男性であれば、既婚者であったとしても他の女性と会って体の関係になることがよくあります。これが夜の店ではなく、素人女性と体を重ねることもあります。いわゆる不倫や愛人という関係といえます。

それでは、なぜ既婚男性は不倫相手や愛人をもつことがあるのでしょうか。既婚男性は愛人に何を求めているのでしょうか。

正直なところ、妻との夜の生活は結婚後に減るのが必然です。ただ男性である以上、有り余る性欲があります。これを満たす必要があるため、結婚している嫁ではなく、他の素人女性を求めるようになるのです。

女性にとっては理解できないかもしれませんが、男性というのは多くの種を残すようにDNAに刻まれています。この本能を変えることはできないため、既婚者男性であっても愛人を囲うようになるというわけです。

妻との夜の生活が少なくなるのは当然

結婚前の付き合っている段階であれば、恋人とのデート後は毎回のように体ありの関係になるのが普通です。ただ結婚後であれば、夜の生活が少なくなるのは必然です。子供が生まれた後であれば、さらに夜の生活の回数は少なくなります。

理由は単純であり、体を重ねる相手が一人に限定されるからです。しかも女性の容姿や肉体に関する価値は年数と共に下落するため、条件はより厳しくなります。

分かりやすい例としては、食事の場面を想像すればいいです。食事をするとき、あらゆる食事を選んで食べることができます。そのため毎日の食事を楽しむことができます。ただ、あるとき「あなたは毎日、刺身しか食べることができない」といわれるとどうでしょうか。

刺身は高級料理であり、非常においしいです。ただ刺身であっても、1週間も続けば飽きます。

これと同じように、常に同じ女性しか抱けないとなると、男性としては夜の生活の回数が激減するのは当然です。しかも前述の通り年齢と共に女性の価値は落ちていくため、例えば悪いですが、回数を重ねるごとに鮮度の悪い刺身が出されるようになるのと意味は同じです。

刺身と人を比べるのは微妙かもしれませんが、要はそういうことです。女性にとっては、生活があるので「一人の女性を愛するべき」と考えるかもしれませんが、それは女性側の都合であり、男性にとってみれば多くの女性を抱きたいと考えるのが当然なわけです。

すべての男性は性欲を満たしたいと考える

ただ結婚している以上、法律によって他の女性と結婚することはできません。日本では一夫多妻制が認められていないからです。

しかし自由恋愛であれば特に問題ありません。不倫関係として、特定の女性に感情が入っており、家庭崩壊の手前となると大きな問題です。一方で一夜限りの関係であったり、愛人のようにお金の受け渡しによって体の関係になっていたりする場合、大きな問題にはならないといえます。

男性が夜の店に行って性欲を満たしても法律上は何も問題ないのと同じように、男女が会って自由恋愛をするだけであれば法的に何も拘束力はありません。

また、すべての男性は有り余る性欲を満たしたいと考えているため、不特定多数の女性と体の関係になりたいと考えるのです。

男性が不倫相手や愛人を求める理由というのは、単純に「自分の性欲を満たす相手が欲しいから」といえます。

愛はなくても、欲望を満たすために愛人が必要

そのため既婚男性というのは、愛人に対して特に愛があるわけではありません。

参考までに、私は富裕層男性として何人もの愛人を囲っています。20代または30代前半の若い女性の愛人とデートし、その後に体の関係になっているのです。また愛人関係であるため、体の関係になった後はお金を渡すことになります。

私の場合は家庭を壊すことは考えておらず、愛人女性に好意を抱かれたとしても困ります。愛人関係というのは文字どおり、あくまでも愛人関係にしか過ぎません。妻との夜の生活は少ないとはいっても子供はかわいいですし、特に離婚は考えていないのです。

もちろん関係が行き過ぎており、不倫関係として「お金のやり取りは特になく、互いに特別な感情が入っていて離婚も視野に入っている」という状態は危険です。感情が入っている不倫関係では、法律上もさまざまな問題が起こります。

そのため感情が入っている不倫関係だと微妙ですが、単なる愛人関係であれば、男性にとって愛人女性(パパ活女性)は性欲を満たすための相手でしかないのです。

普通のデート後なので満足度が高い

言葉を悪くしていうと、特に感情が入っていない愛人というのは、男性にとって「いつでも呼び出して体の関係になれる都合のいい相手」といえます。

恋愛市場では年齢が若く、美人な女性であるほど価値が高いです。ただある程度の年齢の既婚男性がこうした素人女性と出会い、体の関係になるのは圧倒的に難易度が高いです。そのため、特に富裕層の場合はお金で解決しようとします。つまり、パパ活女性を何人も囲うのです。

お金のない男性では、頑張って素人女性と付き合うことを考えるため、年齢が高めでもいいのでお金が発生しない不倫相手を探そうとします。ただお金をもつ既婚男性であれば、愛人という形にてお金で解決するというわけです。

