彼女や愛人ができたとき、お泊りするのは普通です。宿泊デートをすることで、より親密な仲になるのです。

交際クラブ(デートクラブ)を活用すれば、あなた好みの美人女性とデートすることができます。このとき、単に食事をしてホテルで関係を持つだけでは面白くありません。お泊りを含む旅行デートを企画するといいです。

ただ、当然ながら宿泊を伴うデートでは注意するべきことがあります。また、旅行をするとはいっても、どこに行けばいいのかわからない人は多いです。ここでは、「デートクラブを利用して女性と会い、お泊まりデートをするときの注意点」について解説していきます。

デート初日は宿泊を避ける

新たな彼女や愛人を見つけるとき、交際クラブは非常に優れています。若くて美人な女性が非常に多く登録しており、さらには男性の数よりも女性のほうが圧倒的に多いため、好みの女性を選びたい放題だからです。

主に富裕層男性が利用する交際クラブですが、金銭的にも時間的にも余裕がある男性であれば、必ず利用するべきなのが交際クラブです。

デートクラブを利用するとき、自由恋愛なので女性が承諾してくれる場合はどのようなことを要求しても問題ありません。もちろん夜の店ではないので女性は断る権利があるものの、承諾するのであれば何でもありなのです。

当然、お泊まりデートをすることも可能です。ただ、必ず避けるべきことがあります。それは、初日の宿泊デートです。旅行を含め、交際クラブで会った女性とお泊まりデートをしたい場合、何回か会って信頼関係を築いた後にしましょう。

私もデートクラブを活用して、妻に内緒で愛人と何度も宿泊デートを重ねましたが、お泊りに誘ったのはどれも数回ほどデートをした後です。

知人の男性経営者の中には、会った初日にお泊まりデートをしたとき、女性から時給換算で15万円ほど請求されてトラブルになったことがあります。食事2時間、ホテル2時間(合計4時間)で女性に支払うお手当が5万円だとすると、夜19:00に会って朝7:00に解散すると12時間なので合計15万円です。

さすがにこれは女性の性格が悪い気がするものの、女性と初対面でまったく信頼関係を築けていない段階で宿泊デートにすると、こうしたリスクがあります。これを避けるため、デート初日でのお泊まりはなしにしましょう。たとえ終電を逃したとしても、タクシー代を払って女性を帰すといいです。

3回目のデートからはお泊まり可能

初回デートや二回目のデートでは、残念ながらまだ信頼関係を築けていません。たとえ、初日にホテルに誘って女性と大人の関係になれたとしてもです。

それでは、どのタイミングであれば問題ないかというと、2回目のデート以降が適切です。つまり、3回目のデートからは旅行を含め宿泊デートに誘っても問題ないといえます。

このときの誘い方は簡単です。「せっかくだから、今度は一緒に温泉でも行ってみない?」などのように、2回目のデートで誘ってみるだけです。このときの反応によって、「旅行デートが問題ない女性かどうか」を判断しましょう。

「えっ、本当ですか! ぜひとも行きたいです」のような反応であれば、その場で日程を決めてしまいましょう。一方で「ちょっと来月まで予定が詰まっているので……」と反応が微妙な場合、旅行デートは諦め、その女性を切るかどうかを踏まえて今後を検討するといいです。

いずれにしても、デートクラブで会った彼女や愛人と宿泊デートしたいと考える場合、かしこまらず気軽な気持ちで誘ってみるようにしましょう。そのときの返答次第で女性がどう考えているのか把握できるようになります。

お手当の金額はどれくらいなのか

宿泊デートとなると、当然ながら夜は大人の関係に発展します。男女が一緒の部屋に泊まるので、宿泊先のホテル(旅館)で大人の関係になるのは当然だといえます。

交際クラブでの出会いですし、大人の関係が発生することを考えると、当然ながら女性にお金を渡さなければいけません。

愛人契約を結んで「月に20万円を支払う」などのように契約している場合、特に上乗せ費用は必要ありません。あとは、女性を喜ばせるために素敵な旅行プランを練るようにしましょう。

