お金のない人としては学生などさまざまですが、その代表の一つにシングルマザーがあります。育児をしながら働かなければいけないため、どうしても満足する仕事はできず、収入が低くなりがちになるのです。

そうしたとき、シングルマザーにとって効率的にお金を稼ぐことができ、さらには昼の時間を使えるのがパパ活です。富裕層男性とデートすることによって、一回につき3~5万円のお手当(収入)となります。

パートは当然として、正社員であっても効率よくこれだけのお金を稼ぐのは難しいです。一方でパパ活であれば、3~4時間ほどで可能です。もちろん、特別なスキルが必要になるわけではなく、誰でもいますぐ始めることができます。

そこで、母子家庭の子育てママがどのようにパパ活を始めて稼げばいいのかについて、金額相場や記載するべきプロフィール内容を含めて解説していきます。

母子家庭でもパパ活は可能

女性であればパパ活が可能です。これは母子家庭で育児中のママであっても同様であり、実際にシングルマザーでパパ活をしている人は多いです。

むしろシングルマザーで家計が苦しいからこそ、多くの人が隠れてパパ活をしています。お金がない以上、何としてでも子供に食べさせてあげないといけないため、腹をくくってパパ活を決意する人はたくさんいるのです。

パパ活を始めるに当たり、もし条件があるとすれば、それはあなたの年齢です。もしあなたが40歳以上なのであれば、正直なところ厳しいです。パパ活では年齢が若いほど有利であり、40代の美魔女であっても残念ながら価値は低く、熟女好きの男性でなければオファーはありません。

ただ、あなたがいま39歳以下(可能なら35歳以下が望ましい)であるなら、特に問題なくパパ活をスタートさせることができます。交際クラブやパパ活アプリを利用することによって、富裕層男性とデートすることで高額な収入を得られるようになります。

シングルマザーのパパ活のお手当相場

それでは、パパ活によっていくらの金額がお手当相場になるのでしょうか。これについて、食事デートと体ありで金額が違ってきます。具体的には以下のようになります。

  • 食事のみ:1万円
  • 食事+ホテル:3~5万円

明確な値段が決められているわけではないですが、交際クラブなど富裕層男性のみが在籍する愛人マッチングサービスを利用する場合、こうした金額相場になります。

なお体の関係では3~5万円と幅があり、これについてはあなたの容姿次第です。通常は3万円ですが、35歳以下でかなりの美人女性なら5万円が可能です。要は、あなたの言い値といえます。

このとき、食事のみの場合は2時間ほどで終わります。またホテルまで行く場合、食事やホテルまでの移動時間を含めて全体で拘束時間は3~4時間です(通常は3時間ほど)。そのため、非常に効率的に稼ぐことができます。

なおパパ活は自由恋愛になるため、「初回デートは食事だけ、二回目にはホテルも可能」などのようにすることもできます。相手の清潔感がなければ、体の関係を断ることもできます。これについてはあなたの自由です。

・食事デートだけの女性は稼げない

参考までに、「パパ活=食事だけで簡単に稼げる」と勘違いしている人は多いですが、食事のみのパパ活で稼ぐのは100%無理です。食事だけの女性は圧倒的に価値が低く、そもそも男性から選ばれません。

考えてみれば当然ですが、食事だけで1万円を毎回出すのは男性にとってメリットがありません。そこでシングルマザーでどうしても稼がなければいけないのであれば、覚悟を決めて「問題ない男性であればホテルに行ってもいい」と考えるようにしましょう。

パパ活だけで月20~30万円は普通

なお一般的な収入でいうと、パパ活だけで月20~30万円の稼ぎになるのは普通です。正社員として働きながらこれだけの収入を得ている人もいるため、仮にシングルマザーとしてパパ活だけに専念する場合であれば、より高額な収入を得ることができます。

食事デートだけでこの金額は不可能なほど難しいですが、体ありの場合は難しくありません。

低く見積もって一回のデートで3万円をもらえると仮定します。この場合、月に10回のデートをすればそれだけで月30万円の収入です。月に20日の休みがあったとしても、月30万円を達成できてしまいます。もちろん、もっとデートをすれば収入はより大きくなります。

もっというと、男性からもらったお手当で税金を支払うことが基本的にありません。厳密には贈与税の対象になり、一定額以上の稼ぎは申告をしなければいけません。ただ実際には自由恋愛での現金手渡しになるため、贈与税の申告をしている女性は皆無というわけです。

月30万円(年収360万円)を正社員として稼ぐ場合、税金を引かれて実際に利用できる手取りは年に約280万円です。一方でパパ活の場合、無駄な税金支払いが基本的にないため、同じ月30万円であっても全額をあなたの自由に使うことができます。

