素人の愛人を作れる場として、交際クラブ(デートクラブ)があります。交際クラブは愛人クラブとも呼ばれており、主に富裕層がメインで利用します。

交際クラブには素人が登録されているだけでなく、大きな特徴としてモデルや芸能人など、いわゆるハイスペックの女性が在籍していることがあります。

実際、過去には現役のNHK女子アナウンサーがデートクラブに登録しており、スクープされたことがあります。それでは、女子アナウンサーであっても利用する交際クラブとは何なのでしょうか。どのようにすれば利用できるのでしょうか。

男性であれば、デートクラブを活用して女子アナウンサーを含め実際の芸能人とデートし、夜を共にすることが可能です。その方法について解説していきます。

現役NHK女子アナウンサーが利用していた愛人クラブ

過去、週刊文春によって現役の女子アナウンサーが交際クラブを利用し、愛人マッチングサービスによって男性4人と会っていたことが報じられました。

実際のスクープは以下のようになります。

週刊誌では匿名になっていましたが、当然ながらネット上ではすぐに誰か特定されるようになります。この女子アナウンサーは当時25歳の山﨑友里江でした。当時、北海道の室蘭放送局に在籍していた元アナウンサーです。

山﨑友里江は以下のような女性です。

山﨑友里江・元アナウンサー

週刊文春が取材したところ、本人は事実関係を認めたとのことです。

交際クラブの利用は仕事とは関係なく、プライベートの範疇になります。ただ、NHKの女子アナウンサーという立場であったことから、スクープ後はテレビの世界から姿を消すことになってしまいました。

愛人クラブとは何か

それでは、NHK女子アナウンサーも利用する愛人クラブとは、一体何なのでしょうか。交際クラブに登録している女性はアナウンサーに限りません。巨乳のグラビアアイドルや声優を含め、あらゆる女性が登録しています。

一般的には、男性が自分の欲求を満たすことを考えるとき、夜の店に出向きます。ただ、夜の店はいってしまえば味気なく、時間内で性的サービスを受けるだけになります。

一方で交際クラブであれば、自由恋愛になります。特に時間が決められているわけではなく、普通のデートを楽しむことができます。食事をしてもいいし、映画を見ても問題ありません。もちろん、旅行に行くことも可能です。双方が納得すれば、どのようなこともできるのです。

私も実際にデートクラブを利用し、女性とデートすることが頻繁にあります。以下のような感じです。

ただ、当然ながら女性は見ず知らずの男性と一緒にデートするために愛人クラブに登録しているわけではありません。一緒に食事をしたり、その後にホテルへ出向いたりしたとき、女性は「お手当」という名のお金をもらうようになっています。

いわゆる愛人であり、愛人候補の女性を紹介・斡旋してくれるサービスであるため、交際クラブは愛人クラブとも呼ばれているのです。また、女性がこうした活動をすることを「パパ活」といいます。

なお、自由恋愛なので必ず体ありの関係に発展するわけではなく、女性は断ることができます。ホテルに行くのを前提とした交際とはまったく異なるのがパパ活です。

なぜ、アナウンサーがパパ活をするのか

それでは、女子アナウンサーやグラビアモデルなどの芸能人がなぜ、パパ活をするのでしょうか。この理由は単純にお金がないからです。

芸能人とはいっても、ほとんどは貧乏です。売れっ子であればいいですが、実際のところそのような子はほとんどいません。どれだけテレビに出て輝かしく見える女性であっても、実際はほとんどお金がないのです。

ただ、まさか夜の店に勤務するわけにはいかないため、ほとんどの女性はデートクラブに登録してパパ活をします。

今回のNHK女子アナウンサーの場合、正社員ではなく契約キャスターになります。年収は250万円程度であり、ボーナスなどはありません。局アナとは待遇がまったく異なるため、女子アナウンサーという肩書であったとしても、年収は非常に低かったのです。

これは、一般的な芸能人も同様です。契約キャスターであれば年収250万円があるのでまだいいですが、芸能活動をしているモデルやグラビアアイドルであると、さらにお金がなく生活が苦しくなります。

そこで、多くの女性がパパ活を選択します。これらの女性は「アナウンサー」「モデル」「グラビアアイドル」などのように箔があるため、デートクラブでは非常に高いランクに設定されます。

また、デートのときのお手当も金額が大きくなります。一般女性であれば、一緒にホテルに出向いたときに3~5万円が相場です。ただ、こうした箔のある女性の場合、お手当の額が8~10万円のように跳ね上がります。

NHKの契約キャスターの場合、月の手取りが20万円を切るのは普通です。具体的には、月15万円ほどの手取りだったようです。

一方、パパ活によって男性と会えば、一回のデートで10万円など高額なお金を非課税で手にすることができます。こうした金銭的な事情があるため、芸能人が愛人クラブに登録しているのです。

交際クラブ登録がスクープされた理由

それでは、多くのモデル女性やグラビアアイドルが登録しているにも関わらず、なぜ今回のNHK女子アナウンサーだけがスクープされたのでしょうか。これは、単純に危機管理ができていなかったからになります。

交際クラブに登録している女性については、会員サイトへログインすれば実物の女性を確認できるようになっています。当然、写真加工(パネルマジック)はありません。さらには、動画を掲載している女性もたくさんいます。

ただ、芸能人になると話が違ってきます。本人たちは当然、身バレを恐れます。スクープされてしまうと、それ以上の芸能活動ができなくなるからです。そのため、女子アナウンサーやモデルを含め、こうした女性はプロフィール写真にモザイクをかけます。

