成功している富裕層男性の場合、単に金を稼ぐだけでなく多くの女性を周りに置いておきたいと考えるのが普通です。むしろ仕事だけでなく、同時並行で女遊びもできるからこそ成功者になっているといえます。

ただ、こうしたお金持ちの社長が一般的な女遊びをするかというと、当然ながらしません。他の人とは異なる夜遊びをします。

金持ちの経営者が最終的に行き着く女遊びの方法は決まっています。どれもお金がかかる方法であるものの、富裕層ならではの楽しみ方といえます。

それでは、金持ち男性はどのような女遊びをしているのでしょうか。ここでは、富裕層の遊び方を解説していきます。

金持ちの社長が日本の夜の店で遊ぶことは少ない

人によってもつ趣味が異なります。例えば車に興味をもつ人がいれば、そうした対象ではなくスポーツを趣味にもつ人もいます。

ただ人によって趣味が違うにも関わらず、ほぼすべての男性で共通に好きなことがあります。それが女遊びです。性欲が強いからこそビジネスでも成功するのであり、資産家で親から莫大な財産を相続した人を除き、金持ちの経営者はほぼ100%の確率で女遊びが好きです。

もちろん、こうした人たちは一般的な女遊びはしません。そのため一般人が好むような、性的サービスを伴う夜の店に行くことは少ないです。

もちろん、「絶対にこうした店に行かない」というわけではありません。ただ、一般男性に比べるとこうした店に行く金持ち男性は圧倒的に少ないです。

これらの店は、要はプロが相手をします。お金さえ支払えば、誰であっても体を重ね合わせることになります。そうしたプロと単に体ありの関係になることに対して、富裕層男性は既に何度も経験しており、いまさら何度も通うことはしません。

共通しているのは愛人の素人と遊ぶこと

こうしたプロではなく、富裕層男性は素人女性と遊ぶことを考えます。プロ女性と味気ない体の交わりをするのではなく、素人女性と濃厚な関係を築くことを考えるのです。要は、愛人として素人女性と交際するというわけです。

ただ素人女性とはいっても、既婚者にも関わらず独身と偽って恋愛アプリを利用したり、頑張ってナンパをしたりするわけではありません。そうではなく、多少はお金がかかるものの、愛人を作ることができるサービスや媒体を利用します。

また相手女性としても、「相手男性と体ありの関係になる可能性が高い」ことを理解しています。

ただ相手女性は素人であるため、絶対に体ありの関係になるわけではありません。女性は断ることができるため、男性側に清潔感がなければ一緒にホテルへ行ける可能性は低くなります。必ずしも、お金さえ支払えばホテルに行けるわけではないのです。

そうはいっても、こうした素人女性と遊べるからこそ、一般的なデートをした後に一緒にホテルへ行って体を重ね合わせることができるのです。金持ち男性というのは、いずれにしても素人女性と遊ぶことを考えます。

金持ちの女遊びの方法は決まっている

それではどのようにすれば、プロとの味気ない夜遊びではなく、素人女性と濃厚な一夜を過ごせるようになるのでしょうか。

これについて、いくつか種類があります。その中でも、富裕層男性に好まれるのが以下になります。

  • 高級交際クラブ(デートクラブ)
  • 高級ラウンジ
  • 海外での夜遊び

素人女性と遊ぶとはいっても、恋愛アプリやナンパなどのような時間のかかるサービスは利用しません。金持ち社長は自分のビジネスも忙しく、そうした方法によって愛人を作る暇はありません。そうではなく、多少はお金がかかるものの、素人女性と遊べるサービスや方法を利用して愛人を作るのです。