キャバクラなど夜の仕事と異なり、昼の活動が可能

なお高収入を得られる職業としては、一般的に知られているのは夜の仕事です。王道なのはキャバクラであり、平均2,000~3,000円が時給の相場です。それよりも高い時給となると、高級店で頑張る場合は可能です。

例えば時給2,000円とすると、6時間の勤務で12,000円の収入になります。

  • 時給2,000円 × 6時間 = 12,000円

時給2,000円となると、事務として正社員をするよりも給料は圧倒的にいいです。そのため、非常に優れたアルバイトといえます。ただパパ活に比べると、どうしても時間効率は落ちます。パパ活では、3~4時間ほどで3~5万円だからです。

またキャバクラなどの夜の仕事では、どうしても昼間の求人はなくなります。さらに夜中から働きに出かける必要があるため、子供との時間を合わせるのが難しくなります。夜間保育の利用、または子供を寝かせた後に出勤となります。ただ子供が決まった時間に眠ってくれるとは限らないので、どうしても時間調節が大変になります。

さらにキャバクラでは大量のお酒を飲むのが基本ですし、同伴(営業前にお客さんと会うこと)やアフター(営業終了後にお客さんと飲むこと)などによって積極的に営業していく必要があり、これも負担になります。

また同伴やアフターによって収入は上がるものの、パパ活のように食事をすることで1万円のお手当をもらえることはありません。その点、昼に男性と会うことができ、キャバクラよりもパパ活のほうが稼ぎの額は効率的といえます。

相手を選べるのは風俗店との大きな違い

なお、どのような男性であっても体を重ねるのが可能なのであれば、夜の店の中でも「体ありの風俗店勤務」という選択肢もあります。この場合であれば、パパ活と同等またはそれ以上の収入が可能です。

この場合、当然ながら相手の男性を選ぶことはできません。当然、中には清潔感のない収入の低い男性も含まれます。そのため実際のところ、こうした夜の店で働ける女性は少ないです。

一方で交際クラブなどを利用したパパ活であれば、デート相手はすべて金持ちの男性です。当然ながら常識があり、その他の男性に比べると清潔感のある紳士である確率は非常に高いです。そうでなければビジネスで成功できないからです。

また夜の店とは異なり、前述の通りパパ活では断ることができます。つまり「この男性とホテルは無理」と考えるとき、食事だけにしてホテルを断ってもいいのです。こうした違いのため、一般人であるシングルマザーはパパ活を選ぶ人が多いというわけです。

プロフィールでシングルマザーと伝えるべき

それでは母子家庭の女性がパパ活をしてお金を稼ぎ、子供を育てるためにはどのように自分をアピールすればいいのでしょうか。このとき、プロフィールで最初からシングルマザーであることを公表するようにしましょう。

パパ活では男性優位です。世の中には、あなたと同じように効率的に稼ぎたいと考える女性は腐るほどいます。一方で富裕層の男性は少ないため、男性の都合に合わせる必要があります。

ただ母子家庭である以上、完全に男性の都合に合わせるのは無理です。そこで「小さい子供がいるシングルマザーです」とプロフィールに明確に記載する必要はなくても、「会える時間に制約がある」ことは記しましょう。

要は、「10:00~16:00までのデート歓迎です」など、特定の時間を記しておくと男性にとって、どういうアプローチをすればいい女性なのか分かりやすくなります。事前に母子家庭であることをほのめかしておくからこそ、パパ活でのトラブルが少なくなります。

特にパパ活では、特定の男性と何度もデートをして安定した収入を得るのが基本的な方法なので、最初に時間の制約があることを伝えておいたほうがいいです。

ちなみに男性にしても、昼デートの需要はわりと高いです。例えば私は経営者として女性を支援する側ですが、既婚者なので昼デートのほうがありがたいです。昼に会社を抜け出し、パパ活女性とデートできるからです。

夜デートでは妻に怪しまれる可能性があるものの、昼ではそうした心配がないのでやりやすいです。

そこでシングルマザー側にしても、保育園などに子供を預けた後、男性とデートしてお手当をもらい、夕方に子どもを迎えに行くことができます。参考までに、以下は交際クラブで男性が閲覧できる管理画面の一部であり、ある女性の紹介内容です。

このように、昼間デートを希望している女性は実際に存在します。こういうパパ活女性はシングルマザーまたは主婦です。いずれにしても、こうした都合を先に伝えておくと男性としてはデートを申し込みやすくなります。

