いまの愛人・不倫相手と別れたいと考える人はたくさんいます。現在の関係を続けるのではなく、清算することで新たな道を進むようにするのです。

男性であっても女性であっても、愛人との別れで悩むことはよくあります。そうしたとき、どのような別れ方がいいのでしょうか。何とかして、穏便に終わらせることはできないのでしょうか。

理解のある相手であれば、「いまの関係を終わらせよう」と話し合いをすることによって納得してくれます。ただ中には、そうした話し合いに理解を示してくれない人もいます。そこで、他の人がどのようにして愛人・不倫相手と別れているのか理解しなければいけません。

ここでは平穏な日常を取り戻すために、どのような方法によって愛人との別れをすればいいのか解説していきます。

愛人・不倫相手と別れたいと思うことはある

男性でも女性でも、いつかは愛人・不倫相手と別れたいと考えるのは普通です。相手に対して愛想をつかしてしまうかもしれませんし、急に忙しくなって愛人とのデートが難しくなるかもしれません。人によって事情は異なりますが、いずれにしてもいまの関係をやめようとするのです。

このとき、別れを考える主な原因としては例えば以下があります。

  • 相手との価値観がズレてくる
  • 他に優れたパパ活女性または男性がみつかる

金銭の受け渡しを伴わない不倫・浮気であれば、別れたいと考える理由は「相手に興味がなくなった」くらいです。一方で愛人関係の場合、他にも多くの別れる理由があります。それぞれについて確認しましょう。

相手との価値観がズレてくると興味がなくなる

愛人関係で最もよくあるのは、相手との価値観がズレてしまうことです。相手の行動が自分の価値観と合わないというわけです。

例えば私は会社経営者であり、パパ活女性を支援する側の人間です。そのため何人もの愛人を囲っていますが、愛人女性と別れることはよくあります。特に多いのは、最初は初々しかったのに性格がスレてくるケースです。要は相手の金銭感覚がおかしくなってくるのです。

「一回のデート(ホテルあり)で7万円を要求し始める」「高価なプレゼントをお願いし始める」など、一般的な素人女性がする行動ではなく、いわば港区女子としてキラキラ生活を目指すプロ女性のような行動をし始めるというわけです。

こうした常識外れの行動が当たり前になってしまったパパ活女性に価値はありません。男性にとって愛人というのは、常識のある素人女性だから意味があるわけであり、私の存在を単なるATMとみなしている女性とこれ以上、付き合う価値はありません。

パパ活女性にしても、男性から束縛を受けるなど相手が常識外れの行動を取り始めることがあります。そうした場合、一緒にいても苦痛なだけです。

価値観のズレというのは、愛人関係や不倫関係を終わらせる十分な理由といえます。そのため、こうした理由によって別れたいと考えるのは普通です。

他に優れたパパ活女性や男性を探すのは普通

また、他に優れた人が出てくることによって乗り換えたいと思う人がいるかもしれません。

既に結婚しており、子供がいる場合は「家庭の乗り換え」という選択肢はありません。私も既婚者であり、子供がいて離婚することは考えていません。

一方で愛人や不倫であれば、特に結婚しているわけではありません。そのため他に優れた人がいるのであれば、いまの愛人・不倫相手と別れて新たな人との関係をスタートさせるのは普通です。

例えば男性側の立場であれば、言葉を悪くいうと、女性は劣化していきます。老化現象なので仕方ないことではありますが、すべての女性が年数経過と共に価値が落ちていきます。そのため数年経過後に愛人と別れ、他の女性と付き合うのは普通です。

女性にしても、自分の好みが変わって他の男性を求めるほうが居心地がいいかもしれません。既婚者が家族を変えるのは難しいですが、愛人・不倫相手であれば相手を変えるのは特に問題ありません。

別れ話より、連絡を切るのが最も優れる

ただこのとき、最も大変なのが関係を終わらせるタイミングです。相手が人間的に優れており、別れ話によってすぐに承諾してくれるのであれば特に問題ありません。ただ、すべての人間が優れているわけではなく、簡単には納得してくれないことがあります。

その場合、何とか別れ話によって双方が納得するというよりも、完全に連絡を切ってしまうのが最も優れる方法といえます。これは私の経験だけでなく、周囲の人をみても思うことです。

相手は納得してくれないかもしれませんが、それは相手の都合です。自己中心的な考え方をしており、こちら側の希望を聞き入れようとしていないからこそ、相手は「別れたくない」と言い始めるのです。

私の例を話すと、パパ活女性にとってみれば、私からの支援がなくなることで一時的に生活が困ってしまいます。ただ私をATM(金づる)としか見ていない女性に対して、いま以上の時間やお金を割く理由はありません。そうした女性とホテルに行っても楽しくないからです。

反対に、女性が別れたいと考えるときも同様であり、束縛が強いなど問題のある男性と苦痛な時間を過ごす意味はありません。

こうした自己中心的な人を相手にいくら頑張っても、努力は無駄に終わります。そこで、仕方ないのでメッセージアプリや電話を含めてすべてブロックしましょう。そうすれば相手からの連絡手段はなく、普段と同じ日常を過ごせるようになります。