そのため、通常では顔がわからなくなっています。こうした危機管理を実践していなければ、当然ながら簡単にスクープされてしまいます。

シークレットにしていなかったのが最大の原因

また、特にテレビや雑誌などに何度も出ているような女性の場合、たとえモザイクがあったとしても身バレのリスクがあります。そうしたとき、会員サイトにも出てこない女性として「シークレット」に設定するのが普通です。

例えば以下の女性は、以前シークレットであったものの、現在は本人の許可を得てモザイク入りで表示されるようになっています。

シークレットであるため、交際クラブを利用している男性の中でも、一部の信用できる人にしか公開されないようになっています。多くの芸能人女性がパパ活で愛人クラブを利用しても、身バレがないのは設定がシークレットになっているからなのです。

ただ、シークレットでないと当然ながら身バレのリスクが高まります。山﨑友里江・元アナウンサーの場合、会員サイトに普通にプロフィールが掲載されていました。こうした危機管理の低さにより、スクープされてしまったのです。

女子アナウンサーとデートする値段はいくらか

ただ男性にとってみれば、愛人クラブの利用により女子アナウンサーなど普通では絶対に会えないような人とのデートセッティングを実現してもらえます。そして、相手が承諾してくれればホテルまで行くことができます。

それでは、デートクラブの利用には具体的にどれくらいの費用が必要になるのでしょうか。

デートクラブの中でも、山﨑友里江・元アナウンサーが利用していたのはユニバース倶楽部と呼ばれる、かなり大手の交際クラブになります。ここは高級愛人クラブだったわけですが、参考までにユニバース倶楽部へ男性が登録する場合、以下の料金が必要になります。

クラス 入会金 年会費(2年目以降) セッティング料
Standard 30,000円 20,000円 20,000円
Gold 50,000円 30,000円 30,000円
Platinum 100,000円 80,000円 50,000円
Black 300,000円 160,000円 100,000円 (東京・大阪)
80,000円(その他地方)

男性では入会金によって登録クラスが異なるようになるのですが、ユニバース倶楽部の場合は最高ランクでBlackになります。

山﨑友里江・元アナウンサーなど最上位の女性とデートするためには、男性はBlackクラスに入会しなければいけません。そのため、入会金は30万円です。また、彼女は北海道支店のユニバース倶楽部に登録されていたため、デートセッティング料は8万円です。

入会金を払えば一年間有効ですが、デートセッティング料については女性へオファーするたびに必要になります。

これに加えて、女性と実際にデートするときの食事代は男性負担になります。ディナーであれば、食事代は一人5,000~10,000円が相場です。

そして前述の通り、最後まで行くとなると女子アナウンサーであれば8~10万円が一般的な価格相場です。

もちろんデートセッティングしてもらった後、それ以上デートクラブ側に支払うお金は発生しません。後は、純粋に女性と会うために必要な食事代やお手当代だけになります。ただ、それであっても女子アナウンサーとデートするための値段はかなり高額になります。

交際クラブの値段は高額なのか

デートクラブへの登録料は最上位で30万円です(ユニバース倶楽部の場合)。デートセッティング代金は今回の場合8万円でした。仮に食事代に2万円(一人1万円)がかかり、お手当の額は8万円だったとすると、初回デートまでに48万円が必要になります。

この金額だけを聞くと、かなり値段が高いように思えます。ただ、デートクラブ側に支払うのはこれまで述べた通り、初回のデートセッティング料だけになります。その後は自由恋愛であり、好きなように連絡先を交換して会って問題ありません。

そうしたとき、その後はデート一回ごとに10万円(食事代2万円+お手当8万円)で会うことができるわけです。もちろん、昼のカフェデートなら食事代が浮くため、もっとデート代は低くなります。

このとき、本当に高級愛人クラブの利用料金は高いでしょうか。

夜の店の中でも高級店であれば、一回の欲求を満たすだけでも10万円の値段になります。しかも相手をしてくれるのはプロの女性です。

一方で交際クラブなら、普段はテレビの向こう側にいる女性と普通のデートをして、あなたと一夜を共にすることになります。男性の場合、好きなアイドルや気になっている芸能人が存在するとすれば、その女性を愛人にして一回10万円ほどでデートし、大人の関係になれると、圧倒的に値段が安いように思えてこないでしょうか。

これが、「私が交際クラブを活用する理由」でもあります。一見すると値段は高額ですが、芸能人を含め素人女性と体の関係になれることに大きな価値があるのです。

多くの芸能人が利用する交際クラブ

交際クラブには素人女性が多く登録しており、そうした素人女性の中にはモデルやアイドルなどの芸能人も多数在籍しています。実際、過去にはNHK女子アナウンサーが登録していることでスキャンダルになったことがあります。

ただ彼女の場合は、「会員サイト上で、普通にプロフィールを閲覧できた」ことが問題でした。通常ならプロフィールを「シークレット」に設定して、特定の男性会員でしか見れないように配慮するのが普通です。

しかし現実的には、以上のようにデートクラブであれば、そうした女子アナウンサーを含めてデートをすることができます。愛人マッチングサービスを提供している高級愛人クラブだからこそ、普通では出会えないような女性とのデートを実現することができるのです。

テレビや雑誌などに出ていて華々しく見えたとしても、こうした女性は意外と貧乏です。そのために多くの女性は交際クラブを利用するのですが、愛人クラブであればテレビ画面上でしか見れなかった女性と夢のデートを実現することができます。