手軽に女性が稼げる方法としてパパ活があります。このときパパ活女性によって金持ち男性とデートする回数は異なります。

ただ複数のパパと愛人関係になった場合、スケジュール管理が大変になります。また適切な頻度でメールを送らなければ、せっかく愛人関係になったとしても自然消滅してしまいます。もちろん、連絡頻度が多すぎてもダメです。

パパ活をするとき、正しいスケジュール管理やメッセージの頻度があります。また、そもそも「月に何回ほどパパとデートするのが最適なのか」を理解しなければいけません。

そこで、パパ活での適切なスケジュール管理や連絡頻度について解説していきます。

デートの頻度は稼ぎたい額から逆算する

スケジュール管理や連絡頻度について理解するためには、まずは「月に何回のデートをするのが最適なのか」を理解しなければいけません。要は、あなたが稼ぎたい目標額を設定するのです。目標額によって月のデート回数が大きく異なってくるからです。これを理解しないと、最適なスケジュールや連絡頻度を知ることはできません。

大前提として、食事のみの女性は男性から人気がなく、現実的にほぼ稼ぐことができないため、「男性に問題なければ、1~2回の食事後にホテルへ行ってもいい」と考えられる女性に限定して話を進めます。

ホテルありの場合、お手当の金額は普通は3~5万円です。あなたの容姿や年齢によって金額は異なり、値段は言い値になります。20代前半のかなりの美人だと5万円となり、一般的な容姿の場合は3万円です(芸能人やモデルだと8万円などになります)。

現実には一回3万円の女性が多いため、この金額で話を進めていきますが、あなたが月に稼ぎたい金額はいくらでしょうか。稼ぎたい額が決定すれば、月に何回のデートをすればいいのか分かります。デート回数と稼ぎの額は以下のようになります。

  • 月12万円:月4回(週1回)
  • 月24万円:月8回(週2回)
  • 月36万円:月12回(週3回)
  • 月48万円:月16回(週4回)

一般的には、週2~3回ほどデートをしている女性が多いです。これくらいのデート頻度だと特に日常生活に支障がなく、それでいて大きく稼げるからです。パパ活女性で月20~30万円を稼いでいる人が多いのはこうした理由からになります。

パパ活では土日の昼にデートしてもいいですし、仕事終わりの夜にデートしてもいいです。すき間時間にて3~4時間の拘束時間で高額なお金を稼げるのです。これらを理解し、月に稼ぎたい額からデートの頻度を計算しましょう。

付き合うパパの数は目標額から自然に決まる

このように月に行うべきデート回数が分かれば、何人のパパと付き合えばいいのか分かります。例えば月に8回デートして月24万円を稼ぐにしても、一人のパパと月に8回デートすることはありません。そのため、複数のパパと愛人関係になるのが普通です。

このとき、稼ぎの目標金額によって付き合うべきパパの人数が決まります。大まかに以下のようになります。

  • 月5~10万円:1~2人
  • 月20~30万円:4~5人
  • 月100万円:10人以上

本業でパパ活をする人なら一度に10人以上と連絡を取り合うものの、副業なら一般的には多くても4~5人の男性とやり取りすることになります。月20~30万円を稼ぐ場合、4〜5人くらいのパパが必要になるというわけです。

また月5~10万円でいい場合、特にスケジュール管理を気にせず月1~2人の富裕層男性とデートをすればいいです。

スケジュール管理はアプリで行う

一方で複数のパパと愛人関係になる場合、確かに稼げる金額は非常に多くなるものの、その分だけスケジュール管理が大変になります。

このときメモ帳やカレンダー帳を利用している人であれば、そうした媒体を利用してスケジュール管理をしても問題ありません。また一般的には、スケジュール管理アプリを利用して管理します。以下のようなカレンダーアプリは世の中にたくさんあります。

ちなみに私の場合、Googleカレンダーを主に利用しています。予定ごとに色分けすることができ、予定変更があったとしてもその場で修正することができて便利です。

いずれにしても、スケジュール帳やスケジュール管理アプリを利用してパパとのデートだけでなく、その他のプライベート予定も含めて管理するようにしましょう。

連絡頻度は多すぎるとダメ

ただこのように複数の男性とデートをしてスケジュールを管理し、大きなお金を稼ぐとはいっても、パパとの関係性を続けなければいけません。また次回のデート予約をする必要もあります。

注意点として、連絡頻度は多すぎるとダメです。もちろん男性の性格によって異なるので、「連絡頻度の多い少ない」については人によって調整しなければいけません。ただ一般的には、金持ち男性は日々の仕事が忙しいので何度もメッセージのやり取りをしている暇がありません。

これが恋人同士であれば、毎日メールをすることになります。ただ愛人関係と恋人は異なります。愛人というのは、男性にとってみると「都合のいい存在」といえます。つまり、自分好みの女性と好きなタイミングでデートし、ホテルに行くのが愛人といえます。

そうしたとき次回のデート内容や日時など、必要最低限のメッセージに留めると最適です。そのようになると、多くても週2~3日ほどの連絡頻度になるはずです。愛人関係というのは、これくらいの連絡頻度でも特に問題ありません。

