パパ活は一般的に都市部で盛んであるものの、当然ながら田舎でも頻繁に行われています。地方都市に住んでいる人もたくさんいるからです。

ただ田舎でパパ活をするとなると、どうしても都市部に住む人とはやり方が違ってきます。地方でどのようにパパ活で稼ぐのか、事前に戦略を理解していないと優れたパパ(男性)を見つけることができないのです。

方法はいくつかあり、登録者数の多い大手の愛人マッチングサービスを利用するのは当然として、「地方出張中の男性を狙う」「休日に都市へ出向いてデートする」など正しく行うようにしましょう。

そこで、地方在住者の女性がどのようにパパ活で効率的に稼げばいいのかについて解説していきます。

数は少ないが地方でも金持ち男性はいる

パパ活では富裕層男性とデートすることによって、簡単にお金を得ることができます。このとき富裕層は東京や大阪などの都市部に限らず、地方にもいます。

もちろん絶対的な人数は少ないです。例えば田舎で成功している30~40代の富裕層男性は皆無に等しいです。一方、東京に行けば大金持ちの20代がいるのは普通です。地方出身であっても能力のある人は東京などの都市部に住むのが一般的であり、地方だと富裕層は非常に珍しい存在になります。

ただ経営者の数は少なくても、地方であっても医師などの金持ちはたくさんいます。また少ないながらも、儲かっている経営者はいます。そこで、こうした人たちを何とかして捕まえなければいけません。

また実際のところ、地方在住者でも愛人マッチングサービスを利用して富裕層男性を探している女性はたくさんいます。例えば以下は、交際クラブ(デートクラブ)に登録されている女性になります。

この女性の場合、島根県が居住地域です。人口の非常に少ない島根県であっても、問題なくパパ活をすることができるというわけです。

地方出張中のパパを狙うのは普通

ただ地方在住者の場合、いま住んでいる地域の周辺に住むパパ(男性)からのみオファーが来るわけではありません。東京や大阪などの都市部に住んでいる人からデートオファーをもらうこともよくあります。

理由としては、都市部に住んでいる富裕層が地方出張することがよくあるからです。

金持ち男性が出張するとき、仕事をした後は暇です。そこで、夜にその土地周辺に住む女性とデートをしたいと考えるのは普通です。要は、現地妻のような感じで愛人をもつというわけです。

こうした需要があるため、たとえ地方在住者であっても都市部の男性からオファーを受けることがあるというわけです。

休日に都市へ行き、デートするのは承諾するべき

また田舎に住んでいる人の場合、地方出張中のパパを狙うだけでなく、自らも都市部に出向くようにしましょう。より具体的にいうと、「交通費をもらうことができる場合、パパが住むエリアに出向いても問題ない」とするのです。

移動時間はあるものの、金持ち男性のお金によって都市部に行くことができます。パパとのデートは長くても3~4時間なので、その他の時間は自由です。個人的に旅行をしてもいいし、ショッピングを楽しんでも問題ありません。

金持ち男性が都市部に偏っているという事実は変わりません。そこで、休日など時間があるとき、都市へ出向くのをOKにするのです。例えば以下は富山に住んでいる女性になります。

この人の場合、土日は県外を含め全国OKとしています。地方在住のパパ活女性はどうしても同じ県内の金持ち男性からのオファーが少ないため、このように全国OKにしている人が相対的に多くなります。そうしないとパパ活で稼げる機会が少なくなるからです。

大手の交際クラブやパパ活アプリの利用は必須

それでは、地方在住の女性がパパ活をするにはどのようにすればいいのでしょうか。このとき最も重要なのは、大手の交際クラブやパパ活アプリを利用することです。要は、全国展開している愛人マッチングサービスを利用しなければいけません。

特定の都市だけに特化している交際クラブ(例えば広島特化の交際クラブ)の場合、その周辺に住んでいるパパのみがターゲットになります。そうなると、東京や大阪などの都市部に住んでいる超富裕層を相手にすることができません。

つまり都市部に住む地方出張中のパパや、都市部まで出向くために交通費を出してくれるパパをターゲットにすることができないのです。そこで、大手の交際クラブまたはパパ活アプリの利用が必須です。

