのです。

愛人女性を囲う男性は金持ちだが、年齢や学歴はバラバラ

どんな男性がパパ活女性を支援するかというと、それは金持ちです。貧乏男性についても、男性である以上は性欲が強いです。ただパパ活女性の支援ではお金がかかるため、どうしても富裕層に限定されがちというわけです。

共通点は「富裕層男性」だけであるため、男性の属性はバラバラです。年齢は40~50代が多いものの、60歳以上の男性であっても積極的にデートクラブを利用しています。また学歴は異なり、成功者ではあるものの中卒などの低学歴の男性もいます。

どんな男性が利用しているのかについては一概にいえません。ただすべての男性が「自分好みの素人美女と会い、一緒にホテルへ行きたい」と考えています。このメリットのため、プロが在籍する夜の店ではなく、パパ活女性を支援するというわけです。

男性が愛人を囲うときであっても、これからパパ活を始める女性であっても、どのような男性がパパ活支援サービスを利用するのか理解しましょう。そうすればデートクラブやパパ活アプリでの振舞い方が分かるようになり、適切に愛人を囲う(女性の場合は稼ぐ)ことができるようになります。


男性にとって、効率的に自分好みの女性と会える最も優れた方法が交際クラブです。アプリのように、女性の顔すら分からない状態で会うことはありません。またパパ活女性にとっても、確実に富裕層の優れた男性とのみ会えるのが交際クラブです。

女性はすべて交際クラブを無料で利用できます。そのため、金銭的なリスクなくパパ活をスタートできます。

一方で男性では、高額な入会金やデートセッティング料が必要なため、事前にどのデートクラブが優れているのか理解しなければいけません。

「利用金額」「支店の数」「在籍する男性・女性の数」など、それぞれ交際クラブは特徴があります。また私がこれまでにいくつもの交際クラブに登録し、失敗してきた経験から、どのデートクラブが最適なのか厳選して以下で紹介します。