夜デートを可能にしておくべき

ただ完全に昼だけのデートとなると、どうしても人気が落ちてしまいます。そこで、夜デートも可能であるようにアピールしておくのをおすすめします。

もちろん育児中であるため、16:00~19:30の時間に男性とデートをするのはどうしても難しいです。子供に晩ごはんを食べさせた後、寝かせる必要があるからです。ただ20:30や21:00からのデートであれば、移動時間を考慮しても可能なはずです。

毎回である必要はないため、生活費のプラスにするため、夜デートであっても可能なようにしておきましょう。

仮に20:30からのデートでその後にホテルへ行くにしても、23:30~24:00には終わります。これで3万円をもらえ、生活費が大きくプラスになることを考えると、オファーがある場合は何とかして時間を作ることをおすすめします。

もちろん相手男性には、事前に「16:00~21:00の間のデートはできません。21:00以降ならデート可能です」などのようにプロフィールで伝えておいても問題ありません。

正社員OLが平日の昼にデートできないのと同じように、シングルマザーにとってデート不可の時間帯が存在します。これについてはさすがに相手男性も分かっているため、母子家庭であることをほのめかしたうえで、デート可能な時間をプロフィールで伝えましょう。

・1日に昼と夜で2回別のパパとデートしてもいい

なお、もちろん1日に昼と夜に違う男性とデートをしてもいいです。この場合、1回で3万円であれば1日で6万円もの収入になります。ホテルありのデートだと実働時間は6~7時間ほどであり、しかも労働作業というよりも、メインは金持ち男性との会話になります。

それにも関わらず、5日で月30万円になります。そのため、母子家庭の場合は1日に2回のデートをしてもいいです。

自分磨きや趣味をプロフィールで記すべき

なお前述の通り、プロフィールにはシングルマザーであることをほのめかして記載するべきです。ただし、子供のことを第一に記載するのはやめましょう。もちろん実際には育児が最優先ではあるものの、子供のことをプロフィールに記載すると男性からのオファーが少なくなります。

例えば、「育児のためにパパ活を頑張ってる」などのように記載するのはダメです。男性側からすると、あなたの子供のために支援している感覚になるからです。

金持ち男性がなぜパパ活をするかというと、自分好みの女性とデートをして、その後のホテルまで楽しみたいからです。あなたの子供を支援したいためではありません。そこでプロフィールでは、子供を主軸に置くのではなく、自分磨きや趣味などあなたのことを主軸にしましょう。

  • 資格勉強に集中しつつ、パパ活で大きなお金を作りたい
  • 拘束される仕事でなく、自分の時間を楽しむためにパパ活をしている

例えばこのようになります。母子家庭で育児が必要であり、生活が苦しい現実を記載しても男性の心には刺さりません。そこで、パパ活で得たお金を利用してあなたがどうなりたいのか記載しましょう。

もちろん記載するだけであり、実際にはすべて子供の養育費として利用するのは問題ありません。ただ男性にとって支援したいと思えるプロフィールにするためには、あなたを主軸に置かなければいけないことを理解しましょう。

シングルマザーでパパ活をしている人は多い

女性で生活が苦しい人は多く、その代表例の一つがシングルマザーです。何か国家資格があるならいいものの、そうでない場合は給料の安い事務やパートで働くしかなく、どうしても給料は低くなってしまうのです。

そのため、母子家庭でパパ活をしているママは非常に多いです。40歳以上だと厳しいですが、そうでないのであればいますぐにでもパパ活が可能です。

1回のデートで3万円の場合、月に10回デートするだけでも月30万円になります。正社員と同じように月20日を働くのであれば、1日の実働が3~4時間にも関わらず、月60万円です。非常に効率がいいため、これが多くのシングルマザーでパパ活を内緒でしている理由です。

母子家庭でお金がない以上、効率よく稼ぐためにはある程度の覚悟が必要です。そのため食事だけでなく体ありも受け入れる必要はあるものの、シングルマザーにとって手軽に始められる優れた副業がパパ活です。


男性にとって、効率的に自分好みの女性と会える最も優れた方法が交際クラブです。アプリのように、女性の顔すら分からない状態で会うことはありません。またパパ活女性にとっても、確実に富裕層の優れた男性とのみ会えるのが交際クラブです。

女性はすべて交際クラブを無料で利用できます。そのため、金銭的なリスクなくパパ活をスタートできます。

一方で男性では、高額な入会金やデートセッティング料が必要なため、事前にどのデートクラブが優れているのか理解しなければいけません。

「利用金額」「支店の数」「在籍する男性・女性の数」など、それぞれ交際クラブは特徴があります。また私がこれまでにいくつもの交際クラブに登録し、失敗してきた経験から、どのデートクラブが最適なのか厳選して以下で紹介します。