女性にとって手軽に稼げる方法は少なく、その中でも「すき間時間を利用して大きなお金を稼ぐ」となるとパパ活の一択になります。

ただパパ活をするに当たり、中にはトラブルに巻き込まれる愛人女性もいます。こうしたパパ活女性には特徴があります。それは、個人情報がパパ(男性)にバレてしまった人たちです。当然、名前や住所などがバレると不都合なことしか起こりません。

愛人関係というのは、互いに個人情報を知らないからこそ安全に付き合うことができるのです。身バレするのは負の側面しかありません。

そこでパパ活をしている女性がどのように個人情報を教えずにパパと長くデートを続ければいいのか解説していきます。

個人情報がバレたらトラブルになりやすい

富裕層男性とデートし、その対価としてお金を得るのがパパ活です。もちろん「食事だけで稼げる」ように気軽に考えている場合、お金を得るのはほぼ無理です。金持ち男性と継続的な関係を築ける女性は男性と体ありの関係になっています。

そうしたとき、男性と一緒にホテルへ行く関係になるので、場合によっては互いの個人情報を知っている関係になるかもしれません。

  • 名前(本名)
  • 住所
  • 電話番号
  • 勤務先(または学校名)

重要な個人情報としては、主にこうした情報があります。ただ、男性にこれらの情報を教えると後でトラブルになりやすいことを理解しましょう。

互いに名前や住所を知らないから後腐れなく別れられる

どのようなときにトラブルへ発展するかというと、それは主に別れるときです。互いの関係が良好な場合は何も問題なく、愛人女性として男性とデートをしてお金を受け取るだけです。

ただ関係がこじれた場合、別れることになります。話し合いで無理な場合、一方的にシャットアウトするのがパパ活で最も一般的な方法です。ただ、このときにパパから「いままでのお金を返金しろ」「裁判を起こす」などと脅されることがあるのです。

パパは社会的地位の高い人なので、ストーカーなどに発展する確率は非常に低いです。ただ、渡したお金を返すように要求するなど、何かしらトラブルを起こすことはよくあります。

実際のところ、パパ活で返金する必要性はゼロです。「贈与されたお金はいかなる理由があっても返金の必要がない」という法律になっているからです。

ただ法的に返金の義務がなかったとしても、こうした文句をいわれるのは面倒です。そのため、個人情報を一切教えてはいけないのです。

相手があなたの本名や住所、電話番号、勤務先などの情報を知らなければ、相手はあなたに対してアプローチする手段がありません。そのため一方的に相手をシャットアウトしたとしても、後腐れなく次に進むことができるのです。

パパ活で身バレを必ず防がなければいけないのは、将来的にパパと別れるときのトラブル回避対策となるからなのです。

偽名で女性がパパ活をするのは当然

そのため、男性と体の関係になることはあっても、個人情報がバレる事態は避けるようにしましょう。そうしたとき、偽名で女性がパパ活をするのは当然といえます。

パパ活をするとき、交際クラブ(デートクラブ)またはパパ活アプリを利用することになります。このとき男性がプロフィール上で確認する女性の名前は全員が偽名です。また女性が男性と顔合わせするとき、男性についても偽名であり、パパ活女性は男性の本名を知りません。

ただ、この状態で特に問題ありません。男性側も女性側も互いに相手の個人情報を知らずにデートし、食事やその後のホテルを楽しめるのが正しい愛人関係なのです。また前述の通り、仮に別れるときであっても後腐れなく関係を終わらせることができます。

そのため、女性はいかなる場面であっても名前を教えないようにしましょう。例えば「銀行振込をしたい」といわれたとしても断らなければいけません。現金手渡しではなく、銀行振込だと本名がバレるだけでなく、税金支払いリスクなど他に多くの問題が発生するからです。

住まいを聞かれたら住所ではなく地域を答える

また男性と会話していると、住まいを聞かれることもあります。ただ前述の通り、住所を教えるのは絶対にやめましょう。

仮に住所を相手男性に教えてしまった場合、別れるときにトラブルになった場合は引越しをしなければいけません。可能性は低いものの、相手男性が粘着してきたりストーカーになったりしたときに大変だからです。

個人情報を教えてしまい、身バレした場合はパパ活女性に責任があるといえます。ただ嘆いても仕方ないので引越しするのです。なお、これが実家住まいや主婦(既婚者)などであれば引越しすらできません。

