男性でも女性であっても、積極的にパパ活をしています。男性は愛人女性を囲い、パパ活女性は男性とデートして稼ぐことができます。

こうしたパパ活は男性でも女性でもメリットが大きいです。特に女性にとっては、3~4時間ほどデートするだけで3~5万円を稼ぐことができるため、すき間時間を利用することで効率的にお小遣いを手にすることができます。

また富裕層男性としては、自分好みの女性と会ってデートできるため、メリットが大きいです。ただ当然ながら、デメリットも存在するので事前に理解しなければいけません。

一般的にパパ活というのは、男女の双方にとって楽しいです。ただメリットばかりでもないため、事前にどのような点に注意すればいいのか解説していきます。

男性側のメリットは美女とデートできること

女性にとってみると、なぜ男性がパパ活女性を支援するのか疑問に思うかもしれません。ただ男性が愛人女性を囲う理由は非常に単純であり、それは自分好みの女性と会ってデートできることです。私の場合は富裕層男性であり、パパ活女性を支援する側ですが、このメリットは非常に大きいです。

なお、より正確にいうと「自分好みの女性と会ってデートし、その後に一緒にホテルへ行きたい」と男性は考えています。

一般的に男性が欲求を満たすことを考える場合、夜の店を利用することになります。ただ男性が夜の店を利用するとき、全員がお金を無駄にした経験があります。

男性が夜の店を利用する場合、必ず以下のようなパネルを見て女性を指名します。

ただパネルの写真は修正されまくっており、女性の原型を留めていないのが一般的です。そのため指名後、「デブのブスが出てきた」というのは普通です。これをパネルマジック(通称、パネマジ)といいます。

一方で交際クラブ(デートクラブ)やパパ活アプリを含め、愛人マッチングサービスではパネルマジックがありません。これだけでも、男性にとっては感動を覚えるほどのメリットとなります。

また金持ち男性は少ない一方、手軽に稼ぎたい女性は多いです。そのため恋愛市場では珍しく男性優位であり、自分好みの素人女性を選ぶことができます。自由恋愛なので断られることはあるものの、プロではない女性と会い、普通のデートをした後にホテルへ行くため非常に満足度が高いというわけです。

食事のみの女性が価値なしの理由

男性が愛人を囲う理由としては、要は「夜の生活を充実させたいから」といえます。この理由を理解すれば、食事デートのみの女性は価値がないと理解できます。事実、パパ活市場で食事のみの女性はほぼ人気がなく、稼ぐことができません。

もちろん、交際クラブやパパ活アプリを含めて食事のみの女性はいます。例えば以下は、大手の交際クラブに登録されている女性です。

この女性は食事のみであり、男性にとって一緒にホテルへ行くことはできません。ただこの場合、男性からのオファーはなくほぼ稼げないというわけです。

男性側の欲求を満たすからこそ、女性は稼ぐことができます。なお交際クラブやパパ活アプリで活動している女性の多くは「男性に問題がなければ、一緒にホテルへ行ってもいい」と理解している人です。これには、そうしなければ稼げないとほとんどの女性が理解しているからです。

女性にとってパパ活は手軽に稼げるメリットがある

このように男性側にとってメリットが大きく、愛人を囲うことで夜の生活を楽しくできる一方、女性にとってもパパ活には大きなメリットがあります。これまで述べた通り、手軽に稼ぐことができるのです。

素人女性にとって、パパ活以上に手軽に稼げる方法はほぼないです。夜の店のように働く場所が固定されたり、大量のお酒を飲む必要があったりすることはありません。食事&ホテルを合わせても、3~4時間というすき間時間を利用して高額なお金を手にすることができます。

また愛人女性を囲えるのは経営者や医師などの金持ち男性であり、こうした富裕層は貧乏男性に比べて礼儀正しいケースが多いです。

手軽に稼げるからこそ多くのパパ活女性がいて男性優位になってしまうのですが、いずれにしても手軽に稼げるのが大きなメリットです。

月20~30万円の稼ぎが簡単な理由

金持ち男性の愛人になることで稼げるため、月20~30万円ほどの副収入のある女性は普通です。パパ活でのお手当相場は一般的に3~5万円です(男性と一緒にホテルへ行く場合)。そこで、2~3人ほどのパパ(男性)と付き合う場合を考えてみましょう。

相場を低く見積もり、一回のデートで3万円のお手当とします。この場合、週2回ほど3~4時間のデートをするだけで月24万円です。

  • 3万円 × 週2回 × 4週間 = 月24万円

またパパ活では現金手渡しになるため、稼いだお金に税金を課せられません。

社会人として働き、手取りで月24万円を得るのは非常に大変です。またフルタイムで働いてこの手取りです。一方、パパ活では前述の通り、3~4時間のデートを週2回するだけでこれだけのお金になります。この金銭的メリットが大きいため、多くの女性がパパ活をするというわけです。

優れたレストランで食事し、高級ホテルへ泊まれる

また愛人女性だと、パパ活自体を楽しいと考えている人がわりと多いです。この理由として、金持ち男性のお金によって優れたレストランで食事できるからです。

パパ活では一般的に、食事のときに安い居酒屋を利用するのではなく、それなりのグレードのレストランで食事するのが一般的です。自分でお金を出さなくても、そうした場所で食事できるのです。

また男性と何度も会って関係性が深まれば、お泊りデートに行くことがあるかもしれません。このとき、高級ホテルなどで圧倒的な非日常を味わうことができます。例えば以下は、私が愛人女性と一緒に「350年以上の歴史があり、平家に由来する宿」に泊まったときの様子です。

