パパ活をするとき、男性とメッセージをすることで次回のデートにつなげたり、関係性を保ったりしなければいけません。恋人同士ではないため、連絡の頻度は圧倒的に少ないです。ただそれでも、連絡を取り合うのが基本です。

ただ場合によっては、パパ(男性)からの返事がこなかったり、続かなかったりすることがあります。こうしたとき、どのように対処すればいいのでしょうか。

男性によっては返信できない理由があります。そのためメッセージを送るタイミングが適切かについて理解しなければいけません。なおそもそも、「あなたの接する態度に問題があったために返事がこない」という根本的な問題も多いです。

連絡がこないとき、多くの人はテクニックに頼ろうとします。その結果、まったく成果が出ません。そこで、連絡がこないときにどのように考えてパパ活をすればいいのか解説していきます。

多忙や性格により、男性からの返信が遅いことがある

恋愛マーケットの中でもパパ活は特殊です。通常だと女性優位であり、男性が頑張ってアプローチしなければいけません。一方でパパ活市場の場合、簡単に稼ぎたい女性は多いものの、金持ち男性は少ないため、圧倒的に男性優位となります。

そのため女性側が頑張る必要があり、結果としてメッセージのやり取りに悩むことになるのです。

特に愛人関係の男女がメッセージをするとき、男性からの連絡が遅いことはよくあります。ただこれについては普通です。富裕層男性は経営者や医師であることが多く、そうした人は普段の仕事が圧倒的に忙しいです。

私についても経営者であり、女性を支援する側ですが、1ヵ月ほど休みや休憩なしにずっと働き続ける期間はぼちぼちあります。要は、他のことを考えている暇などないのです。当然、こうしたタイミングだと男性からの返信が遅いのは当然です。

また男性が忙しい時期だと、場合によっては数日ほど返信がなく、男性の仕事が落ち着いた段階で女性はようやくメッセージを受け取ることもあります。

愛人関係で連絡が少ないのは一般的

なお愛人関係の場合、基本的に連絡が少ないのが一般的です。恋人関係ではなく、愛人関係になるのがパパ活だからです。

愛人というのは、男性にとって「自分の好きなときに呼び出してデートできる存在」といえます。言葉を悪くしていうと、都合の良い存在が愛人なのです。また恋人のように毎日何度もメッセージをしないからこそ、互いにとって気楽に付き合うことができるのです。

例えば以下のメッセージについては、長く連絡をしていなかったものの、半年ほど経って私が連絡したときの様子です。

このときはさすがに長く時間を置きすぎてしまいましたが、いずれにしても愛人同士で頻繁なメッセージはそもそもしないものだと理解しましょう。例えば私の場合、既婚者なので何度もメールを送っていると妻に怪しまれるため、家では返信したくても状況によってはすぐに返信できないのが基本です。また仕事がありますし、頻繁なメールは面倒なので嫌です。

恋人関係に比べて、連絡のやり取りが少ないのが愛人関係です。愛人の場合、次回デートの約束をした後、当日までまったく連絡しないのも普通だと理解しましょう。

返事がこなくても催促はしない

なおパパと連絡をして返事がこないにしても、催促をしないようにしましょう。催促すると金持ち男性としてもプレッシャーを与えられるので「面倒な女」と思われてしまいます。こうして、よりメッセージが返ってこなくなります。

そのため、基本的には返事がこなかったとしても催促をしないようにしましょう。数週間ほど経過して、何事もなかったかのようにメールを送るのであれば問題ありません。ただ、2~3日以内に催促メールを送るのはやめましょう。

・あなたは返信を早くするべき

なおたとえ相手男性からの返信が遅かったとしても、あなたからのメールについては素早く返すようにしましょう。

前述の通り、パパ活市場では男性優位です。富裕層の人数は少なく、さらにはお金を支払うのは男性側です。そのため相手男性の態度に関わらず、愛人関係によって手軽に稼ぎたいのであれば、あなたはすぐに返信しなければいけません。

愛人の基準に達していないと連絡がこないのは当然

なお単に返信が遅いだけでなく、場合によっては連絡がまったくないこともあります。メールが続かないことについては、どのように考えればいいのでしょうか。

多くの人はテクニックを学ぶことで、男性からの返信を促そうとします。ただ基本的に意味はなく、「なぜ返事がこないのか?」という根本的な問題を理解する必要があります。これについては単純であり、デート内容が微妙であったため、男性にとってあなたが愛人の基準に達していなかったといえます。

