優れた女性とデートしたいとき、ハーフ女性と付き合いたいと考える男性は非常に多いです。日本人のような顔立ちとは異なり、ハーフのパパ活女性であれば骨格そのものが違うといえます。

ただ日常生活の中でハーフ美女を愛人にするとなると非常に難しいです。そうしたとき、交際クラブ(デートクラブ)やパパ活アプリを利用することによって、ハーフの愛人を作ることができます。高級交際クラブであれば、ハーフやクォーターの女性を含めて、多くの属性の女性がいるのです。

しかし交際クラブやパパ活アプリを利用するとはいっても、どのように活用すればいいのか理解していない男性は多いです。

ハーフ美女と会う前に考えなければいけないポイントがあります。そこで、どのように愛人マッチングサービスを利用してハーフの愛人を作ればいいのか解説していきます。

美人のハーフ・クォーターのパパ活女性は存在する

純日本人とは異なり、ハーフ女性は明らかに異なる顔立ちをしています。芸能人であっても、ハーフやクォーターとして活躍している人は多く、アメリカやヨーロッパ、南米などの血が入っている人だと、日本人とは違う顔となります。

例えば以前、日本で活躍していたローラさんは「父親がバングラデシュ人、母親が日本人3/4とロシア人1/4のクォーター」で知られています。

ちなみに、彼女の本名だけをみると完全なる日本人です。ただ見た目は外国人というわけです。

金持ち男性であれば、交際クラブを利用することによって、こうした女性と会うことができます。ハーフ美女と一緒にデートをして、その後にホテルへ行くことも可能というわけです。

外国人と違い日本語ペラペラなメリット

こうしたハーフまたはクォーターの女性とデートするのは、富裕層男性にとって大きなメリットがあります。言葉の問題をクリアできるのです。

外国人のようなハッキリとした顔立ちの美女と付き合いたいと考えるにしても、多くの外国人女性は日本が上手ではありません。交際クラブやパパ活アプリでは来日中の外国人学生や社会人が在籍しているものの、日本語はあいさつ程度であるケースが多いです。

例えば以下は、高級交際クラブに登録されている外国人女性です。

このように英語は問題ないものの、日本語はカタコトであることが多いです。

一方でハーフやクォーターの女性だと、日本で育っているケースがほとんどです。つまり日本語ネイティブであるため、男性側が英語を話せる必要はありません。そのため「外国人のような顔立ちの女性を愛人にしたいものの、日本語が通じるほうがいい」という場合、ハーフのパパ活女性が最適です。

登録者はアジア人とのハーフが大多数

ただ事前に理解しなければいけないポイントがあります。それは、高級交際クラブやパパ活アプリなどに登録しているハーフ女性のほとんどはアジア人との混血ということです。

ハーフやクォーターというと、どうしてもアメリカやヨーロッパ、南米などとの混血を考えてしまいます。ただ考えればすぐに分かりますが、そうした女性は圧倒的に小数であり、それよりも中国や韓国、タイ、ベトナム、フィリピンなどとの混血が圧倒的に大多数です。

実際にデートクラブなどの愛人マッチングサービスを利用すれば分かりますが、ハーフ女性の多くはアジア系のハーフやクォーターであると分かります。例えば以下は、実際に交際クラブに登録されている女性について、スタッフからのコメントです。

ハーフとはいっても、どうしてもアジア系が大多数を占めます。そのためアメリカやヨーロッパ、南米などとの混血となると、非常に多くの美女が登録しているデートクラブやパパ活アプリではあっても、全体的な数は少なくなってしまうことを事前に理解しましょう。

デート感覚やお手当相場は純日本人と同じ

なお実際にハーフ女性とデートするとき、やり方としては一般的な流れと同じです。ハーフの女性で海外に滞在したことのある人は多いものの、一般的に彼女たちは日本で育っており、日本語がペラペラです。当然、日本の文化に触れて育っています。

