女性がパパ活をするとき、遅刻やドタキャンをすることがあります。もちろん男性であっても遅刻は普通ですし、場合によってはドタキャンすることもあります。ただ、どうしても成功者である金持ち男性に比べると、パパ活女性のほうが遅刻やドタキャンの確率は高いです。

ただパパ活で遅刻やドタキャンをする場合、「インフルエンザを発症した」などどうしようもない理由でのキャンセル以外は非常に微妙です。単に常識のない女性といえますし、基本的にその後は続かないと考えましょう。

また時間や予定にルーズな女性には共通点があります。こうした女性は基本的に稼ぐのが難しく、そもそも富裕層男性と愛人関係を継続するのは厳しいです。またこうした評判は愛人マッチングサービスの中で共有されるため、より稼ぎにくくなります。

女性が遅刻やドタキャンをしないというのは、約束を守ることでもあります。ここでは、なぜ遅刻やドタキャンが微妙なのか解説していきます。

パパ活で遅刻やドタキャンをするのは最悪

愛人関係というのは、良くも悪くもお金でつながっている関係といえます。そのため、関係性が切れることは頻繁にあります。

  • お金の条件が合わなくなる
  • 夜の関係で満足できなくなった(一方が冷たくなった)

例えば、これらがあります。また関係性が続かない原因として、遅刻やドタキャンも大きな理由といえます。

一般的に恋愛市場は女性優位であるものの、パパ活市場では例外的に男性優位です。金持ち男性は少ないものの、手軽に稼ぎたい女性は多いからです。そのため女性側が大幅な遅刻やドタキャンをすれば、その時点でほぼ確実にその男性との関係性が続かなくなると考えましょう。

富裕層男性は経済的にも社会的にも成功しているため、当然ながら無駄な時間を過ごすのを嫌います。そのため遅刻やドタキャンをすると、顔合わせが微妙になるのは当然として、既に何度も会っていたとしても関係性がダメになりやすいです。

10~15分の遅刻なら何も問題ない

もちろん遅刻とはいっても、10~15分ほどであれば何も問題ありません。これくらいの遅刻であれば、誰でもする可能性があります。私の場合は愛人女性を何人も囲っている側ですが、女性が10~15分ほど遅刻することについて特に何も思いません。

もちろん、このときは事前の連絡があるのは当然です。「10分ほど遅刻しそうです」という連絡があれば、ほぼすべての人が許してくれるはずです。例えば私の場合、待っている間は電子書籍などを読んで時間を潰すことになります。

また10分ほどの遅刻であれば、私を含め誰でも遅れる可能性があります。遅刻とはいっても少しの遅刻は普通なので、事前に連絡さえすれば何も問題ありません。

大幅な遅刻やドタキャンしたい場合、早めに連絡するべき

一方で大幅な遅刻やドタキャンは非常に微妙です。30~60分の遅刻では、さすがに相手を待たせすぎです。またドタキャンしたい理由がある場合、直前になって行けなくなるのは微妙です。その場合、できるだけ早めに連絡しなければいけません。

大幅な遅刻であれば、理由と共にメッセージ(または電話)で伝える必要があります。またドタキャンしたい場合、「体調が悪い」などの理由であれば朝の時点で分かっているはずなので、できるだけ早めに伝えなければいけません。

もちろん大幅な遅刻をしたり、ドタキャンしたりする場合、その富裕層男性と次回もデートできる可能性は非常に低いです。

女性がパパ活で稼ぐためには、どれだけ男性と継続的な付き合い(デート)ができるかどうかにかかっています。そのため、常識的な行動を取れない女性は金持ち男性から嫌われるというわけです。

時間や予定にルーズなパパ活女性には共通点がある

参考までに、私が愛人女性を支援している側として感じることとして、時間や予定にルーズなパパ活女性には共通点があります。

「普段からアルバイトで忙しいなどの理由で寝坊&遅刻する」などの女性はいるものの、主に以下のような女性はダメなケースが多いです。

・返信(レスポンス)が遅い

仕事のできる人はすべて返信が早く、ダメな人ほど返信が遅いです。これはパパ活女性でも同じであり、遅刻やドタキャンをする確率の最も高い女性として「返信が遅い人」が当てはまります。要は、返信までに2~3日ほどかかるのです。