例えばあなたについても、服がヨレヨレで口臭がきつく、生理的に無理な男性から「恋人として付き合ってください」といわれればどうでしょうか。おそらく無視することになり、たとえメッセージがきたとしても返信しないと思います。

同じように金持ち男性としても、愛人の基準に達していない女性から連絡がきたとしても、まったくやる気が起こりません。つまり男性から返事がこないのは、デート時の内容に大きな問題があったといえます。よくあるパターンとしては以下があります。

  • 食事やベッドでの内容が微妙だった
  • 要求するお手当の金額が高い
  • 何度も食事のみでホテルへ行こうとしない

逆にいえば、これらを改善すれば男性の愛人として長期的な関係になれる可能性が高いです。そこで返事がこない場合、いまやり取りしている男性については手遅れであるものの、次回から改善すればいいです。

食事やベッドでの態度が微妙だとリピートされない

よくあるパターンとしては、食事での態度や内容が悪いケースです。食事での会話とはいっても、富裕層男性はあなたに優れたトーク能力を要求していません。素人女性であるため、このような能力が普通であることは全員が理解しています。

ただ理由なく遅刻をすると幻滅されますし、男性の話を興味もって聞いてくれないとパパはやる気を失います。要は、食事デートのときに常識的な態度を取り、普通の会話ができれば問題ありません。しかしこれら最低限のことができない場合、その後にいくらメールしたとしても返信はきません。

一方、愛人候補のパパ活女性が最も意識しなければいけないのは、食事よりもベッドです。愛人関係では食事後に一緒にホテルへ行くのが一般的です。このとき、どれだけ情熱的に男性に接することができ、満足度を高められるかどうかによってその後にメッセージがくるかどうかが大きく違ってきます。

私についても、愛人を囲っている周囲の経営者についても、継続して付き合っている愛人に共通するのは「ベッドでの満足度が高い」ことです。

もちろんプロでないことは知っているため、そうしたテクニックなど求めていません。そうではなく、積極的にハグやキスをしてくれるなど、本物の恋人以上に接してくれるかどうかが重要となります。

もしそうではない場合、一回だけホテルへ行くことになっても、その後に連絡がこなくなるのは普通です。満足度の低い女性に高額なお金を支払う意味はないため、他の満足度の高い女性とデートしたいと思うのは当然です。

交際クラブやパパ活アプリで男性からオファーをもらう時点で、容姿については既に男性の求める基準をクリアしています。次のステップとして、ホテルでのクリアするべき基準があることを理解しましょう。

お手当の金額が高いとメッセージは続かない

ただいくらホテルでの満足度が高かったとしても、あなたが要求するお手当の金額が高い場合、残念ながらメッセージは続きにくいです。男性からすると、愛人にするメリットが薄いからです。

多くの女性はパパ活のやり方を間違えており、「一回のデートでどれだけ高額なお金をもらえるか」を考えています。一方で稼げる女性では、一回デートの単価を上げることよりも、デート回数を増やすことによって稼ぐことを考えます。

例えば私の場合、体ありで5万円を要求するパパ活女性については、正直なところ「高い」と思ってしまいます。またパパ活市場では、他に3万円ほどで満足してくれる女性がいくらでもいます。それなら、「5万円を支払うよりも、3万円で喜んでくれる愛人と2回会ったほうがいい」と考えるわけです。

こうして高いお手当を要求する女性については、私は「この人と連絡しても、デート代は高いし面倒」と考え、連絡の頻度が悪くなっていきます。

一方で3万円の愛人については、私は月に何度も会っています。結果的にその女性には毎月高額なお金を支払っていることになるのですが、私好みの女性なのであれば、そうした金銭感覚がズレていない人を支援したいと考えるのは当然です。

こうした男性の心理を理解しなければ、メールが続かないのは当然だといえます。

食事のみで引き延ばすと返信メールがこなくなる

または男性と一緒にホテルへ行かず、食事のみで何度も引き延ばす場合もメールが続かなくなります。男性にとって、食事のみの女性は価値がないからです。

男性がなぜ交際クラブやパパ活アプリで高額なお金を支払い、愛人候補の女性と会っているかというと、「自分好みの女性とデートし、その後にホテルへ行きたい」と考えているからです。この要望を満たしていない場合、連絡がこなくなるのは当然といえます。

パパ活は自由恋愛であるため、女性には断る権利があります。また初回デートでのホテルを断るのは普通です。ただ初回デートは断ったとしても、2回目のデートではホテルへ行くのが普通ですし、3回目のデートでも断るとなるとさすがに論外です。

