会社に勤めている男性であれば、会社都合によって住む場所を変えられることがよくあります。いわゆる単身赴任です。

単身赴任の場合、妻や子供とは完全に別れて住むことになります。そうなると、日々の生活は独身と似た感じになります。そのため家族はいるにしても、夜の生活を満足したものにしたいと考えるのは普通です。

要は、単身赴任先で愛人を見つけて不倫できないかと考えるのです。これについては可能であり、多くの男性が単身赴任先で愛人女性(パパ活女性)とデートし、その後に一夜を共にしています。

ただ愛人とデートするにしても、妻にバレないようにしなければいけません。やり方を間違えたら家庭崩壊となります。そこで単身赴任先で愛人を作り、さらには妻にバレないために何をすればいいのか解説していきます。

職場や取引先での愛人・不倫はやめるべき

愛人を作るにしても、どこで愛人を作るのかが重要になります。世間一般的なイメージでいうと、愛人というのは「職場や取引先、趣味などで会った女性と不倫関係になる」ように考えてしまいがちです。

もちろん、この方法によって不倫することは可能です。事実、職場や現地の趣味サークルなどで女性と会い、愛人関係になっている男性はたくさんいます。しかしこの場合、非常に高い確率で妻に不倫がバレてしまいます。

不倫がバレる理由としてはいくつかあり、その中の大きな理由として「愛人からの暴露」があります。

不倫関係にある場合、あなたが既婚者である以上はトラブルになりやすいです。トラブルの理由はさまざまであり、例えば「帰任の場合や再び単身赴任になって愛人と別れることになった」などのときに関係を清算する必要があります。このとき、女性によっては嫌がらせをしてきます。

その中でも会社の同僚や取引先だと最悪であり、会社にバレるだけでなく奥さんにも連絡されます。

プライベートを多く語らないのが原則

まず、愛人に家族構成や勤め先などの個人情報を知られている状態は非常にダメな状況であることを認識しましょう。愛人とトラブルになったとき、すぐにあなたの会社や妻に通告されるからです。

愛人というのは、本来は「都合の良い存在」といえます。あなたのプライベート情報についてほとんど知らないものの、一緒にデートしたりホテルに行ったりする状況が優れた愛人関係です。私についても、愛人とデートすることはよくあります。

また以下のように、食事後にホテルへ行くのは普通です。

たとえ愛人があなたの家の場所(単身赴任での家)を知っていたとしても、あなたの家族の詳細や勤務先など、重要な個人情報を教えないのは大原則です。そうしなければ、別れるときに大きなトラブルへと発展する可能性があるからです。

なお私についても、これまで愛人に対して個人情報を教えたことは一度もありません。これは、自分自身を守るためでもあります。

一般的な恋愛サービスも最悪な結果となる

この事実を理解すると、単身赴任先で一般向けの恋愛サービスを利用すると、かなり最悪な結果が待っていることを理解しましょう。

恋活アプリなどを利用し、実際は既婚者であるものの「独身である」ということにして活動する場合、非常に安い金額にて不倫相手を探すことができます。

ただ相手の女性は、本気で恋人(または結婚相手)を探しています。そのため、何かの理由で既婚者であることがバレてしまった場合、修羅場が待っています。また、恋人関係では相手に個人情報を教えるのが自然の流れであるため、プライベート情報を教えなければ怪しまれます。

また既婚者であるとバレた後、あなたの会社や家族に通告されるリスクが非常に高いです。これらの事実を考えると、どのように不倫相手を作るのかは非常に重要といえます。

愛人マッチングサービスの利用が最も一般的

そこで、愛人を作りたい男性はほとんどのケースで愛人マッチングサービスを利用します。主な愛人マッチングサービスとしては以下が知られています。

  • 交際クラブ(デートクラブ)
  • パパ活アプリ

交際クラブは最も高級な愛人マッチングサービスです。入会金やデートセッティング料が非常に高く、富裕層のみ利用しています。そのため、サラリーマンの利用には向いていません。

会社員はパパ活アプリを利用するべき

そこで、会社員として単身赴任している人は交際クラブではなく、パパ活アプリを利用するようにしましょう。

交際クラブほどではないものの、パパ活アプリにも大量の女性が在籍しており、地方であっても問題なくパパ活女性と会うことができます。またデートクラブと比べて圧倒的に利用料金が安く、月1万円ほどの利用料金です。

また愛人を見つけた後は休会(または退会)をすればいいため、継続料金はかかりません。そのため支出を節約できます。

もちろん愛人関係であるため、女性に支払うべきお金は発生します。このとき愛人関係での一般的な費用としては、一緒にホテルへ行く場合は3~5万円です(相手の言い値だが、かなり若くて美人でない限りは3万円で問題ない)。