たとえ混血で見た目が日本人とは違っていたとしても、文化への考え方やマナーへの接し方を含め、考え方は純日本人と同じと理解するようにしましょう。

またお手当の相場についても同じです。食事のみだと1万円であり、その後にホテルへ行く場合は3~5万円が相場です。要は、愛人女性がハーフやクォーターというだけであり、その他は何も変わらないと考えましょう。

性格についても日本人風であり、アメリカ人や南米人のように特別に陽気というわけではありません。日本人特有の「口に出して言わなくても空気で察する」という感性も持ち合わせています。そういう意味では、接し方について特に注意する必要はありません。

ただハーフ女性だと、一般的な日本人が経験していないことを体験していることがよくあります。例えば、海外在住経験などは分かりやすいです。例えば以下は、デートクラブに登録されているベトナムハーフ女性に対するコメントです。

このベトナムハーフ女性の場合、三ヵ国語を話せるトリリンガルです。また海外の経済を勉強しており、イギリスへの留学経験もあります。もちろん日本語ネイティブなので、パパ活での会話は何も問題ありません。

日本人でこうしたパパ活女性はほぼ存在しないものの、ハーフ女性の場合はハイスペックとなったり、多くの経験をしていたりします。そのため、純日本人の女性とデートするときとは異なる興味深い話を聞くことができます。

利用するべきは大手の交際クラブやパパ活アプリ

ただ在籍女性全体の数からすると、どうしてもハーフ女性の数は少なくなります。また前述の通り、ほとんどのハーフやクォーターは中国や韓国、タイ、ベトナム、フィリピンなどのアジア系です。アメリカやヨーロッパ、南米のハーフ美女を探すとなると、どうしても限られてしまいます。

そこで、デートクラブやパパ活アプリを利用するにしても、必ず大手の愛人マッチングサービスを利用するようにしましょう。大手の場合は登録女性が非常に多いため、ハーフやクォーターの女性を探しやすくなるからです。

会員数の少ない愛人マッチングサービスを利用したとしても、ハーフやクォーターの女性はいません。

参考までに、私がこれまでにハーフ女性や外国人女性と会ってデートしたことがあるのは、大手の高級デートクラブを利用していたからです。それでも日本人女性に比べると数は少なくなってしまうものの、問題なくハーフやクォーターの美女を愛人にできるというわけです。

ハーフやクォーターのパパ活女性を愛人にする

日本人とは異なり、外国人の顔立ちをもつ女性とデートし、その後のホテルまで楽しみたいと考える金持ち男性はたくさんいます。私もそのうちの一人であり、これまでに愛人マッチングサービスを利用してハーフ女性とデートしたことは何度もあります。

外国人女性の場合、多くは日本語がカタコトであるため、男性側が多少は英語を話せる必要があります。ただハーフやクォーターの場合、日本語ネイティブなのでコミュニケーションに苦労することはありません。

そのため英語が不得意であるものの、外国人風の女性とデートしたい場合はハーフやクォーターの美女がおすすめです。ただ多くはアジア系のハーフであり、この場合は見た目が日本人とほぼ同じであることは理解しましょう。

高級交際クラブやパパ活アプリでハーフ女性とデートする場合、事前にこれらのことを理解したうえでデートオファーを申し込むようにしましょう。


男性にとって、効率的に自分好みの女性と会える最も優れた方法が交際クラブです。アプリのように、女性の顔すら分からない状態で会うことはありません。またパパ活女性にとっても、確実に富裕層の優れた男性とのみ会えるのが交際クラブです。

女性はすべて交際クラブを無料で利用できます。そのため、金銭的なリスクなくパパ活をスタートできます。

一方で男性では、高額な入会金やデートセッティング料が必要なため、事前にどのデートクラブが優れているのか理解しなければいけません。

「利用金額」「支店の数」「在籍する男性・女性の数」など、それぞれ交際クラブは特徴があります。また私がこれまでにいくつもの交際クラブに登録し、失敗してきた経験から、どのデートクラブが最適なのか厳選して以下で紹介します。