一般人にとって馴染みのない方法ばかりにはなりますが、それぞれどのようになっているのか解説していきます。

高級交際クラブ(デートクラブ)が最も一般的な方法

富裕層男性が女遊びをするとき、多くの人で利用するのが交際クラブ(デートクラブ)です。最も一般的な方法であり、一般人で利用している人はほとんどいません。

お金を出すことができれば、誰でもデートクラブを利用できます。ただ入会金やデートセッティング料が高額なので、必然的に富裕層男性のみ利用するようになっているのです。

交際クラブには、愛人候補の女性(パパ活女性)がたくさん在籍しています。一般的な恋愛サービスとは異なり、デートクラブでは圧倒的に男性優位になっています。愛人女性として手軽に稼ぎたい女性はいくらでもいる一方、金持ち男性の人数は少ないからです。

このとき交際クラブを利用すれば、以下のような会員サイトにて登録女性を閲覧できるようになります。

私も交際クラブをメインで利用していますが、圧倒的な美女がたくさんいます。もちろんプロではないため、フィーリングが合わなければホテルに行くことはできません。また、ホテルに行くにしても「2回目以降のデートから」としている女性も多いです。

ただそれでも、単なる学生やOL、人妻などと普通のデートをして仲良くなった後、ホテルへ行くことになるので満足度は非常に高いです。

経験すれば分かりますが、「お金を支払い、会った直後に狭い個室で体ありの関係になる」のと、「一緒にデートをして互いのことを知った後、素人女性とホテルへ行く」のでは、後者のように仲良くなった後のほうが圧倒的に情熱的になりやすいです。

富裕層で愛人を何人も抱えている人というのは、多くのケースで交際クラブを利用しています。参考までに、女性に何億円も貢いだとして有名だった経営者として紀州のドン・ファン(故・野崎幸助さん)は著書にて、交際クラブを利用して愛人を囲っていたことを記しています。

要は、彼や私を含めて金持ち男性はデートクラブを利用しているというわけです。これであれば、自分好みの圧倒的な素人美女を愛人にすることができるからです。

芸能人・モデルと交際するのも簡単

参考までに、こうしたデートクラブを利用すれば芸能人やモデルであっても問題なく愛人にすることができます。私は芸能人やモデルのように無駄にプライドの高い女性が好きではないため、あくまでも素人女性にこだわっていますが、いわゆる格が高い女性とデートすることも可能です。

例えば以下のように、交際クラブの会員サイトを確認してみればタレントとして活動している女性がいることに気付きます。

こうした女性は公になるわけにはいかないため、顔写真にぼかしがあったり、一部の人だけに公開されていたりすることになります。ただいずれにしても、交際クラブを利用することでこうした女性と付き合うことも可能です。

過去であれば、NHKの現役アナウンサーがデートクラブを利用していたことで知られています。NHK室蘭放送局の元アナウンサーである山﨑友里江さんが利用していました。

NHKのアナウンサーとはいっても、契約社員なので年収は300万円ほどと低いです。同様に芸能人やモデルとはいっても、超売れっ子までは達していないため、非常に苦しい生活を強いられているのが現状です。そのため、交際クラブに多数登録しているというわけです。

参考までに、こうした一級タレントと交際クラブで会う場合、彼女たちに支払うお手当は1回のデートでホテルありだと8~10万円が相場です(交際クラブへ支払うデートセッティングは除く)。

1回8~10万円というと高額です。ただ高級風俗店であっても8~10万円の費用がかかります。これに比べると、超売れっ子ではないものの、テレビや雑誌に何度も出たことのある一級タレントとデートし、体の関係になって8~10万円は富裕層にとって高額ではないといえます。

私の場合は芸能人の愛人に興味はありませんが、知り合いの経営者で何人ものタレントやモデルを愛人にしている人はいます。金持ち社長の場合、こうした遊び方も可能です。

高級ラウンジで素人女性をひっかける

一方で高級ラウンジを利用するという方法もあります。金持ち社長の夜遊びというと、銀座の高級クラブを考えがちです。ただ、本当の意味で遊び方を知っている人が銀座の高級クラブやキャバクラに通うことはありません。

銀座や六本木の高級店に出向く場合、単に飲むだけで8~10万円のお金が消えていきます。要は、お金の無駄といえます。

一方で、東京や大阪などの都市部では紹介制の高級ラウンジが存在します。その場ではお酒を飲むだけなのでキャバクラと似ていますが、ラウンジで毎日のように働いている女性がいれば、不定期で1ヵ月に2~3日ほど会社帰りに勤務する女性もいます。