そこで住まいを聞かれたら、住んでいる地域を答えるようにしましょう。例えば東京に住んでいる人であれば、「新宿の周辺に住んでいる」などのように教えるのです。新宿の周辺とはいっても非常に範囲は広いです。また非常に多くの人が住んでいるため、教えたとしても住所が特定されることはありません。

住んでいる場所を聞くのは普通であり、男性としては特に悪気があって聞いているわけではありません。そこで、こうした地域を教えるといいです。

IP電話の電話番号を教えると優れる

パパ活で連絡をするとき、一般的にはメッセージアプリを利用することになります。ただ、場合によっては電話をすることもあります。

電話についても、特別な理由がない限り、通常はメッセージアプリ上で行うことになります。インターネットにつながっていれば無料で電話できますし、いまではすべての人がアプリ上で無料電話を利用しています。

ただ場合によっては、男性に電話番号を教えなければいけない場面があるかもしれません。例えば男性と旅行デートをするとき、予約登録のために全員分の電話番号が必要になり、そのときに教えなければいけないかもしれません。

このときはIP電話のアプリをインストールしましょう。いまでは無料で利用できるIP電話のアプリがあります。携帯電話の電話番号に加えて、IP電話アプリをインストールすることによって、もう一つの電話番号をもてるようになります。

仮にIP電話の番号宛てに電話がかかってきた場合、「アプリが自動的に起動して着信を知らせてくれるようになり、電話できるようになる」というわけです。もちろん、電話発信もできます。参考までに、以下は私が利用しているIP電話アプリの画面です。

いつも利用している電話番号を教える必要はありません。こうしたアプリを利用すれば、仮にトラブルがあったとしても解約&インストールしなおすだけで別の電話番号を入手できるようになります。そのため、非常に手軽です。

仕事は業種だけ答えるといい

他に男性との会話の中で気を付けなければいけないのが仕事です。要は勤務先であったり、通学先の学校であったり、こうした場所を教えるのはやめましょう。

勤務先や学校は変えるのが非常に難しいです。住所であれば引越しすればいいですが、働いている先や学校を変えるわけにはいきません。ただ男性とデートする中で、どういうところで働いているのか聞かれるのは普通です。

そこで、仕事は業種だけ答えるようにしましょう。例えば「〇〇病院で看護師をしている」ではなく、「看護師として勤務している」と伝えましょう。他には「〇〇大学の経済学部です」ではなく、「いま学生で経済を学んでいる」と伝えれば問題ありません。

細かい情報を教えるのではなく、ザックリした情報を伝えなければいけません。ただ、富裕層男性とデートするとき、こうした会話であっても特に問題ないです。相手男性の目的はあなたの個人情報を聞き出すことではなく、楽しく会話を続けることだからです。

身バレを防ぎ、個人情報を教えずにパパ活を行う

愛人関係というのは、互いを深く知らないものの一緒にデートをする関係といえます。特に交際クラブやパパ活アプリでは偽名で互いに会うのが当然であり、素性を知らずにデートをして体の関係になります。

こうした関係だからこそメリットが大きく、男性にとっては手軽に好みの女性と会ってデートできます。女性にしても、身バレすることなく金持ち男性とデートをして高額なお金を稼ぐことができます。

ただ個人情報を教えてしまい、本名や住所がバレてしまうと微妙です。仮に相手との関係性が悪くなり別れることになったとき、トラブルに発展することがあるからです。こうした状況を防ぐため、名前や住所、電話番号、勤務先などを教えないようにしましょう。

パパ活をするとき、注意しなければいけないことがあります。その一つが個人情報の取り扱いです。特別な理由がない限り、相手男性にあなたの個人情報を伝えないようにしましょう。


男性にとって、効率的に自分好みの女性と会える最も優れた方法が交際クラブです。アプリのように、女性の顔すら分からない状態で会うことはありません。またパパ活女性にとっても、確実に富裕層の優れた男性とのみ会えるのが交際クラブです。

女性はすべて交際クラブを無料で利用できます。そのため、金銭的なリスクなくパパ活をスタートできます。

一方で男性では、高額な入会金やデートセッティング料が必要なため、事前にどのデートクラブが優れているのか理解しなければいけません。

「利用金額」「支店の数」「在籍する男性・女性の数」など、それぞれ交際クラブは特徴があります。また私がこれまでにいくつもの交際クラブに登録し、失敗してきた経験から、どのデートクラブが最適なのか厳選して以下で紹介します。