普通の女性がこうした宿に泊まれることはありません。富裕層男性と一緒にデートするからこそ、こうした世界を体験できるといえます。また金持ち男性としても、こうした宿で愛人女性と一夜を過ごせるというメリットがあります。

ダメな人と会うとトラブルに遭うデメリット

このように考えると、パパ活では男女の双方にとってメリットがあり、互いに楽しむことができます。一方でデメリットがあることも忘れてはいけません。

「金銭トラブルに遭った」「ケンカしてしまった」などの細かいトラブルはデメリットとして当然ながら起こります。ただ、その中でも最も大きなデメリットとして、ダメな人と会う可能性があげられます。これは、男性でも女性でも同じです。

男性であれば、相手の女性から物を盗まれることがあります。例えば以下は、大手交際クラブの公式サイトに掲載されている内容です。

愛人マッチングサービスでは、それまで知らなかった男女が会うことになります。そのため、男性は窃盗被害に遭う可能性があります。

また女性にしても、男性から粘着されるリスクがあります。相手は富裕層男性であり、貧乏男性のように「失うものが何もない人」ではありません。そのため危険な行動をする人はほとんどいないものの、可能性がゼロではないのです。

そのため、これが交際クラブやパパ活アプリで気を付けなければいけない注意点といえます。

互いに個人情報を知らない関係が最適な愛人関係

そのため交際クラブやパパ活アプリで楽しい思いをできるメリットはあるものの、先ほどのデメリットを理解して、「愛人マッチングサービスで会った人を100%信用するのはやめる」ようにしましょう。もっというと、あなたの個人情報を相手に伝えるのはやめましょう。

私の場合についても何人もの愛人女性を囲っているものの、相手女性は私の住所を知らなければ、本名すら知りません。教えていないので当然ではありますが、互いの個人情報を知らずに付き合うのが正しい愛人関係といえます。

恋人関係とは大きく異なる性質をもつのが愛人関係です。また互いの個人情報を知らないからこそ、「ケンカした」「トラブルになった」というとき、ブロックするだけですべての問題を解決できます。ブロックさえすれば、相手は連絡を取ることができません。

パパ活のデメリットを理解すれば、男性でも女性でも「互いの個人情報を知らない状態」が適切といえます。

過去に発生した紀州のドン・ファンでの事件

ちなみに、こうしたデメリットを理解していないため実際に重大な事件に巻き込まれてしまった人は過去にいます。有名な例としては、紀州のドン・ファンとして知られていた故・野崎幸助さんが該当します。

彼は著書で「自分は交際クラブを利用して素人女性と会っており、美女を抱くために金持ちになった」と記しています。

ただ彼はデートクラブの使い方を誤っていました。彼は交際クラブで会った女性について本名を教えるのは当然として、自宅に招いていました。そのため女性に窃盗され、テレビにスクープされたことで結果として有名になったのですが、最終的に最悪の結果となりました。

彼はその後も愛人女性を自宅に招いていたわけですが、その中で交際クラブで会った女性と結婚しました。ただその少し後、彼は結婚相手によって殺されてしまいました。

高額なお金が動くため、実際に男女間でこうした重大事件に発展するケースも起こっています。

交際クラブやパパ活アプリを正しく利用すると、男性でも女性でもメリットが大きく、楽しい時間を過ごすことができます。ただ使い方を間違えると、紀州のドン・ファンのように最悪な結果を迎えてしまうこともあります。

そのため愛人マッチングサービスがどういう性質のものなのか理解しましょう。愛人関係は自由恋愛であり、双方の自由意思で関係が成り立っています。そのために夜の店とは異なり、自由意思での行動が行きすぎることで犯罪へと発展する場合もあるため、この最大のデメリットを理解しましょう。

これを防ぐため、愛人を100%信用するのは非常に危険ですし、個人情報を教えてはいけないというわけです。

愛人・パパ活でのメリットとデメリットを理解する

男性側でも女性側でも、パパ活には大きなメリットがあります。事実、私は男性として何人もの愛人女性を囲っており、夜の生活は非常に満足しています。またプロよりも、自分好みの素人女性と過ごすほうが楽しいため、日本で夜の店を利用することはいまほぼありません。

一方で女性にとってみても、パパ活によって手軽に稼ぐことができます。会社で働くよりも、圧倒的に効率的にお小遣いを稼ぐことができます。金銭的メリットが大きいため、多くの女性がパパ活をしているのです。

ただデメリットもあり、男性でも女性でも注意しないと事件に巻き込まれます。過去には重大事件が実際に起こっているため、相手を100%信用するのはやめ、個人情報を教えないようにしましょう。

いずれにしても、こうしたメリットとデメリットを理解することは重要です。これらを学ぶからこそ、実際のパパ活でどのように行動すればいいのか分かるからです。そこでパパ活をするにしても、パパ活のメリット・デメリットを理解して使い方を知り、男性であっても女性であっても正しく行動するといいです。


男性にとって、効率的に自分好みの女性と会える最も優れた方法が交際クラブです。アプリのように、女性の顔すら分からない状態で会うことはありません。またパパ活女性にとっても、確実に富裕層の優れた男性とのみ会えるのが交際クラブです。

女性はすべて交際クラブを無料で利用できます。そのため、金銭的なリスクなくパパ活をスタートできます。

一方で男性では、高額な入会金やデートセッティング料が必要なため、事前にどのデートクラブが優れているのか理解しなければいけません。

「利用金額」「支店の数」「在籍する男性・女性の数」など、それぞれ交際クラブは特徴があります。また私がこれまでにいくつもの交際クラブに登録し、失敗してきた経験から、どのデートクラブが最適なのか厳選して以下で紹介します。