パパ活をする人の中には、既にある程度の年齢を重ねた人もいます。要は、20代のように若くはない人もいます。そうした代表として、40代のアラフォー女性がいます。

知っている通り恋愛市場では、女性は年齢と共に価値が落ちていきます。これがパパ活市場ではより顕著であり、40代であると「若くて美人な女性を探しているパパ(男性)」から選ばれることはありません。

ただ、40代女性であってもパパ活で大きく稼いでいる人がいるのは事実です。また、40代であっても問題なくパパ活を始めることができます。しかし交際クラブやアプリを利用するにしても、40代ではどのようにパパ活を始めればいいのか理解しなければいけません。

そこで40代女性がパパ活を始め、稼ぐために必要なおすすめの戦略や考え方を解説していきます。

パパ活に年齢制限はなくアラフォーでも登録可能

実際にアラフォー女性がパパ活をするとき、どうしても気になるのが年齢です。若いわけではないため、そもそも年齢制限に引っかからないのかと考えてしまうのです。

これについては、パパ活で年齢制限は特にありません。交際クラブやパパ活アプリを利用することによって富裕層男性を探すことになりますが、こうしたパパ活サービスで特に年齢制限を設けていないことはよくあります。

例えば以下は、交際クラブで最大手のユニバース倶楽部にて、男性が閲覧できる管理画面の一部です。

このように、41歳の女性が登録されていることが分かります。見た目がいわゆるおばさんの場合、さすがに厳しいものの、40代であってもある程度まで顔が整っている人の場合、問題なくパパ活をすることができます。

当然ながら、女性は年齢が若いほどパパ活で有利になります。そのためいま40代なのであれば、すぐにパパ活を始めなければ条件はより悪くなっていきます。

パパ活女性の平均年齢は若く、需要は少なめになる

なお確かに交際クラブやパパ活アプリで年齢制限はないものの、一般的にパパ活をする女性の平均年齢は若いです。平均年齢は20代前半であり、10代や20代の女性がどうしてもメインとなります。

参考までに、以下は先ほどの交際クラブ大手・ユニバース倶楽部に登録されている女性の年齢割合です。

このように、10代と20代だけで4分の3以上を占めます。40歳以上の登録者となると、全体の5%ほどしかいません。

一般的に男性は若い女性を好みます。そのため、40歳以上では必然的にパパ活でのオファー件数が少なくなり、厳しい戦いになることは理解しましょう。

40代で稼いでいる女性がいるのは事実

それでは、40代のアラフォーではダメなのかというと、もちろんそういうわけではありません。事実、40代女性であってもそれなりに稼いでいる人がいるのも事実です。

交際クラブやパパ活アプリを利用する人は金持ち男性です。これが特に交際クラブになると、利用料金が高いので100%の確率で富裕層男性しか登録していません。そうなると、必然的に男性の平均年齢は高くなります。

交際クラブを利用する男性であれば、通常は40代以上の年齢です。もちろん50代や60代の男性も多く、そうした金持ち男性にとってみると、アラフォー女性であっても十分に若いといえます。

もちろん20代や30代の女性に比べると人気が落ちてしまうのは仕方ないですが、交際クラブなどに登録している男性にとって40代女性であっても若い存在といえます。

熟女好き男性とデートすることになる

そこで、熟女好きの男性とデートすることを考えましょう。世の中には、男性が楽しむ夜の店がいくつもあります。こうした夜の店のほとんどは若い女性が在籍しており、男性の相手をしています。

一方で全体の数からすると少ないものの、夜の店の中には熟女バーと呼ばれる形態が存在します。30代後半や40代(場合によっては50代)の女性が在籍しており、会話やお酒を楽しむ場が熟女バーです。

こうした需要は全体からすると少ないものの、実際にあるわけです。またパパ活でわりと稼いでいるアラフォー女性がいる事実を考えても、熟女好きな金持ち男性を相手にすることによってパパ活で効率的に稼ぐことができます。

体ありになるのは当然

なおパパ活では、体の関係になることが頻繁にあります。要は、食事デートの後に男性と一緒にホテルへ行くことがあるのです。もちろん自由恋愛なので断ることはできますが、相手男性に問題がなければ食事の後に体を重ねるというわけです。