要は、キャバクラなどと少し性質が異なり、素人っぽい女性が在籍している可能性が高くなります。完全会員制の高級ラウンジなので客は富裕層しかおらず、一般女性が副業で働いたとしても他の人にバレることがないからです。

パパ活女性として登録しているわけではないため、交際クラブの利用に比べると、店外デートをするのはハードルが非常に高くなります。ただキャバクラなどの店を利用するときに比べると、素人女性と体ありの関係になれる可能性は高く、より冒険をしたい富裕層男性はこうした店を利用します。

海外での夜遊びで多くの素人女性と遊べる

また金持ち男性で海外にて夜遊びをしている人も多いです。海外に行くこと自体、お金と時間がかかります。ただ金持ちは経営者であることが多く、決まった休日がないため、いつでも自由に海外へ行くことができます。

日本とは異なり、海外での夜遊びは非常に明るくオープンです。要は、暗いイメージがありません。

それでいて、海外の夜の店では「昼間は先生として働いている」「学生で勤務がまだ2回目」などのような、ほぼ素人の女性が何人も在籍しています。

日本だと女性は「バレたくない」と考え、完全会員制の交際クラブや高級ラウンジでパパ活をします。一方で海外では、日本人女性がパパ活をする感覚で夜の店で働きます。また店から連れ出し不可の女性であっても、その場で連絡先を聞いて後日のデートの約束を取り付け、デート後にホテルへ行けるのは普通です。

日本では無理であっても、海外であればわりとこうしたことが普通です。例えば以下は、タイ・バンコクの夜の街です。

日本の夜の店に行ったとしても、無駄に金額が高く、パネルマジックがあり、それでいて本番なしです。一方で海外の場合、実物の女性を見て指名でき、値段は安く、仲良くなれば連れ出しが可能です。その場では連れ出しが無理であっても、前述の通り交渉&後日デートで何とかできることも多いです。

こうした素人女性とのデートであり、海外での解放感もプラスされ、ホテルでの一夜は非常に満足度が高くなりやすいです。

一般人とは異なる富裕層の夜遊び

金持ち男性が一般人と同じような夜遊びをすることはありません。要は、一般的な風俗店に出向くことはしないのです。そうではなく、金持ち男性向けの女遊びをすることになります。

共通点としては、金持ちはプロではなく素人女性と遊んでいることがあげられます。素人女性なので、もちろん清潔感がなければ断られます。ただそれでも、普通のデートをした後にホテルへ行くことになるため、満足度は圧倒的に高くなります。

金持ちの社長がパパ活女性と会う方法はいくつかあり、日本だと交際クラブがメインになります。またハードルは高くなるものの、会員制の高級ラウンジを利用してもいいです。海外であれば、航空券代はそれなりに高いものの、現地で素人女性をいくらでも見つけることができます。

富裕層の経営者というのは、一般男性がしないこうした夜遊びをしています。金持ち男性はプロではなく、素人の愛人女性とのデートやその後のホテルを楽しんでいることを理解しましょう。


男性にとって、効率的に自分好みの女性と会える最も優れた方法が交際クラブです。アプリのように、女性の顔すら分からない状態で会うことはありません。またパパ活女性にとっても、確実に富裕層の優れた男性とのみ会えるのが交際クラブです。

女性はすべて交際クラブを無料で利用できます。そのため、金銭的なリスクなくパパ活をスタートできます。

一方で男性では、高額な入会金やデートセッティング料が必要なため、事前にどのデートクラブが優れているのか理解しなければいけません。

「利用金額」「支店の数」「在籍する男性・女性の数」など、それぞれ交際クラブは特徴があります。また私がこれまでにいくつもの交際クラブに登録し、失敗してきた経験から、どのデートクラブが最適なのか厳選して以下で紹介します。