何もメッセージがないと自然消滅する

ただ少なすぎてもダメです。あなたからまったく連絡せず、きっかけとなるメッセージが常に男性側からくる場合だと、愛人関係は自然消滅する可能性が高いです。

パパ活市場というのは、圧倒的に男性優位です。手軽に稼ぎたい女性はくさるほどいる一方、富裕層男性は少ないからです。それにも関わらず、あなたとデートをして高額なお金を支払ってくれるパパとの関係が途絶えるのはもったいないです。

相手男性に特に問題がないのであれば、連絡頻度が少なすぎると稼ぐことができないので、あなたからもメッセージを送るようにしましょう。最低でも週に1回のメッセージがあるのが望ましいです。

イメージとしては、夜の店で働いている女性が営業メールをするのと似ています。男性が店に来てくれれば、それだけ夜の店で働く女性の収入は増えます。同じように、少なくても週に1回はパパとメールをするようにしましょう。

またできるだけ早い段階で次回デートの約束を取り付けるといいです。可能ならデートの終わりに次回のデート予約を取り付けましょう。それが無理でも、次回デートの約束を取り付けるまで、あなたからメールを送らなければいけません。

デートの約束さえ取り付けることができれば、「次回はこのお店に行ってみたい!」などのように、希望を伝えるだけでメッセージが発展していきます。恋人のように毎日は必要なく、多くても週2~3日ほどのメッセージで問題ないため、これについては大きな負担ではありません。

返信は早めに返すといい

なお連絡頻度はそこまで多くなくてもいいものの、返信は早めに返すようにしましょう。男性からメッセージをもらった後、1日以上も放置するのは厳禁です。それをする場合、男性のほうから連絡を遮断されます。

パパ活で付き合うことになるのは例外なく全員が金持ち男性です。こうした富裕層は経営者や医師、弁護士など、それなりの人物ばかりになります。

金持ちの人は全員、仕事ができる人といえます。こうした稼げる人は例外なく、仕事関係については素早くレスポンスを返します。愛人との連絡については返信が遅くなることはあっても、仕事では返信が速いのです。

このとき、女性にとってパパ活は高額なお金を稼ぐ手段であり、見方を変えれば「仕事」といえます。そのためたとえ男性からの返信が遅かったとしても、パパ活女性はできるだけ早めに返信することを心がけましょう。

パパ活女性にとって、返信を遅くすることによるメリットは一つもありません。恋人関係とは異なり、駆け引きをする意味はないからです。また男性にとってみれば、愛人マッチングサービスを利用すればあなた以外にも若くて美人な女性をいくらでも探すことができます。

そのためパパをつかまえたら、できるだけ連絡が途絶えないように努力しなければいけません。そのためメッセージの連絡頻度は多くなくていいものの、パパからのメッセージについては素早く返すようにしましょう。

新規パパを見つける努力を同時にするといい

なお連絡頻度やメッセージの内容を工夫したとしても、どうしてもパパは入れ替わっていきます。同じパパと何年も付き合っていけることはあるものの、その年によってパパのメンツが大きく変わるのは普通です。

そのため、いまのパパとはメッセージのやり取りやデートを継続しつつも、新たなパパを探し続ける努力も同時に行いましょう。

一人パパが減るだけでも、月の収入が6~10万円ほど減るのは普通です。また同じパパと週に何回もデートするわけではないため、どうしても複数のパパが必要になります。ただ前述の通り、パパ活では富裕層男性の数が圧倒的に少ないため、パパを見つけるのは意外と大変です。

事実、交際クラブでは男性会員の8倍の女性会員が在籍しています。当然、パパ活アプリでも同様の状況です。そのため愛人マッチングサービスを利用して新規パパを見つけつつ、既存のパパともデートを重ねるようにしましょう。

最適なスケジュール管理やメッセージの連絡頻度を学ぶ

パパ活というのは、「男性と愛人関係になる」ことを指します。そのため恋人のように毎日メッセージのやり取りをする必要はなく、連絡頻度は多くても週2~3日ほどで問題ありません。

このとき稼ぎたい金額から逆算して、月に何回のデートをすればいいのか確認しましょう。そうすれば、どのようにスケジュール管理をすればいいのか分かってきます。同時に付き合うべきパパの人数も決まってきます。

目標金額から考えて、月に何回のデートを行い、スケジュール管理をどのようにすればいいのかを考えるようにしましょう。同時に新規パパの発掘も行うといいです。

女性がパパ活をするとき、正しい考え方があります。これらを理解して、パパ活にて稼ぐようにしましょう。


男性にとって、効率的に自分好みの女性と会える最も優れた方法が交際クラブです。アプリのように、女性の顔すら分からない状態で会うことはありません。またパパ活女性にとっても、確実に富裕層の優れた男性とのみ会えるのが交際クラブです。

女性はすべて交際クラブを無料で利用できます。そのため、金銭的なリスクなくパパ活をスタートできます。

一方で男性では、高額な入会金やデートセッティング料が必要なため、事前にどのデートクラブが優れているのか理解しなければいけません。

「利用金額」「支店の数」「在籍する男性・女性の数」など、それぞれ交際クラブは特徴があります。また私がこれまでにいくつもの交際クラブに登録し、失敗してきた経験から、どのデートクラブが最適なのか厳選して以下で紹介します。