女性が簡単にすき間時間で稼げる方法としてパパ活があります。わずかな時間で高額なお小遣いを手にできるため、多くの女性がパパ活をしています。

ただ収入を得る方法としては優れているものの、高額なお金が動く以上はトラブルが起こったり、大きなストレスによって疲れてしまったりすることがあります。そうなると、パパ活をやめたいと考えるようになります。

やめるときに明確な理由があったり、そもそもパパ活に向いていない人だったりする場合、そのまま終わらせたほうがいいです。一方で単なるストレスや後悔が理由の場合、男性を変えるだけですべてが改善されるようになります。

パパ活では正しいやり方があります。そこで、男性の愛人をやめたいときにどのように考えればいいのか解説していきます。

前向きで明確な理由があるならやめたほうがいい

パパ活をやめたい理由は人によってバラバラであり、中には前向きで明確な理由をもっている人がいます。例えば、以下のようになります。

  • 本当に好きな人ができた
  • これから留学する
  • 十分な貯金ができた
  • 夢を達成できそう(起業に成功した、芸能人で売れるようになったなど)

こうした明確な理由がある場合、パパ活を続ける意味はありません。もちろん生活費を稼ぐためにパパ活を続ける人は多いものの、パパ活をやめるのは何も問題ないです。

終わり方は、穏便にパパに断りを入れる

この場合、いま愛人関係にあるパパとは穏便に別れるようにしましょう。別れを伝える場合、特に言い訳を考える必要はなく、理由をそのまま伝えるようにしましょう。

ただ「好きな人ができた」など、直接の理由を伝えると微妙なケースもあります。そのため本当の理由を伝えたくない場合、少し濁した他の理由を伝えると効果的です。例えば、以下のような理由が最も一般的です。

  • 親にバレてしまった
  • 仕事(学校)が本格的に忙しくなった

要は、パパ活ができなくなってやめなければいけない理由を伝えるようにするのです。

後ろ向きな理由は当然として、たとえ前向きな理由であったとしても本音を隠したほうがいいケースはよくあります。そうしたとき、愛人関係を解消するにはこうした言い訳が最適です。

パパとの付き合いが微妙だと疲れやすい

ただパパ活を終わらせるとはいっても、前向きな理由ではないケースが非常に多いです。例えば、以下のような状況によってストレスを覚え、後悔したりやめたいと感じたりするようになります。

  • パパとトラブル・けんかになった
  • 男性の金払いが急に悪くなった
  • 愛人男性が生理的に無理になった

こうしてパパとの付き合いが微妙になってしまった場合、パパ活を苦痛に感じてやめたいと考えるようになります。

すべての悩みは人間関係からきやすいです。仕事でストレスを覚えるのは、人間関係が原因であるケースが多いです。パパ活でも同様であり、金持ち男性との関係性が悪くなったり、付き合いが微妙になったりしたときに大きなストレスを感じるというわけです。

ストレスや後悔が原因の場合、男性を切り替えるといい

ただ認識しなければいけないのは「パパ活自体が嫌になったのか、それともいまの男性との関係が嫌になったのか」を見極めなければいけません。

いま愛人関係のパパと単に関係が悪くなっただけなのであれば、男性を切り替えれば問題ありません。いまの男性がストレスや後悔の原因なのであれば、関係性を断てばいいのです。

やり方は簡単であり、男性をブロックするだけです。関係が悪くなったのであれば、そのまま連絡を切るだけですべての問題を解決できます。愛人関係というのは、互いの個人情報を知らず薄い関係で成り立っているのが基本なので、ブロックするのは何も問題ありません。

確かにパパ活市場では男性優位であり、金持ち男性の人数が少ないのは事実です。ただ富裕層男性は他にもたくさんいるため、悩んで後悔するくらいであれば、いますぐ関係を断ったほうがいいです。

分かりやすいイメージとしては「仕事で自殺してしまった人」のケースと似ています。自殺するくらいなら、いますぐ仕事をやめたほうがいいです。ただ本人は冷静な考えができず、仕事をやめるよりも自殺という道を選んでしまうのです。

同じようにパパ活で悩んでいる女性についても、「いまのパパとの関係をすべてゼロにすればいい」という冷静な考え方ができるようになれば解決できるケースが多いです。

そもそも、一般的な恋愛関係であっても相手が嫌になって大きなストレスを感じ、付き合っていることについて後悔することがあります。これについては、パパ活での愛人関係でも同様というわけです。