例えば以下は、全国展開している最大手の交際クラブの支店一覧です。

日本だけでなく海外支店までもつ交際クラブです。いずれにしても、こうした交際クラブやパパ活アプリを利用するようにしましょう。

愛人マッチングサービスでは、東京や大阪など特定の都市のみに対応しているケースが非常に多いです。ただ地方在住のパパ活女性にとって、特定の都市のみ対応している愛人マッチングサービスは利用価値がないので避けるようにしましょう。

登録は都市部の交際クラブまたはリモートとなる

なお田舎に住んでいるケースではあっても、登録場所は都市部の交際クラブの事務所になるケースが多いです。要は、住んでいる場所と登録場所が異なるのです。

例えば以下の女性の場合、登録エリアは広島であるものの、居住場所は岡山です。

このように登録地域と住んでいる場所が異なるのは普通です。また実際に登録をするとき、事務所に行かずに登録することは可能ですが、金持ち男性から選ばれるためには写真が非常に重要です。そのため、特別な理由がない限りはデートクラブ側の事務所に出向いて写真を撮ることをおすすめします。

またはリモートで登録を済ませ、地元の撮影スタジオなどで写真を撮影し、それをプロフィール用として交際クラブ側へ送っても問題ありません。

なおパパ活アプリの場合だと、事務所はそもそも存在しないので自分で写真をアップすることになります。ただそれでも、富裕層男性に提示する写真の良し悪しによってオファーが来るかどうかがまったく違ってくるようになります。

相場は同じだが、高すぎる条件は微妙

なお田舎でパパ活をするとき、気になるものとして受け取れるお金があります。これについて、パパ活市場では基本的に住んでいる場所によって相場が大きく崩れることはありません。つまり、東京や大阪などでパパ活をするときに比べて、受け取れるお金はほぼ同じと考えましょう。

具体的には、お手当相場は以下のようになります。

  • 食事のみ:1万円
  • ホテルまで行く:3~5万円(食事分を含む)

ただこのとき、地方在住者で高すぎるお手当を要求しすぎるとパパとの関係性を継続させることができません。例えば田舎で一回デート5万円だと「高いな」と考えてしまうパパは多くなってしまいます。

都市部に住んでいる男性であっても、女性に交通費を出す場合、お手当だけでなく往復の新幹線代(または飛行機代)を渡さなければいけません。その分だけ支出が増えるため、要求するお手当額が高いと「他の女性とデートする方が効果的なのでは」と考えてしまうのです。

もちろん「ホテルありで3万円」という最低金額よりも金額を低くする必要はありません。ただ4万円や5万円など、高めのお手当要求を考えている場合、その金額で金持ち男性と継続的な関係を作れるかどうかを考えるようにしましょう。

田舎に住む地方在住者でもパパ活は可能

たとえ地方に住む女性であってもパパ活をすることができます。実際のところ、人口が著しく少ない県に住んでいる女性であっても、問題なく富裕層男性とデートをしている実態があります。

ただ東京や大阪に住んでいる人とは異なり、きちんと戦略を考えなければいけません。周囲にいる金持ち男性は圧倒的に少ないため、まずは全国展開している大手の交際クラブやパパ活アプリを利用するようにしましょう。

それに加えて出張中のパパを狙い、さらには「交通費をもらえるのであれば、全国OK」にすると、よりパパ活で成功しやすくなります。

都市部に住んでいる女性と異なり、田舎に住んでいる人はどうしてもパパ活をするときに苦労しやすいです。そこでこれまで解説した方法によって、できるだけパパ活でのチャンスを広げるようにしましょう。


男性にとって、効率的に自分好みの女性と会える最も優れた方法が交際クラブです。アプリのように、女性の顔すら分からない状態で会うことはありません。またパパ活女性にとっても、確実に富裕層の優れた男性とのみ会えるのが交際クラブです。

女性はすべて交際クラブを無料で利用できます。そのため、金銭的なリスクなくパパ活をスタートできます。

一方で男性では、高額な入会金やデートセッティング料が必要なため、事前にどのデートクラブが優れているのか理解しなければいけません。

「利用金額」「支店の数」「在籍する男性・女性の数」など、それぞれ交際クラブは特徴があります。また私がこれまでにいくつもの交際クラブに登録し、失敗してきた経験から、どのデートクラブが最適なのか厳選して以下で紹介します。