男性の中でキャバクラやクラブ、ガールズバーなどへ通う人は多いです。実際、私も男性としてこれまでキャバクラやクラブへたくさん通ってきました。

ただ、いまではキャバクラへ行くことはほとんどありません。付き合いでキャバクラやガールズバーなどへ行くくらいです。自ら出向くことはなくなりました。

その代わり、交際クラブ(デートクラブ)をメインで活用しています。もちろんキャバクラがダメという話ではなく、それぞれメリットとデメリットがあります。ただ、費用対効果の点から私は交際クラブを選んだのです。

それでは、キャバクラと交際クラブでは何が違うのでしょうか。ここでは、メリットやデメリットを含めて解説していきます。

キャバ嬢と仲良くするのはお金がかかる

夜の店の代表格としてキャバクラがあります。夜の店では、サービス内容が過激になるほど女性の容姿レベルは落ちます。そのため、一般的には夜の店で働く女性の容姿レベルはキャバ嬢が最もかわいいです。

夜の店で最も若くてかわいい子はキャバクラやガールズバーにいるのです。特に過激なサービスを提供するわけではなく、男性客と話をしてお酒を飲むのが仕事なので気軽に始めることができるからです。実際、昼は普通の仕事をしながら夜にキャバ嬢としてダブルワークをする女性もいるほどです。

そうしたキャバクラを利用する男性は多く、私もかつては頻繁に通っていました。もちろん前述の通り、いまでも付き合いでキャバクラに行くことはよくあります。以下はキャバクラでの一コマです。

ただ、知っての通りキャバクラは非常に値段が高いです。1時間でセット料金5,000円であったとしても、指名料や女性のドリンク代、サービス料を含めると軽く1時間1万円を超えます。もちろん1時間で終わるわけがなく、2時間など留まっていると一人2~3万円ほどの支払いになるのは普通です。

しかし、女性と会話して飲むだけなので、その後にホテルにお持ち帰りして大人の関係になるわけではありません。

もちろん、アフターをすることで何とか頑張ったり、連絡先を交換して仲を深めた後に肉体関係に誘ったりすることは可能です。ただ、当然ながら成功確率は低いです。あなたが若い男性ならまだしも、年齢が高めであるなら、美人のキャバ嬢と体ありの関係まで到達するのは至難の業です。

運よく大人の関係になったにしても、数回ほどの来店で体を許してくれる女性は限りなく少なく、やはり10~15回以上は通い、同伴するなど仲を深めてからになります。これを実践する場合、軽く40~50万円以上のお金は消えることになりますし、あなたの貴重な時間も浪費します。

キャバ嬢を落として肉体関係になるまでのお金の内訳としては、例えば以下のようになります。

  • キャバクラ代:3万円 × 12回 = 36万円
  • 同伴代金:2万円 × 3回 = 6万円
  • アフターの食事代:2万円 × 3回 = 6万円

何より、ここまで頑張ってキャバ嬢のために通ったとしても、あなたが狙っているキャバ嬢は「あなたのことを良いお客さん」としか見ていません。その結果、「一緒にホテルへ行くなどあり得ない」と考えていることはよくあります。

キャバクラの女性と親密な関係になり、お金のやり取りなしに濃厚な仲になることはあります。ただ確率は非常に低く、それまでに多くのお金と時間を浪費してしまうというデメリットがあります。

キャバクラに飽きて交際クラブに行く男性は多い

こうした現実があるため、キャバクラに飽きる男性は多いです。私もそのうちの一人です。以前はキャバクラに何度も通っていましたが、いまはほとんど行かなくなりました。

通ったところで目の前の女性と大人の関係に発展するわけではありませんし、デートへ誘うにしても、メールで頻繁にやり取りしなければいけません。最後までいけたときはもちろん達成感はありましたが、それまでに50万円を軽く超える額を使っていることを考えると「果たしてこのままでいいのか?」という疑問が頭に浮かんだのです。

また、キャバクラの女性は水商売の女性であり、夜の世界で働いていることには変わりありません。そうしたキャバ嬢よりも、大学生やOLなど一般女性(素人の女性)と親密な関係になりたいと考えるのは、どの男性も同じです。

もちろん「肉体関係ありの夜の店」で行われるような味気ない関係ではなく、一緒にデートを楽しんだ後にホテルで一夜を共にするのです。そうしたとき、交際クラブが適しています。以下は大学生ですが、このような素人女性がデートクラブに在籍しています。

多くの場合、キャバクラの女性はあなたをお客さんとして接します。そのため、こちらからセクハラをしようとしても、言葉巧みにかわそうとします。

一方で交際クラブでは、素人女性なのでキャバ嬢のような会話力はないかもしれません。ただ、一般女性だからこそリアルなデートを実現することができるのです。

長期での愛人契約だと、それなりの費用になる

交際クラブであれば、キャバクラに頑張って通うよりも圧倒的にコスパよく美女と大人の関係に発展できます。デートクラブを利用する男性の多くは「普通なら見向きもされない若い素人女性と普通のデートをして、ホテルで大人の関係になる」ことを期待しています。これを実現できるのです。

もちろん自由恋愛なので体の関係を断られることはあります。ただ、清潔感に気を付けてさえいれば、遅くても2~3回目のデートで体ありになることが可能です。キャバ嬢を落とすのに比べて、お金も労力も大幅に節約できます。

