男性であっても女性であっても、愛人関係ではトラブルに発展することがあります。その代表例が金銭トラブルです。

特に多いのが、男性から女性に対してお手当(お金)の先払いがあったときです。前払いをしたにも関わらず、「女性との日程が合わずにデートできない」「女性がお金をもらって逃げた」などのケースは頻繁に発生します。

結論を先にいうと、これについては先払いをした男性がすべて悪いといえます。パパ活女性とは愛人という薄い関係で成り立っているにも関わらず、相手を信用して騙されたほうに責任があるといえます。一方で女性については、たとえお金をもらって逃げ、ブロックしたとしても特に問題はありません。

都度や定期でのお手当について、男性が前払いするのはリスクでしかありません。一方、女性はお金をもらったら後は自由に逃げることができます。この理由について解説していきます。

パパ(男性)から先払いを提案されることがある

交際クラブ(デートクラブ)やパパ活アプリを利用して、女性は支援してくれるパパ(男性)を見つけることになります。

このとき、デートの後に現金手渡しにて男性が女性にお金を支払うことになります。現金手渡しをすることになり、銀行振込などの手法によって先払いをすることはありません。要は、お金の支払いは後払いが大原則です。

ただ場合によっては、実際にデートする前に「数回分のデート代を前払いする」ことがあります。金持ち男性が提案することによって、お金に困っている愛人女性を助けようとするのです。

この場合、例外的に都度または定期でのお手当を前払いすることになります。ただ大原則としては、パパ活でのお手当は後払いであることを理解しましょう。

先払いを要求するパパ活女性は100%地雷

なお私は富裕層男性として女性を支援する側の人間です。私の場合、これまで交際クラブなどの愛人マッチングサービスを利用して、何人ものパパ活女性と会ったことがあります。その中でお手当の前払いをしたことは一度もありません。

つまり銀行振込などによって先払いをしたことがなければ、デートで会った直後の最初にお金を渡したこともありません。すべて、「食事が終わった後(食事のみの場合)」または「ホテルに入った後」に現金手渡しをしています。

理由としては、先払いを要求するパパ活女性はほぼ100%の確率で地雷だからです。パパ活でのお手当の前払いというのは、男性にとって圧倒的にリスクが高いといえます。

後で理由を解説しますが、お金を先払いしたとしても返金を要求することはできず、愛人女性は自由に逃げることができます。また私の周囲の経営者についても、先払いをした場合は高確率でどこかの段階で女性に逃げられています。そのためほぼ100%地雷というわけです。

金銭トラブルで多いのが前払いによる返金要求

愛人関係で最も多いトラブルの一つとして、返金問題があります。要は、それまでに男性が支払ったお金について、返金を要求されるのです。

パパ活女性が男性とデートして食事をしたり、一緒にホテルへ行ったりすることで、その対価として受け取ったお金は特に何も問題ありません。ただ先払いしたお金については、女性はまだ男性に対して何もしていません。単にお金を受け取っただけです。

ただ女性によっては、男性とデートの都合がつかず一時的に会うことができないことがあります。また実際に会ってみると、「この男性は生理的に無理!」と女性が感じてしまい、お金を先払いしてもらったものの一緒にホテルへ行くのを拒否することもあります。

こうして、返金問題へと発展するようになります。愛人とは体とお金によるつながりであるため、どちらかを一方的に破棄するとトラブルになるのは当然といえます。この場合であれば、男性から女性にお金が渡っているものの、体の関係を女性が拒否しているために金銭トラブルになります。

女性はお金をもらって逃げることが可能

ただ男性から女性に前払いが行われたとしても、女性は男性に対してまったくお金を返済する義務がありません。要は、女性としては都度や月払いのお金を先にもらった後、逃げることが可能です。

なぜ、都度や月払い(定期)の先払い金を返す必要性がまったくないのでしょうか。理由はいくつもあり、一つは贈与されたお金だからです。

お金を受け取る場合、贈与またはお金の貸し借りのどちらかとなります。例えば以下はビジネスでの金銭貸借契約書であり、お金の貸し借りでは必ずこういう契約を結ぶことになります。