「清潔感などに問題がない男性であれば、初回または2回目までにホテルへ行ってもいい」と決断できている女性であれば特に問題ありません。ただそうでない場合、パパ活でのメールで男性から返信がないのは普通ですし、そもそもパパ活で大きく稼ぐことはできません。

耐性が付くと、返事がなくても何も感じなくなる

ただここまでのポイントに注意し、すべて完ぺきにこなしたとしても、それでも100%の確率で男性から返信が来ることはありません。男性が仕事で忙殺されている可能性もあり、百発百中は無理なのです。

どれだけの美人であり、ベッドでの満足度が高く、要求するお手当の金額が低い女性であっても、男性と連絡を取れなくなることはあります。愛人になれるように成功確率を高める努力を行い、改善し続ける必要はあるものの、返事が来ない男性については仕方ないと考えて諦めるのが適切です。

参考までに男性であれば、恋人を作る過程で多くの女性に無視をされ、連絡がつかなくなる経験をしています。私は前述の通り富裕層男性の既婚者ですが、私が独身のときは合コンやマッチングアプリなどを利用して、多くの女性とメッセージのやり取りをしました。

正確に数えているわけではないですが、これまで途中で連絡を取れなくなった女性は軽く500人を超えると思います。一般的な恋愛市場では女性優位であり、成功確率は非常に低く、付き合うまでとなると恐らく成功確率は5%未満です。

こうして無視され続けた結果、返信がなかったとしても何も感じなくなり、「今回の女性はダメだったので次に向けて頑張ればいい」と考えるようになったわけです。要は、世の中に女性は無数に存在するため、一人の女性に固執する必要はないというわけです。

同様に、パパ活女性についても一人のパパから返信がこないとしても特に気にする必要はありません。確かに富裕層男性の数は少ないものの、他の男性を狙えばいいわけです。

新規パパを発掘し続けるほうが重要

そのためどちらかというと、パパ活で稼ぐときに重要なのは、新規パパを発掘し続けるほうといえます。できるだけ男性と会う努力をすれば、富裕層男性の特性を理解できるようになり、どのようにすれば愛人として関係が長続きできるのか分かってくるようになります。

そのためのヒントは既に述べましたが、これらを改善していけば、「男性からの連絡がこない」という確率を下げることができます。少なくとも容姿の基準については既にクリアしているため、わずかな努力によって返事がこない状況を防げるようになります。

また新規パパを発掘するためには、複数の交際クラブやパパ活アプリを利用することになります。これらを活用しつつ、何人もの男性と連絡するようにしましょう。

実際のところ、連絡がこないと悩んでいるのは恋愛の初心者だからです。断られる経験を何度もして、成功も失敗もしつつ、どのように行動すればパパ活で稼げるのか理解すれば、メールが続かないことで悩むことはなくなります。

メールの返事がこないのは理由がある

すべてのパパ活女性では、「男性から連絡がこない」という経験をします。どれだけの美女であっても、男性によっては返事がこないことがあるのです。

そこでメッセージが続かないことについて、テクニックに頼ろうとする女性は多いものの、実際のところ意味がありません。そうではなく、より根本的な部分を見直しましょう。男性が忙しい時期かどうかを見極めたり、「ベッドで相手が満足するように接することができたか」など自分の行動を見直したりするのです。

愛人としての基準に達していない女性からメールが来ても、男性としては迷惑なだけです。そこでメッセージの内容や頻度よりも、デート時に本物の恋人以上に接することができたかどうかに着目しましょう。当然、金銭感覚がズレていないことは前提条件となります。

またどうやっても男性からの返事がこない場合、努力しても無理なので次に向かうしかありません。こうして何度も断られる経験をすれば、どうすればパパ活で稼げるのか分かってくるようになります。


男性にとって、効率的に自分好みの女性と会える最も優れた方法が交際クラブです。アプリのように、女性の顔すら分からない状態で会うことはありません。またパパ活女性にとっても、確実に富裕層の優れた男性とのみ会えるのが交際クラブです。

女性はすべて交際クラブを無料で利用できます。そのため、金銭的なリスクなくパパ活をスタートできます。

一方で男性では、高額な入会金やデートセッティング料が必要なため、事前にどのデートクラブが優れているのか理解しなければいけません。

「利用金額」「支店の数」「在籍する男性・女性の数」など、それぞれ交際クラブは特徴があります。また私がこれまでにいくつもの交際クラブに登録し、失敗してきた経験から、どのデートクラブが最適なのか厳選して以下で紹介します。