ただ、困るのは単発でお金を支払っているケースです。このときのお手当の費用はどうなるのでしょうか。

宿泊であるため、その分だけ女性を拘束することになります。そうなると、通常の金額にプラスしなければいけないのでしょうか。これについては、いつも渡している金額よりも多めのお金を女性に渡すようにしてください。その方が女性は喜びますし、次回の旅行デートは非常にスムーズになります。

一般的なデートの場合、お手当の費用は3~5万円です。これに2~5万円を加算しましょう。つまり、以下のようにします。

  • お手当が3万円の場合:5~6万円を渡す(一泊二日の場合)
  • お手当が4万円の場合:6~8万円を渡す(一泊二日の場合)
  • お手当が5万円の場合:8~10万円を渡す(一泊二日の場合)

例えば、このようになります。費用は高くなりますが、いつも渡している金額の1.5~2倍の金額を渡せば問題ありません。

もちろん、支払う額については男性が決めるものなので、これより金額が多いのは問題ありません。女性の反応次第では、プラス料金なしでも問題ないことは多いです。ただ、一般的にはこのように考えて手渡しするようにしましょう。

最も無難な旅行デートは温泉

それでは、彼女や愛人と宿泊をするとはいっても、どこに旅行すればいいのでしょうか。これについて、最もおすすめなのは温泉です。

旅行とはいっても、人によって楽しいと思えるものが違います。山登りが好きな人がいれば、お寺巡りに魅力を感じる人もいます。ただ、実際のところ趣味が合うとは限りません。

ただ、男性や女性を含めどのような人であっても確実に好きなものがあります。それが、温泉です。温泉デートであれば、失敗するリスクは限りなくゼロです。そのため、初回のデートは「温泉旅行にでも行ってみない?」と伝えれば問題ありません。

このとき、近場の温泉にしましょう。例えば関東であれば、箱根や熱海などが適切です。いずれにしても、最初は近場がいいです。

また、このときは「個室内に貸切露天風呂がある」などの部屋を必ず予約するようにしてください。デートクラブは富裕層が利用しますが、女の子は当然ながらグレードの高い温泉旅館を期待しています。この期待を裏切ってはいけません。

なぜ、女性があなたとお泊まりデートをして、夜には体を許してくれるかというと、単にお手当が欲しいだけではなく、普通では宿泊できない場所を訪れることで非日常を味わいたいからなのです。そのため、当然ですが安い宿は論外です。

例えば、私は交際クラブで出会った女性と以下のような宿に泊まったことがあります。

部屋には貸し切りの露天風呂があり、このときは女性と一緒に入ることになります。当然、露天風呂で体を温めた後、部屋に戻ってそのまま体を重ね合わせました。

冬に出向き、少し遠い温泉宿だったのですが、当然ながら女性は感動してくれました。あなたの使命は女性に非日常を味わってもらい、喜んでもらうことにあります。

温泉旅行は外すことがありません。どのような人であってもおすすめの宿泊デートが温泉なのです。

国内旅行は有名な場所へ行く

また、温泉ではなく普通の旅行をしたい場合、これについても無難で外さない場所が適切です。例えば、京都や沖縄、北海道などです。こうした場所もほぼ確実に喜んでくれます。

例えば、京都であれば特殊な遊び方が可能です。舞妓さんを呼べば、それだけで女性は喜んでくれます。

また、沖縄であればあらゆる場所にきれいな自然が広がっています。

なお、ディズニーランドやUSJなどのテーマパークについては、判断が分かれます。

特にあなたが40代や50代などわりと年齢が上であり、女性が20代と非常に若い場合、テーマパークでデートするという選択は微妙です。年齢が近い場合は問題ありませんが、そうでない場合の国内旅行はテーマパーク以外が無難です。

