美女とデートし、交際・プレイまで可能な出会いの場として交際クラブ(デートクラブ)があります。デートクラブには愛人希望のパパ活女性(食事などを男性と共にすることでお金を得たい女性)がたくさん登録しており、そうした女性とデートできるのです。

この中には、風俗嬢の子もいます。デリヘルやソープランド、ファッションヘルス、イメクラなどで勤務している子が交際クラブを利用しているのです。

交際クラブでは、女性とデートして体ありになる場合、お手当という名目で女性にお金を渡すことになります。デリヘルやソープランドでも、同じように男性と体ありの関係になってお金をもらうため、風俗嬢にとってみれば交際クラブで行為を重ねるのもそこまで違いはありません。

それでは、なぜデリヘル嬢やソープ嬢などの風俗嬢がデートクラブを利用するのでしょうか。これは、交際クラブでも高収入を得ることができるからです。

デリヘル嬢やソープ嬢の給料相場

一般的に風俗嬢というと、高収入を実現しているように思います。確かにデリヘル嬢やソープ嬢の時給は非常に高いです。それでは、実際のところどれくらいの収入になるのでしょうか。

まずは、これから確認していきます。

例えばデリヘルの場合、60分15,000円が一般的な料金相場です。この金額全てが女性に渡ることはなく、一般的にはバック率60%となっています。つまり、60分15,000円で男性客が付いた場合は「15,000円 × 60% = 9,000円」が給料になります。そのため、時給9,000円です。

ただ、実際のところは違います。デリヘルの場合、大人のホテルまでの移動があったり次の準備をしたりします。そのため60分の指名が入ったとしても、実際には90~120分は時間を取られることになります。

そのため5時間働いたとして、取れるお客さんの数は頑張って3人が限界です。この場合、「9,000円 × 3人 = 27,000円」の給料です。

ソープランドであれば、100分30,000円の大衆店(女性へのバックは60%の18,000円)で考えると、同じように次の準備などを考えると5時間働いて取れる客は最高2人までです。この場合は「18,000円 × 2人 = 36,000円」の収入です。

他にもファッションヘルスやイメクラ、ホテヘルなども同じようなイメージだと考えてください。

ただこれは、男性客が付いてうまくいったときの金額です。風俗嬢は完全歩合制となっており、お客さんが付かないと1円も入ってきません。完全なる実力主義なのです。

交際クラブの収入は高い

一方で交際クラブではどうかというと、男性とデートしてその後にプレイをする場合、3~5万円のお手当になります。これが一般的な価格相場だからです。

しかも、このときは割と良い食事に連れていってくれます。交際クラブでは、デートでの食事は一人予算5,000~10,000円(ディナーの場合)が適切なのです。

食事が付き、男性と会話をした後、大人のホテルで体ありになることで最低でも3万円はもらえます。拘束時間は食事からプレイまで4時間ほどです。

しかも、デリヘルやソープランドのようにずっと体を使っていろんな男性と接客しているわけではありません。風俗店へ出勤した後に「男性客が付くかどうか不安」などを考えなくても、3~5万円の収入になるのです。

このようにデートクラブではお手当の額が高いため、風俗嬢であっても交際クラブを利用してパパ活をする人が多いのです。

風俗嬢は日程調整が容易

また、こうしたデリヘルやソープランドなどの風俗店勤務の女性は、デートクラブでの日程調整が非常に容易です。

同じ風俗店であっても、キャバクラの場合はノルマがあったり、事前にシフトを出したりしなければいけません。一方でデリヘルやソープランドなどになると、シフトは後でいくらでも変更できます。直前になってから、「この日のこの時間に出勤する」などのように出勤票を出すことも可能です。

デリヘルやソープランドなどで女性に厳格な出勤やノルマを課している店はほぼ存在せず、あったとしても超高級店くらいです。

仮にそうした厳しい出勤体系があると、女性はすぐに他の店へ逃げてしまいます。そのため、基本的にはどの店舗であっても風俗嬢はシフトを組みやすくなっています。

こうした事情のため、交際クラブに登録しているパパ活希望の風俗嬢へオファーをするとき、相手側はいつであっても基本的には日程調整しやすいです。休日はもちろん、平日であってもオファーできます。女性によっては、「昼にデリヘルなどの店で働き、夜に交際クラブでオファーのあった男性とデートする」という人もいます。

