男性が愛人女性を囲ったり、女性がパパ活として小遣い稼ぎをしたりするとき、中には昼デートを考える人もいます。ランチデートは一般的であり、愛人関係にある多くの人が昼にデートをしています。

昼間にデートをするのは、富裕層男性とパパ活女性の双方にとってメリットがあります。男性としては、支出するお金(食事代)を抑えることができます。一方で女性としては、もらえる金額は同じであるものの手軽にデートすることができます。

平日の昼デートが無理な人であっても、土日や祝日であれば問題なくお茶できる人は多いです。つまり、すべての人にとってランチデートは有効といえます。

ここでは、どのように金持ち男性やパパ活女性がランチデートを利用すればいいのかについて解説していきます。

ランチデートは男女にとってメリットがある

男女がデートするとき、一般的には夜に行います。ただ昼間にデートする人もたくさんいます。これは、男女にとってメリットが大きいからです。

富裕層男性であったとしても、無駄にお金を支払いたいと思う人はいません。要は意外とケチなわけです。そういう意味でいうと、ディナーよりもランチのほうが手頃です。夜デートの場合、安くても一人5,000円であり、普通は一人1万円ほどの値段になります。つまり、食事代だけで合計2万円です。

一方で昼間にデートする場合、食事代を低く抑えることができます。夜のような高級店でなくても、昼間であれば一人1,500~2,000円であってもわりと優れたお店で食事できます。

また女性にとってみても、ランチデートは手軽です。夜の時間を使う必要はなく、昼間に男性とデートするだけでお小遣いを稼ぐことができます。また、明るい時間なので危険な場面に遭うことはありません。

このように考えると、男性と女性の双方にとってメリットがあるといえます。

顔合わせ・デートの時間やお店はパパが決める

このとき、初回の顔合わせや2回目以降のデートについては、一般的にはパパ(男性)が決めることになります。そのため、パパ活女性は時間やお店について男性に任せるのが一般的です。

夜デートの場合、どうしても選ぶのは高級そうな店になります。一方で昼間デートの場合、いわゆる高級店ではなくてもよく、一般的なカフェを利用すればいいです。または、店選びに心配なのであれば高級ホテルを利用しましょう。

例えば以下は東京にある高級ホテルの内部であり、こういう場所のカフェまたはレストランであれば違和感はありません。

男性はデートの時間や場所を決め、女性と顔合わせまたは2回目以降のデートをするといいです。

デートは昼でなく、カフェ時間でお茶をしても問題ない

なおランチデートとはいっても、必ずしも昼ご飯を食べなければいけないわけではありません。14:00~17:00のカフェ時間を利用しても問題ありません。

この場合、特に食事を注文しないので男性はよりコストを抑えることができます。また女性にしても、金持ち男性と一緒にお茶をするだけなので手軽です。ちなみに私は愛人女性を支援する側の人間ですが、カフェ時間に愛人候補の女性と顔合わせするのは私も頻繁に利用しています。

お茶をするだけの場合、高級ホテルを利用しましょう。男性側が街中のカフェについて詳しい場合は問題ないですが、そうでない場合は高級ホテルを選べば間違いはありません。また高級ホテルであっても、店内でお茶をするだけなので値段は安いです。

女性がケーキセットを注文したとしても値段はそこまで高くありません。そのため、男性にとって店側に支払う費用は非常に安くなります。また女性についても、ホテルでお茶をするだけで高額なお金をもらえます。

なお、ある程度のグレードのホテルであれば、年の差のある男女が一緒に話をしていたとしても普通です。商談かもしれませんし、就職活動の軽い面談かもしれません。いずれにしても、特に不自然なことはありません。

お手当の相場はランチのみでも1万円

このとき交際クラブやパパ活アプリなどの愛人マッチングサービスを利用する場合、男性から女性に対してお手当を渡すことになります。このときの相場については、ランチであってもディナーであっても変わりません。