男性に対して興味がなかったり、パパ活が面倒と感じていたりするため、結果的に返信が後回しになるわけです。こうしたやる気のない女性は微妙です。

・お金にうるさいスレた女性

お金のことばかり考えている性格のスレた女性もドタキャン率が高いです。金持ち男性が最も嫌うタイプでもあり、会っていない初期の段階から「食事で1万円を欲しい」と要求してくる女性は微妙です。性格がスレていないまともな女性なら、そのような要求を最初からすることはないからです。

またお金のことしか考えていないため、少しでも条件の良い男性がいたら簡単に予定をキャンセルしてきます。また少しでも条件が合わないとドタキャンしてくるため、性格が悪く最もダメな部類の女性ともいえます。

遅刻やドタキャンが続くと評価が下がる

ちなみにパパ活女性が遅刻やドタキャンをすると、ダメになるのはその時点まで連絡を取っていたパパ候補(男性)だけではありません。例えば交際クラブ(デートクラブ)であれば、女性としての評価が下がってしまう事実を理解しましょう。

例えば以下の女性の場合、過去に何度も遅刻やドタキャンをしていることが分かります。

こうした悪い情報というのは交際クラブだとすべて共有されます。パパ活市場では男性優位であるため、男性が損をしないようにサービスを提供するのが交際クラブの運営側にとって基本だからです。

なお、同じことはパパ活アプリでもいえます。パパ活アプリでは通報の仕組みがあり、複数の人から通報を受けると以下のようなイエローカードをもらいます。

交際クラブでもパパ活アプリでも、遅刻やドタキャンをするほどこうした情報が共有され、男性からのオファーが少なくなることを理解しましょう。

時間にルーズなパパ活女性は正直稼げない

またそもそも、遅刻が普通だったりドタキャンしたいと考えていたりする場合、そもそもパパ活で稼ぐのは難しいです。非常に優れた容姿をもつ18~19歳や20代前半の女性であれば例外となるものの、一般的な素人女性で時間や予定にルーズな場合、正直なところ愛人としての価値がないです。

パパ活では手軽に稼ぎたい女性がいくらでもいる以上、男性からすると「他のパパ活女性を支援すればいい」と考えるのが普通です。例えば以下は、大手の交際クラブで登録されている女性の人数です。

ここにある通り、6,500人以上の女性が活動しています。一つの交際クラブだけでこの人数であり、他のデートクラブやパパ活アプリ、SNSを含めると、全体では数十万人もの女性が活動していることになります。

一般的な恋愛サービスと同じ感覚でパパ活をする場合、残念ながら稼ぐことはできません。高額なお金を受け取る以上、「大切な仕事をしている」のと同じ感覚で活動できる女性がパパ活で稼げるようになります。

遅刻やドタキャンしたい考えを改めるべき

パパ活の場合だと、一般的には男性よりも女性のほうが遅刻やドタキャン率が高くなります。ゼロの状態から金持ちになった富裕層で時間や予定にルーズな人はほとんどいないものの、一般女性だとわりとたくさんいるのです。

このとき10~15分ほどの遅刻であれば何も問題ありません。事前に連絡すれば、ほとんどの男性が許してくれるはずです。

一方で大幅な遅刻やドタキャンをする女性には残念な共通点があります。「インフルエンザに罹った」などであれば仕方ないものの、個人的な理由で勝手に遅刻やドタキャンをすることがあるのです。ただ、こうした態度ではパパ活でほぼ稼げませんし、交際クラブやパパ活アプリではこうした情報が共有されます。

自由恋愛であるため、遅刻やドタキャンは可能です。ただパパ活では、一般女性でそういう態度だと稼ぎにくいことは理解しましょう。


女性にとって、スキルがなくても誰でも簡単に稼げる方法としてパパ活があります。1回3~4時間ほど、男性と週2回会うだけで、月24~40万円の副収入となります。しかも現金手渡しなので、特に税金を課せられることはありません。

このとき、ほとんどの女性が交際クラブやパパ活アプリを利用してパパ活をスタートします。これらは愛人探しに特化しているサービスだからです。また、出会い系やSNSのように事件に巻き込まれることもありません。

ただ交際クラブやパパ活アプリは無数に存在します。また、利用する媒体によって男性の質や登録人数も異なります。

そこで交際クラブやパパ活アプリを厳選し、実際の私の経験を含めて「利用時の特徴」「展開エリア」「登録者の質」を含めて以下で解説しています。