日程調整が簡単なので、風俗嬢がデートクラブに在籍していても特に不都合なことなく、風俗店の仕事をこなしながら男性とデートすることができるのです。

どのような風俗嬢が登録しているのか

それでは、どのような女性が交際クラブに在籍しているのでしょうか。

どのデートクラブでも、女性には職業欄があります。ただ、その職業欄に「ファッションヘルス勤務」などのように書かれていることはありません。男性が交際クラブで女性に求めているのは、多くの場合で素人感です。プロとのデートを求めているわけではありません。

そのため、風俗嬢かどうかを完全に見極める方法はありません。ただ、プロフィールの内容から予測することは可能です。

まず、風俗嬢の場合は「食事後にホテルのオファーを出したら、ほぼ確実に受け入れてくれる」という登録クラスになります。どのデートクラブでも「食事だけ」「フィーリングがあえば体ありも可能」などのように分類があり、その中でも最もホテルへの誘いに乗ってくれるクラスになります。

例えば以下のようなタイプの女性として登録されます。

クラスは本人の自己申告です。ただ、不特定多数の男性と行為することに慣れている女性の場合、当然ながら本番行為を含めたプレイについては積極的な分類に登録します。そうしないと、交際クラブを利用する意味がありません。

また、デートクラブではどの女性も職業欄にウソを書くことはできませんが、前述の通り「風俗嬢」などの職業を記入することはありません。そうではなく、「接客業」などのようにぼやかす形となります。

例えば、以下のようなプロフィールになります。

もちろん、接客業で「誘いに積極的」のクラスだからといって、必ずしも職業が風俗嬢だとは限りません。同じ接客業であってもアパレルで働いていたり、コーヒーショップの店員であったりすることもあります。ただ、風俗嬢の場合はどの女性もほぼ例外なくこうしたプロフィールになります。

これに加えて、「家庭の事情が複雑」「高校を卒業していない」「いまは休職中」などのコメントがプロフィールにある場合、風俗嬢である確率がかなり高くなります。以下のような感じです。

このプロフィールは非常に分かりやすいです。ただ、基本的には風俗嬢かどうかをプロフィールから確実に判断するのは難しいです。

もちろん、以下の女性のように職業がナイトワークとなっており、分かりやすい女性も存在します。ただ、こうした女性は非常に珍しいと考えてください。

最も確実なのは、交際クラブの担当者に電話やメールなどで聞いてみることです。プロフィールだけからは判断できない情報を含めて教えてくれるため、これらの確認を含めてデートセッティングをオファーするようにしましょう。

なお、交際クラブにはいろんな女性がいます。JKリフレで働いている子がいたり、キャバクラでバイトをしている女性がいたりしています。キャバクラなど男性とのプレイが前提でない風俗店の場合、クラスは「最初は食事だけ」にしている女性も多いです。

デートクラブとはいっても、素人とは限らずプロやセミプロの女性もたくさん在籍していることを理解しておくといいです。

交際クラブで風俗嬢と会うメリットは何か

それでは、わざわざデートクラブを利用してまで風俗嬢と会い、行為をするメリットがあるのでしょうか。

パパ活女性にしてみれば、交際クラブは食事もできて高収入を実現できるので都合がいいです。一方の男性にとってみれば、女性と会うためにはデートセッティング料が安くて2~3万円です。デートセッティング料は最初だけだとはいっても、それでも費用は大きいです。

また女性には食事代を奢る必要があるため、一人8,000円だとすれば自分も含め合計で16,000円の出費です。さらに、女性に支払うお手当として3~5万円が必要になります。

こう考えると、高級ソープに行った方がいいのではないかと考えてしまいます。実際、この考え方は間違っていません。単に体ありになるだけであれば、高級ソープランドで十分です。

ただ風俗店と交際クラブの違いに「自由恋愛かどうか」という大きな違いがあります。風俗店の場合は100分など時間が明確に決められています。その中で会った女性とすぐに行為をします。このとき、連絡先の交換などはありません。