非情と思われたとしても、相手のことを考えず自分中心に「別れたくない」という愛人と別れる方法はこれが最も確実です。さらには、後に何も残らず関係を清算できます。

一般的な愛人であれば別れ方は簡単

なお一般的な愛人であれば、後腐れのないこの方法が最も優れています。相手が何をいおうとも、連絡を遮断することによってその時点で関係を終わらせることができます。

愛人関係であれば、一般的に相手の個人情報を知りません。愛人というのは、友達以上恋人未満の関係だからです。

デートごとにお金の受け渡しはあるものの、一緒にホテルに行って体を重ね合わせるのは当然であり、そういう意味では友達以上です。ただ恋人のように、特別な感情があるというわけではありません。

そのため実名や住んでいる場所を含めて、相手には個人情報を一切伝えないのが普通です。私についても、基本的にパパ活女性に対して私の実名を教えることはないですし、住んでいる場所を教えたことは一度もありません。

人によって愛人と付き合うときの方針は異なりますが、このほうがリスクが少なく安全だからです。また愛人と別れるときであっても、完全に連絡を遮断するだけで済みます。

それまでのリスク管理を徹底しており、相手に個人情報を伝えていない場合の別れ方は非常に簡単であり、このときは連絡を遮断しましょう。別れ話をしてもいいですが、相手が納得してくれないときは一方的に連絡を切りましょう。

個人情報を知られている独身は引越しが別れのタイミングとして最も優れる

一方で個人情報を知られている場合、少し問題が複雑になります。特に住んでいる場所を知られている場合、相手が粘着してきたり、ストーカーになったりするかもしれません。

その場合、個人情報を教えてしまったあなたが悪いといえますが、後悔しても仕方ありません。そこで、その場合は引越しをしましょう。独身で賃貸住まいなのであれば、引越しするのは特に難しくないはずです。

引越し業者に依頼する必要はありますが、相手との関係をすべて清算して安全・安心な日常を取り戻すためには必要な行為と割り切りましょう。これであれば、連絡を完全遮断したとしても何か実害があるわけではありません。

また男性であれば無理ですが、女性であれば他に愛人を作ることで引越し代を稼いでも問題ありません。

引越しが難しくても相手は失うものが多く、フェードアウトが正しい

一方で既婚者や実家住まいであり、相手が個人情報を知っている場合だと事態はより複雑になります。独身の賃貸住まいのように気軽に引越しはできませんし、相手に粘着されるリスクがあります。

ただそれでも、完全に連絡を遮断してフェードアウトをするのをおすすめします。愛人・不倫相手は怒るかもしれませんが、実際のところ相手が何か行動を起こすにしても、相手にとって失うものが多いからです。

例えば男性が愛人女性に別れを伝えたあと、相手女性が嫌がらせをしてきた場合、愛人女性を訴えることができます。よくあるのは「夫の妻が愛人・不倫相手に対して訴訟を起こす」というケースであり、過去に妻から愛人に対する慰謝料が認められた裁判例はいくつも存在します。つまり、愛人・不倫女性は立場が弱いといえます。

これは男性側も同じです。愛人女性から男性に別れを切り出した後、男性が別れたくなかったとしても、男性にとって愛人関係・不倫の事実が家族や会社にバレるのは微妙です。男性でも女性でも、結局のところ粘着するほど立場が悪くなり、リスクが高くなります。

こうした事実があるため、既婚者などいますぐの引越しが現実的に難しいケースであったとしても、相手となかなか別れられない場合は連絡を遮断し、フェードアウトするのが正しい選択といえます。相手側は驚くかもしれませんが、愛人・不倫の関係を終わらせるのはこれが最も確実なやり方です。

愛人との別れで方法を考える

同性の友人に比べると、男女の関係は非常に複雑です。そこには双方の価値観や金銭的な問題が加わるからです。さらには、夜の体の相性まで関わるのが愛人・不倫関係です。

このとき、愛人と別れたいと考える人はたくさんいます。愛人・不倫相手との別れ方を模索する人は多いですが、意外と方法は難しくなく、あるとき連絡を完全遮断するだけです。男性でも女性でも、この方法によっていますぐ関係を終わらせることができます。

特に、個人情報を教えていない場合は簡単です。また相手に住所を教えてしまっている場合、引越しなど対策を考える必要はありますが、一方的な連絡遮断で関係の清算が可能です。相手は驚くものの、後は時間が解決してくれます。

私の経験や周囲の人の様子をみても、頑張って別れ話の交渉を重ねるよりも、一方的に関係を切るほうがうまくいきます。またその後の生活には何も支障がありません。どうしても愛人と別れたい場合、この方法を試してみましょう。


愛人関係になることをゴールとしているのが愛人マッチングサービスであり、有名な媒体としては交際クラブやパパ活アプリがあります。

自由恋愛なので断られる可能性はあるものの、男性は素人女性を愛人にでき、食事後にホテルへ行くことが可能です。

またパパ活女性にとっても、富裕層の優れた男性とのみ会えるのが愛人マッチングサービスです。女性はすべて交際クラブやパパ活アプリを無料で利用できます。金銭的なリスクなくパパ活をスタートできるため、多くの女性が隠れてパパ活をしています。

ただ交際クラブやパパ活アプリは非常に種類が多いです。そこで「登録数」「展開エリア」「料金」を含め、私が実際に利用したことのある交際クラブやパパ活アプリについて、実際のところどうなのかを以下に記しています。