これについて、体ありになることについては承諾し、覚悟するようにしましょう。

そもそも10代や20代の女性であったとしても、食事デートだけを希望する女性は圧倒的に人気がなく、男性からのオファーはほぼありません。食事デートだけをすることについて男性にとってメリットがまったくないからです。

これがアラフォー女性の場合、食事のみを考えているのであれば、100%の確率でオファーがありません。男性は好みの女性と一緒にホテルまで楽しみたいからこそ、高額なお金をデートごとに出すわけです。この需要を満たせないのであれば、40歳以上の女性がパパ活で稼げることはありません。

お手当はホテルありで3万円が限界

それでは、40代女性がパパ活をするとしていくらのお手当金額になるのでしょうか。自由恋愛ではあるものの、相場は既に決まっています。以下のようになります。

  • 食事のみ:1万円
  • 食事+ホテル:3万円

交際クラブでもパパ活アプリでも、食事デートの場合はどのような女性であっても1万円が相場です。たとえ18歳の美女であっても、40代の女性であっても1万円です。

一方で体ありの場合、女性によって値段が変わります。ただ40代の場合、どれだけ美魔女であったとしても相場より価値が低くなってしまうのは避けられません。このとき、ホテルまでいく場合はお手当(お小遣い)の相場は3万円になります。

参考までに、4~5万円をもらえるのは10代や20代の若い女性のみです。アラフォー女性で男性に5万円を要求すると、相手男性は「この女は頭がおかしいのか?」と考えます。そのため、必ず3万円にしましょう。なお3万円よりも値下げする必要はなく、相場の最低ラインをお願いすればいいです。

複数のパパ活サービスを利用するべき

ここまでの内容が40代女性で理解するべきパパ活での基本的な考え方です。それに加えて、富裕層男性と会える確率を高くするため、複数のパパ活サービスを利用しましょう。

例えばパパ活で最も匿名性が高く、富裕層男性と会える確率の高いサービスが交際クラブです。これらのサービスについて、いくつもの交際クラブに登録している男性はまずいません。これはパパ活アプリも同様です。

すべてのパパ活サービスに共通しますが、入会金や継続利用の料金がそれなりに高いです。そのために富裕層ばかりなのですが、ある程度の値段がするため、通常だと男性は一つのサービスだけを利用しています。

そこで40代の女性は可能な限り複数の交際クラブやパパ活アプリへ登録するなど、男性と出会える確率を増やすようにしましょう。ただでさえアラフォー女性は人気がありません。そのため、複数の交際クラブやパパ活アプリへ登録するのは当然の努力といえます。

女性は完全無料で利用できるため、特にデメリットはありません。簡単な努力によって金持ち男性と会える可能性を高めることができるため、必ずいくつものパパ活サービスを利用するようにしましょう。

40代女性でパパ活を始め、稼ぐのは可能

年齢的な問題によって、どうしても稼ぐのが不利になるのがアラフォーです。恋愛市場では年齢が若いほど有利なので、40代というだけでオファーの数は少なくなります。

ただ40歳以上であったとしても、パパ活をすることは可能です。熟女好きの男性を相手にすることによって、デートで3万円を稼ぐことができるのです。3万円を稼ぐのは一般的な正社員であっても大変にも関わらず、わずか3~4時間ほどでこうしたお金を手にできます。

もちろん体ありの関係になることを許容する必要はあります。また、複数の交際クラブを利用するなど、デートできる確率を高める努力は必須です。

年齢が高ければ、条件が不利になるのは当然です。ただやり方によっては、パパ活を始めることで大きく稼げます。こうしたことを理解して、アラフォー女性としてパパ活をスタートさせましょう。


女性にとって、スキルがなくても誰でも簡単に稼げる方法としてパパ活があります。1回3~4時間ほど、男性と週2回会うだけで、月24~40万円の副収入となります。しかも現金手渡しなので、特に税金を課せられることはありません。

このとき、ほとんどの女性が交際クラブやパパ活アプリを利用してパパ活をスタートします。これらは愛人探しに特化しているサービスだからです。また、出会い系やSNSのように事件に巻き込まれることもありません。

ただ交際クラブやパパ活アプリは無数に存在します。また、利用する媒体によって男性の質や登録人数も異なります。

そこで交際クラブやパパ活アプリを厳選し、実際の私の経験を含めて「利用時の特徴」「展開エリア」「登録者の質」を含めて以下で解説しています。