3万円というと高額に思えてしまいますが、性的サービスありの夜の店を利用する場合であっても同じ金額がかかります。しかも、この場合はパネルマジックによってブスの女性と対面する可能性が高く、さらには本番なしなのが普通です。

これに比べると、自分好みの圧倒的な美女と会って3万円であれば、そこまで高額なお金ではないといえます。

またパパ活の場合、互いの個人情報を教えずにデートをしたり、体の関係になったりするのが基本です。そのため愛人と別れることがあったとしても、妻にバレることはないですし、パパ活女性に密告されることもありません。

いずれにしても、既婚者が単身赴任先で愛人を作るときはパパ活アプリの一択になります。

妻にバレるのを防ぐため、トークアプリを使い分ける

ただ愛人からバレることがなかったとしても、普段のあなたの言動や行動から妻に不倫がバレてしまうことがあります。そこで、可能な限りバレないようにしましょう。

その中でも、最もダメなやり方が「LINEで愛人女性と連絡をしている」ことです。この場合、家族のもとに帰省したときに愛人からメッセージがあると、場合によっては内容を見られる可能性がありますし、携帯をロックしていると妻から「なんで?」と思われるかもしれません。

帰省中は普通の行動を取る必要があります。そこで、例えばカカオトーク(韓国で最も利用されているメッセージアプリ)を利用するといいです。

こうしたアプリを利用して、「帰省中はメッセージが届いたとしても通知されない」ように設定すれば問題ありません。たとえ妻があなたの携帯を勝手に見たとしても、何度もスライドしないといけない場所にあるアプリを確認することは基本的にないので大丈夫です。

いずれにしても、帰省時は家族にバレないように対策をしなければいけません。

単身赴任先の部屋に家族を可能な限り入れない

同じことは単身赴任先の部屋についてもいえます。どうしても無理なら仕方ないですが、可能な限り単身赴任先の部屋に妻や子供などの家族を入れないようにしましょう。少しでも愛人の存在に気づかれないようにするためです。

特に愛人をあなたの家に泊めたことがある場合、家族を単身赴任先の部屋に入れるべきではありません。

あなたが思っている以上に女性の嗅覚は鋭いです。例えばあなたの部屋に長い髪が落ちていれば、妻は「なんで?」と思います。「長い髪が落ちている=女性があなたの部屋に宿泊した」と考えるため、言い訳が非常に難しくなります。

また場合によっては、あなたの衣服に女性の臭いが付いているかもしれません。

あくまでも一例ですが、愛人の痕跡をゼロにすることはできず、このようにして不倫がバレます。そのためあなたの帰省は問題ないものの、単身赴任先の部屋に家族を入れるのは微妙であることを理解しましょう。

単身赴任で正しい愛人の作り方がある

独身とほぼ同じ状態になるのが単身赴任です。また妻以外の女性と体の関係になりたいと考えるのは男性として当然であり、独身とほぼ同じなのであれば、愛人を作りたいと思うのは普通です。

ただ独身ではないため、方法を間違えると大きなトラブルになります。最もダメなのが職場や取引先を含め、身近な人と愛人関係になることです。この場合、互いに個人情報を知っている状態であり、関係が崩れたときに修羅場となります。また、会社や妻にもバラされます。

そこで愛人を作るとき、必ず愛人マッチングサービスを利用しましょう。そうすれば互いに個人情報を知らず、別れるときであっても後腐れなく関係を切ることができます。

ただそれでも、妻にバレないように対策をしましょう。そこで利用するメッセージアプリを変え、単身赴任先にできるだけ妻を入れないようにするといいです。これら基本的な対策方法を守ることで、不倫がバレないようにしなければいけません。


男性にとって、効率的に自分好みの女性と会える最も優れた方法が交際クラブです。アプリのように、女性の顔すら分からない状態で会うことはありません。またパパ活女性にとっても、確実に富裕層の優れた男性とのみ会えるのが交際クラブです。

女性はすべて交際クラブを無料で利用できます。そのため、金銭的なリスクなくパパ活をスタートできます。

一方で男性では、高額な入会金やデートセッティング料が必要なため、事前にどのデートクラブが優れているのか理解しなければいけません。

「利用金額」「支店の数」「在籍する男性・女性の数」など、それぞれ交際クラブは特徴があります。また私がこれまでにいくつもの交際クラブに登録し、失敗してきた経験から、どのデートクラブが最適なのか厳選して以下で紹介します。