ただ、当然ながらメリットばかりではありません。キャバクラに比べて、交際クラブの方がデメリットとなることもあるのです。

キャバクラに通い、お金の関係なしにいつでも呼び出して大人の関係になれる人を作って1年くらい付き合うことができる場合、その間はお金はかかりません。

しかし、交際クラブであるとお手当という名の費用が発生します。女性と体の関係になるごとにお手当の費用を支払ったり、愛人契約をして月極で料金がかかったりします。このように長期的に一人の女性と付き合うことを考えた場合、交際クラブの方がお金はかかります。

ただ、実際のところキャバクラの女性を口説き落とすのは至難の業です。そのため、私は効率的に女性との食事やデート、さらにはその後の一夜までを楽しめる交際クラブを主に利用しています。

このとき、私がメインで選ぶ女性は「初回デートは体の関係なしであり、大人の関係になるにしても二回目以降から」または「初日にフィーリングが合えば可能」の人にしています。簡単に体を許す女性よりも、こうした女性の方が満足でき面白いからです。

素人女性とのデートを楽しみつつ、キャバクラよりも濃密な時間を女性と共有することができます。

デートクラブにもキャバ嬢はいる

なお、素人女性がメインとはいっても交際クラブにもキャバ嬢は在籍しています。普段はキャバクラやクラブ、ガールズバーで働きながら、交際クラブでも活動しているのです。

デートクラブに女性が登録するとき、「ガールズバーで働いている」などのようにプロフィールには書かれません。水商売の女性は敬遠される傾向にあるため、キャバクラやガールズバー、クラブなどの言葉はプロフィール上に出てこないのです。

ただ、プロフィールなどから推測することは可能です。例えば、キャバ嬢の場合はプロフィールの職業に「飲食業」「接客業」などのように書かれます。

ただ、「飲食業」「接客業」といってもカフェ店員の人がいれば、エステなど美容関係の人もいます。飲食業・接客業とはいっても非常にジャンルが広いのです。

そうした女性の中でも、下ネタが問題ない女性であるとキャバ嬢の確率が高くなります。キャバクラでは男性から下ネタの会話を振られるのが基本であり、普段から慣れているのです。以下のように、下ネタOKの場合はキャバ嬢であるかもしれません。

もちろん、中には非常にわかりやすいプロフィールの人もいます。例えば、以下のような感じです。

「飲食業で勤務しており、夜をメインに働いている」ということから、キャバ嬢であることがわかります。プロフィールから容易に想像できます。

また、中にはキャバ嬢であることをオープンにしている女性もいます。

キャバ嬢であることをオープンにしている女性は珍しいです。ただ、プロフィールの職業欄を「ナイトワーク」にしており、キャバクラやガールズバー、クラブ勤務であることが簡単に分かる女性もいるのです。

なお、隠れキャバ嬢もたくさん在籍しています。例えば、芸能活動をしている人でキャバクラでバイトをしつつも、交際クラブを活用している人は多いです。芸能活動では食べていけないため、キャバクラで定期的にお金を稼ぎつつ、デートクラブで愛人契約を交わしてくれる男性を見つけるのです。

また、昼に普通のOLをしながらも夜にクラブでバイトをしたり、交際クラブで男性に会ったりしている女性もたくさんいます。

こうした場合、キャバ嬢であることはデートクラブのプロフィールからは分かりません。ただ、これについては諦めるようにしましょう。

キャバ嬢であっても体前提ではない

なお、交際クラブでキャバ嬢とデートをするにしても、体ありの関係が前提となるわけではありません。

キャバクラやガールズバー、クラブは過激なサービスがメインではありません。単に会話をするだけの場所になります。下ネタを話す男性と会話することはありますが、セクハラ行為すら受け入れてくれないことは多いです。

そのため、デートクラブでキャバ嬢と会ったとしても「初回デートでの大人の関係はなし」などのように、プロフィールなどで自己紹介している女性はたくさんいます。水商売の女性ではあっても、過激なサービスありの女性とは違って無条件でホテルまで連れ出しが可能なわけではないことを理解しましょう。

ただ、交際クラブではキャバクラで遊ぶよりも圧倒的にコスパよく女性とデートすることができます。デートクラブで会ったキャバ嬢とホテルに行って大人の関係になるにしても、一回のお手当の金額は3~5万円ほどです。キャバクラを利用して、落とせるかどうかわからないキャバ嬢を口説く手間よりも難易度は低くなり、お金もかかりません。

もちろん前述の通り、キャバ嬢に限らず素人女性とも遊ぶことができるという非常に大きなメリットが交際クラブにはあります。

キャバクラから交際クラブへ切り替える男性は多い

一般的に、交際クラブは富裕層男性が利用する場だといわれています。ただ、時間や手間をかけてキャバクラをたくさん活用することに比べると、前述の通り圧倒的に安い料金で美人女性をデートに誘い、ホテルで一夜を過ごすことができます。

確かにデートクラブでは入会金(年会費)やデートセッティング料が必要になります。それなりの値段にはなりますが、キャバクラ代にくらべると割安な費用になってしまうのです。

単に食事をして満足するのであれば、キャバクラでも問題ありません。ただ、キャバクラでも出会えない素人女性とデートしたり、もっと低コストで愛人女性を作りたかったりする場合、交際クラブの検討を考えましょう。

多くの場合、交際クラブには年齢や年収の制限はありません。たとえサラリーマン男性であっても、「キャバクラにお金を使うくらいなら、デートクラブを利用したほうがいい」と考えて乗り換える人は多いのです。

これまでたくさんキャバクラを利用したことがあるのであれば、交際クラブを活用してみるといいです。プロのキャバ嬢では飽きることがあっても、素人女性なら飽きることがありません。そうした素人の若い美女とデートし、口説いてホテルへ連れ込むようにしましょう。