一方で交際クラブの場合、最初は食事デートをすることでお互いが打ち解けあった後にホテルでプレイをします。また、自由恋愛なので連絡先の交換を含めて後は本人同士の好きなようにできます。愛人女性として、一緒にイベントに行ってもいいし旅行に行っても問題ありません。

風俗店ではどうしても味気ない行為になります。ただ、食事を含め普通のデートをすることになり、打ち解けた後に体ありになれます。

風俗店で会うのとは異なる出会いを実現でき、一般的なデートをしながら、ベッドでは風俗嬢によるテクニックを受けることができるのです。こうしたデートを思い描いている場合、交際クラブで風俗嬢を選んでデートセッティングしてもらっても問題ありません。

また、デートクラブでパパ活女性を指名するとき、「加工していない実際の写真」から指名できることも大きなメリットです。パネルマジック(通称、パネマジ)がないので好みの女性を指名して肌を重ねることができます。

風俗嬢でも中身は意外と普通

なお、風俗嬢といっても実際に会話をしてみると中身は意外と普通であることは多いです。勤務しているのが風俗店というだけであり、そこまで性格が変わっているわけではないのです。

もちろん、一般企業に勤めているわけではないので普通の女性に比べると変わっている女性が多いように思います。「週4日でいつでも出勤できるなど、ゆるい感じで働ける環境がいい」と考えている女性は多いです。

ただ、会話自体は普通の女性と話をしているのとほぼ同じ感覚になります。仕事がデリヘルやソープランド、ファッションヘルスなどの風俗店というだけです。

どうせ風俗嬢とデートしたのであれば、会話をする中でいろんな世界を知ればいいのではと思います。交際クラブでは年収の高い男性が利用する傾向にあり、女性の知らない世界を話すことができます。同じように、風俗嬢はあなたに対して「夜の世界」という未知の世界の実情を教えてくれます。

例えば私がデートクラブで会った女性の中には、「風俗店にいまは勤務しているが以前はAVに出ていた」という女性がいました。アダルトビデオでは拘束時間が12時間以上あるのは普通であり、実のところ非常に大変のようです。それでいて出演料は安いと5~10万円であり、自分の顔を世間に晒すわりには収益性は高くありません。

それよりは、風俗店や交際クラブの方がいいと話をしてくれました。風俗店では知ることのできない、いろんな世界を学ぶことができるのも面白いです。

愛人希望の風俗嬢を彼女にする

交際クラブにはさまざまな女性がいます。モデルや芸能人の女性がいれば、風俗嬢もいるのです。風俗嬢は高年収という印象があります。それ自体は間違いありませんが、デートクラブであっても大きく稼ぐことができるのでデリヘル嬢やソープ嬢などが在籍しています。

彼女たちにとって、単発で行為をするだけで3~5万円の収入になるのは大きいです。しかも、高級なレストランで食事もできます。

また、愛人契約を結んで月極でお金を受け取ることができれば、収入はより安定します。たくさん稼げるため、風俗店だけでなく交際クラブにも登録する人はたくさんいるのです。

あくまでも素人女性を求める場合であれば、そうした風俗嬢とのデートを避けるといいです。デートクラブの担当者に聞けば、風俗嬢かどうか教えてくれます。ただ、風俗嬢かどうかをそこまで気にしない人であれば、積極的にチャレンジしてもいいのではと思います。

自由恋愛の中で風俗嬢と会話をすれば、あなたの知らない世界を理解できます。交際クラブであれば、風俗店での出会いとは違った楽しみを実現することができます。


男性にとって、効率的に自分好みの女性と会える最も優れた方法が交際クラブです。アプリのように、女性の顔すら分からない状態で会うことはありません。またパパ活女性にとっても、確実に富裕層の優れた男性とのみ会えるのが交際クラブです。

女性はすべて交際クラブを無料で利用できます。そのため、金銭的なリスクなくパパ活をスタートできます。

一方で男性では、高額な入会金やデートセッティング料が必要なため、事前にどのデートクラブが優れているのか理解しなければいけません。

「利用金額」「支店の数」「在籍する男性・女性の数」など、それぞれ交際クラブは特徴があります。また私がこれまでにいくつもの交際クラブに登録し、失敗してきた経験から、どのデートクラブが最適なのか厳選して以下で紹介します。