パパ活以上に手軽に稼げる方法はほぼない

なお、単に男性との関係性が悪くなっただけであり、パパ活自体に問題がないのであれば、他の男性に切り替えてパパ活を継続すれば問題ありません。実際のところ、パパ活以上に手軽に稼げる方法はほとんどないからです。

パパ活をする場合、男性と一緒にデートしてホテルに行けば、3~4時間ほどの拘束時間で3~5万円を稼げます。しかも食事で行ける店は高級店であり、自分がお金を出さなくて問題ありません。

社会人として働く場合、手取りで月20万円を稼ぐだけでも難しいです。一方でパパ活の場合、相場を低く見積もってデート一回で3万円としても、週2回ほど3~4時間デートするだけで月24万円です。

  • 3万円 × 週2回 × 4週間 = 月24万円

収益性という意味では圧倒的に効率的であり、それ以上に稼ぐとなると「夜の店で勤務する」などになります。ただこの場合、3~4時間ほどのすき間時間での小遣い稼ぎは無理です。パパ活は非常に手軽だからこそ、多くの女性がしているのです。

またパパ活をすること自体を後悔する意味はなく、多くの女性が男性とデートした後にホテルへ行くことでお金を稼いでいます。また男性は嫌々ながらお金を支払っているのではなく、感謝の対価として数万円のお金を支払っています。こうしたお金をもらうのは何も問題ありません。

そのためパパ活自体が嫌でないのであれば、手軽にお小遣いを稼ぐために続ければ問題ありません。男性さえ変えればいいからです。

一時休止し、復活するのは問題ない

なお疲れたのであれば、一時休止してもいいです。実際のところ、何か理由があって一時的にパパ活を休止し、その後に復活した女性はたくさんいます。

ストレスでやめたいと考えたり、疲れてしまったりしたとき、いくらパパ活が稼げると分かっていたとしても、やる気が元に戻るためには時間がかかります。そこで一時休止して、数ヶ月後に再開するのです。

例えば以下は、交際クラブで男性が確認できる女性のプロフィールです。

この女性の場合、仕事が理由で休止していたものの、復帰しました。交際クラブでもパパ活アプリでも、一時休止することができます。その後、手軽に稼ぐためにパパ活を再開すればいいです。

食事のみや時間にルーズなど、根本的に問題だと微妙

ただ場合によっては、男性との関係性がダメになったのではなく、「パパ活をしたが稼げない」「男性との関係性が続かない」などの理由によって疲れている女性もいます。要は、努力しているのに結果が出ないのです。ただこの場合、女性側に根本的な原因があることが多いです。

根本的な理由がある場合、いくら活動したとしてもパパ活で稼げません。結果が出ないため、疲れてしまってパパ活自体をやめたいと考えるようになるのです。理由としてはいくつかあり、例えば以下は代表例です。

  • 食事のみに限定している
  • 時間にルーズ
  • 考え方を変えず、やり方が同じ

パパ活で最も人気のない女性として、食事のみの女性がいます。こうした女性は男性にとってメリットがほぼなく、何度もデートするのは時間の無駄です。そのため美女であっても不人気になりやすいです。

要は、こうした女性は「男性が何を求めているのか理解していない」といえます。男性は自分好みの女性とデートし、ホテルに行きたいから高額なお金を交際クラブやパパ活アプリに支払っているのです。そのため、ホテルへ行けない女性は金持ち男性の愛人にはなれません。

また時間にルーズな女性も長続きしません。例えば1時間を遅刻した場合、女性としてはもらえるお手当の額は変化しないので特に損をしないです。一方、男性にとっては早めにデートを切り上げる必要があり、大幅に損をしていることになります。また、その後の予定がすべて狂います。

ただ人間である以上、最初はいろいろ失敗します。しかし、これらの失敗を教訓にして改善できない女性だと、当然ながらパパ活で稼げません。そうして努力しても結果が出ず、パパ活に疲れてやめていきます。

一方でうまくいく女性は考え方を変えられる人です。例えば以下は、交際クラブに登録されている女性に対するスタッフのコメントです。

「交際タイプをAからBに」というのは、「食事のみから、フィーリングが合えばホテルに行ってもいいに変えた」ことを意味します。このように、パパ活で稼ぐためには考え方を修正していかなければいけません。

お金を求めすぎる女性はパパ活に向いていない

パパ活に向いていない人としては、他にもお金を求めすぎる女性が該当します。もちろん稼ぐために金持ち男性の愛人になるわけですが、あまりにもお金のことばかり考えていると結果的に稼げません。