具体的なお手当相場については、ランチのみの場合(お茶だけを含む)は1万円です。食事やお茶が終わった時点で男性から女性に現金手渡しにて1万円を渡しましょう。

男性がお金を節約できるのは、店に支払う食事代やお茶代のみです。女性に支払うお手当相場が低くなるわけではありません。ただそれでも、全体の支出額はランチデートやカフェデートだと大きく減ります。

また女性にとってみると、ディナーのときのような高額な食事は無理であっても、ランチのみ(またはお茶のみ)で1万円のお小遣いになるため、非常に効率がいいです。

ランチのみでなくても、ホテルは可能

なおランチのみで終わるのではなく、その後にホテルへ出向いても問題ありません。愛人関係では、食事だけでなく一緒にホテルへ行くのは普通です。

特にパパ活では、食事のみの女性はまったく人気がありません。そのため、顔合わせまたは2回目のデートで男女が一緒にホテルへ行くことになるケースが大多数です。このとき昼間デートやカフェデートであっても、その後に一緒にホテルへ行くのは問題ありません。

大人向けのホテルというのは、昼間から問題なく営業しています。

また夜に比べると、昼の時間はわりと空いています。そのため待ち時間は少なく、スムーズにホテルにて愛人同士が時間を過ごすことができます。

お店はグレードが高いので適切な服装にする

なおランチデートで一人の予算が1,500~2,000円ほどで済むとはいっても、安っぽい店を利用するわけではありません。あくまでも、富裕層男性が選ぶ店にてデートをすることになります。例えば私の場合、店選びが面倒なので昼デートでは高級ホテルのレストランを頻繁に利用します。

そのため、どうしてもお店のグレードは高くなります。昼なので支払う金額はそこまで高額ではないものの、ディナーであれば一人1万円を軽く超えるレストランの利用というわけです。

そこで男性も女性も高級店に最適な服装を心がけるようにしましょう。

パパ活女性の場合、ファッションがダメな人は少ないです。ただ男性の場合、ファッションにそこまで詳しくない人が多いです。そこで、事前にどのような服装が最適なのか学びましょう。また面倒な場合、男性はスーツを着ていくといいです。

愛人同士で昼間にデートをするといい

愛人関係の男女が会う場合、一般的には夜を選ぶことを考えがちです。ただ、昼間のデートであっても特に問題ありません。事実、私は食事代が安くなるのでランチデートやカフェデートをわりと頻繁に行います。女性へ支払うお手当相場は低くならないものの、その他はランチ代やお茶代だけで済みます。

このときはランチやお茶のみで終わることもあれば、一緒にホテルへ出向くこともあります。これについては、そのときに相手と要相談です。

なおお店や時間については、通常は男性が決めます。そこで「値段は高くないものの、雰囲気の優れるお店」を選びましょう。また面倒な場合、高級ホテル内にあるレストランを利用するといいです。

こうしてランチデート(またはカフェデート)を有効利用しましょう。パパ活では昼間時間を利用して手軽に会うこともできるため、夜だけでなくランチやカフェ(お茶)を活用するといいです。


男性にとって、効率的に自分好みの女性と会える最も優れた方法が交際クラブです。アプリのように、女性の顔すら分からない状態で会うことはありません。またパパ活女性にとっても、確実に富裕層の優れた男性とのみ会えるのが交際クラブです。

女性はすべて交際クラブを無料で利用できます。そのため、金銭的なリスクなくパパ活をスタートできます。

一方で男性では、高額な入会金やデートセッティング料が必要なため、事前にどのデートクラブが優れているのか理解しなければいけません。

「利用金額」「支店の数」「在籍する男性・女性の数」など、それぞれ交際クラブは特徴があります。また私がこれまでにいくつもの交際クラブに登録し、失敗してきた経験から、どのデートクラブが最適なのか厳選して以下で紹介します。