要は、こうした契約書がない場合はすべて贈与されたお金とみなされます。また贈与されたものについては、現金や貴金属、不動産を含めすべて返済義務がありません。もらったお金を返す必要はないのです。

また賭博や売春などの違法行為によってお金の受け渡しがあった場合、返金義務はないとされています。返金すると犯罪組織にお金を返すことになるからです。これを不法原因給付(民法708条)といいます。

パパ活は自由恋愛なので違法行為ではありません。ただその中身をみると、男女がデートしてホテルへ行く対価としてのお金の受け渡しとなります。こうした性質のお金については返金義務がありません。

もちろん、他にも返金義務がない法律上での理由はいくつもあります。そのため複数の理由によって、パパ活で女性が得たお金は返金義務がありません。たとえ男性が先払いして、その後に女性が逃げたとしても、男性は返金を要求することはできません。

これが、私が絶対にお金の先払いをしない理由です。お金を前払いすると、その時点でお金は100%女性のものとなり、たとえ愛人女性が私をブロックして音信不通になったとしても私は何も手出しすることができません。お手当の先払いというのは、男性にとってデメリットしかありません。

返金がなくても、愛人へ先払いした男性がすべて悪い

それでは実際に男性が愛人女性に対して都度や月払い(定期)のお金を先払いした後、女性が逃げた場合、お金を取り戻すことはできないのでしょうか。これについては、これまで述べた理由によって何をどうやっても返金要求できないと考えましょう。

たとえ警察や弁護士と相談したとしても、全員が「パパ活で発生したお金のやり取りでは返金要求できない」といわれます。

これについてはお金のない女性に同情し、高額なお金を先払いした男性側が悪いといえます。要は、無知によって騙された側が悪いのです。

私の場合、これまで何人もの愛人女性と会ってお金を渡し、満足いく夜の生活を過ごしていますが、愛人女性を100%信じたことは一度もありません。会社経営している関係上、人間は大きなお金が目の前にあると性格が変わることを経験から知っているからです。

一方でパパ活女性については、お金を先払いしてもらった後に逃げても問題は起こりません。つまり、「実際に会ったら生理的に無理な男性だったので逃げてしまった」などの理由であったとしても大丈夫です。法的に返金義務はなく、前払いをした男性が悪いからです。

お金の前払いは大きなトラブルが起こる原因となります。そこで、お手当の前払い金がどういう性質に当たるのか事前に理解しましょう。

愛人関係で先払いはお金のトラブルになりやすい

男女の関係が愛人であり、言葉を悪くしていうと「体とお金でつながっている関係」といえます。ただパパ活女性は手軽にお金を稼げますし、男性は好みの女性とデートしてホテルへ行くことができます。そのため双方にとって優れた仕組みです。

ただ体とお金の関係である以上、一方が約束を守らないとトラブルになります。その中でも最も多いトラブルの一つがお金の先払いであり、「デートの日程が合わない」「女性が逃げる」などによって体の関係になることができないのです。

これについて、パパ活で女性が受け取ったお金について男性は返金要求できません。日本の法律では、先払いを含めてお金を渡した瞬間にすべて女性の所有物になります。たとえ女性が逃げたとしても、前払いした男性が悪いといえます。

愛人関係になるとき、こうした実情になっていることを理解しましょう。男性や女性を含め、お金の前払いをするときはトラブルになりやすいというわけです。


男性にとって、効率的に自分好みの女性と会える最も優れた方法が交際クラブです。アプリのように、女性の顔すら分からない状態で会うことはありません。またパパ活女性にとっても、確実に富裕層の優れた男性とのみ会えるのが交際クラブです。

女性はすべて交際クラブを無料で利用できます。そのため、金銭的なリスクなくパパ活をスタートできます。

一方で男性では、高額な入会金やデートセッティング料が必要なため、事前にどのデートクラブが優れているのか理解しなければいけません。

「利用金額」「支店の数」「在籍する男性・女性の数」など、それぞれ交際クラブは特徴があります。また私がこれまでにいくつもの交際クラブに登録し、失敗してきた経験から、どのデートクラブが最適なのか厳選して以下で紹介します。