港区女子という言葉があり、パパ活で稼ぐことで豪勢な生活を披露している女性がいるのは事実です。ただ実際のところ、幻想にすぎません。99%フィクションの世界であり、彼女たちの情報発信を真に受けている時点で稼ぐのに向いていないといえます。

富裕層男性とはいっても、基本的にはケチです。そもそもケチだからこそ無駄な経費を抑え、経営者や医師としてビジネスで男性は成功しているのです。金銭感覚はサラリーマン男性とそこまで変わらないわけであり、そうした人たちにお金ばかり求めるとドン引きされ、愛人になることはありません。

そもそも、お金のことばかり見ている「スレた女性」というのは価値がないです。それだと、男性にとってはプロの女性を相手にしているのと同じです。

また本当の意味で稼げるパパ活女性というのは、一回デートの単価ではなく、何度も男性と会うことを考えます。例えば一回デートで5万円などと高めのお金を要求してもいいですが、この場合だと一回きりで終わる確率が高くなります。

一方で一回3万円と低めであったとしても、週1回会うことができれば、それだけで月12万円です。

  • 3万円 × 週4回 = 月12万円

また、これが一年続けば年144万円です。お金のことばかり考えて稼げない女性がいる一方、そこまでお金を求めないけど稼げる女性がいるのは、こうした正しい稼ぎ方や男性の根本的な心理を理解していないからといえます。

連絡に疲れるなら交際クラブを検討する

なおパパ活をするとき、普段の仕事(学生なら勉強)がある中で活動しなければいけません。そのため人によっては、日々の生活が忙しいためにパパ活が疲れると感じることもあります。一般的なアルバイトに比べると圧倒的に楽ではあるものの、デートするためには男性とメッセージのやり取りをしなければいけません。

特に最初の男性を見つけるのが大変であり、パパ活アプリを利用している場合は自らメッセージを送るなど精力的に活動する必要があります。

これらに疲れる場合、複数の交際クラブを利用するなど、パパの見つけ方を変えるのは問題ありません。パパ活アプリには多くの男性がいる一方、女性からも積極的にメッセージを送らなければデートできません。

一方で交際クラブの場合、男性からのオファーをひたすら待つ媒体になります。以下のように、会員サイトから男性はデートセッティングのオファーを交際クラブ側に出します。

そのため女性からアプローチはできないものの、顔合わせのデート日程の調整などは交際クラブ側がしてくれるため、最初のやり取りが非常に楽です。

男性を見つけるとき、連絡が苦にならない場合はパパ活アプリの利用で問題ありません。ただそうでない場合、待ちの姿勢にて男性からのオファーを待つデートクラブを複数利用すれば、デートセッティングのための連絡で疲れることがなくなります。

やめたいときの方法や考え方を理解する

高額なお金が動き、さらには男女の関係である以上、どのような人であっても「パパ活でストレスを感じ、やめたい」と考えることはあります。そうしたとき、終わり方は簡単です。男性に理由を伝え、そのまま関係を終わらせるようにしましょう。

ただ女性にとって、パパ活以上に手軽に稼げる方法はほぼありません。そのため男性との関係が悪いために疲れているのであれば、いまの男性との関係を解消するだけで問題を解決できます。またストレスの度合いが大きい場合、一時的に休止してもいいです。

しかし中には、食事のみや時間にルーズ、金への執着が強いなど、根本的に問題のある女性もいます。また考え方を変えられない場合、稼ぐのはほぼ無理です。この場合、確かにパパ活をするのは向いておらず時間の無駄なのでやめたほうがいいです。

ただそうでない場合、パパ活は手軽に稼げる方法として優れています。また頻繁な連絡が面倒な場合、交際クラブを有効利用してもいいです。こうしたポイントを理解して、パパ活の継続や休止を考えるようにしましょう。


男性にとって、効率的に自分好みの女性と会える最も優れた方法が交際クラブです。アプリのように、女性の顔すら分からない状態で会うことはありません。またパパ活女性にとっても、確実に富裕層の優れた男性とのみ会えるのが交際クラブです。

女性はすべて交際クラブを無料で利用できます。そのため、金銭的なリスクなくパパ活をスタートできます。

一方で男性では、高額な入会金やデートセッティング料が必要なため、事前にどのデートクラブが優れているのか理解しなければいけません。

「利用金額」「支店の数」「在籍する男性・女性の数」など、それぞれ交際クラブは特徴があります。また私がこれまでにいくつもの交際クラブに登録し、失敗してきた経験から、どのデートクラブが最適なのか厳選して以下で紹介します。