もちろん、女性側がディズニーランドやUSJでのデートを望んでいるのであれば何も問題ないため、これについては女性次第だといえます。

なお、国内旅行の場所を決めるときは女性に尋ねてみてもいいです。「どこか一度は行ってみたい場所ってないの?」と聞くだけです。その後、「だったら、僕と一緒にそこへ行こうよ!」と提案すれば問題ありません。既に関係性を築けており、温泉旅行などを経験済みの場合は必ず承諾してくれるはずです。

海外旅行も問題ない

なお、より長いスパンで女性と一緒に過ごし、濃密な時間を共有したい場合は海外へ出向いても問題ありません。

無難な国といえば、近くなら韓国や香港が思い浮かびます。少し足を延ばすのであれば、タイやシンガポールです。セブ島(フィリピン)やモルディブなどのリゾート地でも問題ありません。また、お金を出してもいいのであればヨーロッパもおすすめです。

例えば、以下はフィリピン・セブ島で女性と一緒に遊んだときに撮影した写真です。

海外へ行くとき、旅行ツアーを利用する場合はプライベートツアーに申し込むようにしましょう。そうでなければ、愛人を一緒に連れていく意味がありません。他の団体客と一緒に行動しても面白くありません。

ちなみに私の場合、交際クラブで会った彼女を海外旅行に連れていく場合、旅行ツアーは使いません。航空券やホテルを必ず自分で取って行くようにしています。その方がプライベートの旅になり、より女性と親密になれるからです。

ただ、どちらかというと旅行代理店を通さず、ツアーではない旅行は上級者向けとなります。心配な場合、旅行ツアーの中でもプライベートツアーを組んでもらえる旅行代理店に申し込むといいです。

海外旅行は予想以上に高額になる

なお、注意点として海外旅行は非常に支払う金額が高くなることがあります。これは、航空券代やホテル代などを指しているのではありません。費用が高額になるのは、女性の買い物代です。

男性では理解できないですが、なぜか女性は買い物が大好きです。旅行雑誌を確認しても、男性が興味をもたないショッピング記事が必ず掲載されています。さらにいえば、美人女性であるほど美容やファッションに気を使っており、ショッピングが大好きな傾向が強いです。

そのため、旅行そのものの費用よりも女性への奢り代(買い物代)が異常に高くなると考えてください。海外での滞在中に「行ってみたい場所があるけどいい?」と、高級デパートに連れていかれて買い物をねだられてしまうのです。

なお、こうした事態を避けつつ、海外旅行をしたい場合はリゾート地がおすすめです。

リゾート地は田舎であり、海しかありません。都会のように栄えていないため、高級な買い物などをしなくてもマンゴージュースを奢るだけで女性は満足してくれます。

ただ、リゾートであると高確率で女性からエステや高級マッサージをお願いされることになります。リゾート地では、料金数万円ほどの高級エステを女性は受けようと考えるのです。これについては、ブランドのバッグに比べると非常に安いので奢ってあげるようにしましょう。

女性との旅行デートを楽しむ

普通では付き合えないような美女であっても、交際クラブを利用すれば問題なく彼女にすることができます。こうした愛人との旅行を考えるとき、初回ではなく3回目からのデートでお泊りに誘うようにしましょう。

このときは温泉旅行が最も確実で失敗しません。「温泉が嫌いな女性はこの世に存在しないのでは」と思えるくらい、誰もが温泉好きだからです。

ただ、温泉以外の旅行となると人によって好みが分かれます。そのため、国内旅行では有名な場所を選んだり、女性が行きたい場所を聞いたりするといいです。

海外についても、女性と相談しながら行先を決めるようにしましょう。

デートクラブを利用すれば、簡単に愛人を見つけることができます。ただ、自由恋愛なので女性とどのように付き合うのかはあなた次第です。ただ、お泊まりをするときはいくつもの注意点があるため、ここまで述べてきたポイントを理解したうえで旅行に誘いましょう。