私が愛人女性と会うときについても、食事を含めて普通のデートをすることになります。

また愛人とは仲良くなった後にホテルへ行くことになるため、満足度は非常に高いです。自分好みの若い美女とのデートなので、既に年齢を重ねた妻よりも「夜の関係」という点では圧倒的に優れているのは確実です。

若い女性を囲うために交際クラブやパパ活アプリを利用する

なお貧乏な男性であれば、頑張って「お金が発生しない不倫相手」を探す必要があるものの、金持ちの既婚男性であれば愛人を探すのは簡単です。世の中には交際クラブ(デートクラブ)やパパ活アプリなどの愛人マッチングサービスがあるからです。

参考までに、以下は最大手の交際クラブにて男性が閲覧できる会員サイトの中身です。

パパ活市場では、圧倒的に男性優位です。金持ち男性は少ないものの、手軽に稼ぎたいパパ活女性は非常に多いからです。そのため富裕層の金持ち男性にとって、圧倒的な美女にデートのオファーを出すことができるのです。

若い自分好みの女性にオファーを出せるため、既婚男性にとって性欲を満たすという意味では、最上位に位置するのが交際クラブなどを利用した愛人とのデートといえます。

頻繁な連絡が不要な不倫相手・愛人は都合がいい

また一般的な恋人同士とは異なり、頻繁な連絡が不要であることも大きな利点です。連絡がまめな男性は珍しく、普通は頻繁な連絡を避けたいと考える人が多いです。

これが既婚者だとなおさらであり、恋人同士のように一日に何度もメッセージのやり取りをしていると、どこかで確実に妻にバレます。感情が入ってしまっている不倫相手がいる場合、嫁にバレる男性が多いのは当然といえます。

一方で特に感情が入っていない不倫相手や愛人の場合であれば、頻繁な連絡は必要ありません。例えば愛人関係であればお金が発生するため、「男性はお金を支払って性欲を満たし、女性はお小遣いを手にできる」という非常に単純な図式となります。

そのため頻繁な連絡がなく、1~2週間に一度ほどの連絡頻度でも特に問題ありません。また次回のデートの約束をしたら、デート当日まで何もメッセージのやり取りをしないのは普通です。既婚男性が愛人に求めるものとして、こうした都合のいい関係性もあるのです。

新たな愛人を作れば新鮮さが持続する

なお「お金が発生しない不倫相手」を見つけるのは圧倒的に難易度が高いものの、愛人であれば非常に簡単です。前述の通り、3~4時間ほどのデートで高額なお金を稼ぎたい素人のパパ活女性はいくらでもいるからです。

すべての女性は年齢と共に容姿や肉体が劣化していきます。また、最初は新鮮だった愛人女性との体の関係であったとしても、数年が経過すると新鮮さがなくなっていくのは普通です。これについては、妻だけでなくすべての女性に対して共通して起こる「男性の心の変化」といえます。

ただ交際クラブやパパ活アプリを利用すれば、そこには多くのパパ活女性が在籍しています。手軽にお金を稼ぎたいパパ活女性というのは、毎年いくらでも発生するのです。そこで既存の愛人とお別れして、新たな愛人に乗り換えれば再び新鮮さが取り戻されます。

男性が感情の入っていない不倫相手・愛人に求めるのは、愛ではなく「夜の生活を満たしてくれる存在」です。そのため、既婚男性は愛人に対して乗り換えをするのです。

妻については法的拘束力があるので乗り換えは圧倒的に難しいです。一方で愛人の乗り換えは手軽です。こうして、その年によって囲っている愛人のメンツが変化していくのが、交際クラブやパパ活アプリを利用する一般的な男性の行動といえます。

不倫相手・愛人に求めることは夜の生活

恋人同士だった男女が結婚し、子供が生まれると家庭の環境は大きく変化します。その一つが夜の生活です。男性であれば妻との夜の生活が激減するのは当然です。

また男性にとって同じ女性とのみの夜の生活は微妙であり、さらには時間経過と共に女性の価値は落ちていきます。そのため不倫相手や愛人など、家庭の外にて夜の生活を楽しもうとするのです。不倫相手に本気になるのはバカな男性といえますが、そうでないのであれば健全な思考といえます。

既婚男性にとって、愛人に求めるのは「性欲を満たしてくれる都合のいい相手」といえます。そのため連絡頻度が多いと面倒ですし、できるだけ嫁にバレないように配慮してくれる女性がありがたいというわけです。

「不倫相手に本気になっている男性」は別にして、一般的に男性が不倫相手や愛人に求めるのは「普通のデートをして、その後に性欲を満たしてくれる相手」です。既婚男性は年齢が高くなっても、男性である以上は多くの女性を抱きたいと考えるため、結果として愛人を囲うようになるのです。