世の中の職業でプレミアが付きやすい職業があります。その一つがCA(客室乗務員:キャビンアテンダント)です。

客室乗務員を目指すためだけの専門学校があるほどであり、多くの人がCAになることを目指します。それにも関わらず、大手航空会社は日本に二社しかありません。看護師のように、資格さえ取得すれば誰でもなれる職業ではないのです。

そのためキャビンアテンダントを愛人にして付き合うことができるのは、男性として一つのステータスとなります。こうしたCAは交際クラブやパパ活アプリなどの愛人マッチングサービスを利用しているため愛人にできます。

もちろん、キャビンアテンダントのパパ活女性を愛人にするうえで注意する点もあります。これらを含めて解説していきます。

キャビンアテンダントの給料は意外と低い

なぜ、キャビンアテンダントがパパ活をするのでしょうか。理由は単純であり、ANAやJALなどの大手で勤務している女性であっても、意外と給料が低いからです。高給取りのイメージを抱いている人は多いものの、実際には逆です。

CAになりたい女性はいくらでもいる一方、大手航空会社は2社だけです。そのため希望者が多く、何もしなくても応募が集まってくるため、航空会社としては高い給料を支払う必要がないのです。

例えば以下は、ANAが実際に提示している新卒での給料です。

提示されている給料が異常なほど安いと思わないでしょうか。職務手当を含めても月18万しかありません。

普通、大学院卒なら月24万円は普通です。大卒なら月20万円以上は基本です。また、本来はここに職務手当(営業手当や資格手当など)が加わるものの、CAの場合は手当てが既に含まれていて月18万円です。

キャビンアテンダントがパパ活をする理由としては、単純に給料が低いからです。他のパパ活女性と同様に日々の生活はわりとギリギリであるため、愛人女性になるためにパパ活をしているというわけです。

交際クラブならパパ活CAが登録している

それでは愛人をどこで見つけるのかというと、通常は愛人マッチングサービスを利用します。こうしたサービスとしては交際クラブ(デートクラブ)やパパ活アプリが一般的に知られています。

ただパパ活アプリはサラリーマン男性を含めて不特定多数の人が利用するため、女性にとって「身バレなしにする」という意味では交際クラブのほうが優れています。また職業柄、キャビンアテンダントはデートできる日が不規則になりやすいです。

こうした理由もあり、富裕層男性にとってパパ活アプリよりも交際クラブのほうがキャビンアテンダントのパパ活女性と会いやすいです。

例えば以下は、デートクラブに登録されている客室乗務員のパパ活女性です。

もちろんANAやJALなど、そもそも航空会社が日本に少ないため、キャビアテンダントの絶対数は非常に少ないです。ただ交際クラブを利用すれば、こうしたパパ活をしているCAを愛人にできるというわけです。

将来CAを目指すパパ活女性や元CAも多い

なお給料は低いものの、非常に多くの女性がキャビンアテンダントを目指していることから、将来CAを目指す女性も交際クラブやパパ活アプリを利用しています。こうした女性はキャビンアテンダント養成の専門学校に通うなど、お金がないのでパパ活をするのは普通です。

また客室乗務員の年収が安いことから、元CAも意外と多いです。客室乗務員になったはいいものの、それなりに激務にも関わらず給料が低いことから、一般企業へ転職している女性はそれなりにいるのです。

例えば以下のパパ活女性は元CAであり、交際クラブに登録して富裕層男性を探しています。

現在キャビンアテンダントでなかったとしても、元CAであれば、客室乗務員と同等のスキルを持ち合わせているといえます。そのため、こうした女性にアプローチしても問題ありません。

航空会社の客室乗務員はランクが高い

ただキャビンアテンダントの愛人を作りたい場合、一つだけ大きなデメリットがあります。それは、ランクが高くなってしまいがちなことです。

例えば交際クラブを利用する場合、デートクラブのスタッフが独断と偏見で女性をランク分けします。ランクによってデートオファーの金額が異なり、CAへデートセッティングの依頼をするとなると、どうしても高くなってしまうのです。

イメージとしては、タレントにデートオファーをするのと似ています。交際クラブでは芸能人やモデルも登録されており、そうした女性を愛人にするためにオファーを出す場合、必然的に金額は高めになります。

もちろんキャビンアテンダントは一般人であるため、タレントほどのプレミアは付きません。ただそれでも、オファー料金は高くなりがちであることを理解しましょう。

特別に美人なわけではないが、プレミアが乗っている

なおCAとはいっても、必ずしも美人ではないことは理解しましょう。あなたも、これまでに何度か飛行機に乗ったことがあると思います。このとき国内線や国際線を含めて、どのようなキャビンアテンダントが接客しているのか何度も見ているはずです。

こうした人の中で美人の女性はいるものの、そこまで美人でない女性もたくさんいます。要は、CAだからといって必ずしも美人ではないのです。

そのためCAにデートオファーをする場合、一般女性に比べて容姿は普通であっても、客室乗務員というプレミアの分だけ支払うデートオファーのお金が高くなりがちなのは理解しましょう。

これは女性に直接支払うお金についても同様です。キャビンアテンダントは最難関ともいえる就職活動にパスしているため、それだけ自分にプレミアが乗っかっていることを女性は理解しています。そのためデート後にホテルへ行く場合、1回5万円など高めのお手当を女性から要求されることは理解しましょう。

デート日や時間は不規則になりやすい

なお少しだけ触れましたが、客室乗務員とデートセッティングするときは日程調整が必要になります。CAの場合、あらゆる場所を飛び回ることになるからです。

国内線のキャビンアテンダントであれば、日本全国を移動しまくることになります。また休みの日は不定期です。これが国際線のCAになると、休みの日やデート可能な日はより不規則になります。一般人のように、特定の休日は決まっていません。

そのためキャビンアテンダントの愛人を作る場合、早めのデートオファーが必要になります。

また実際に客室乗務員の愛人を作ることができたとしても、デート日程の調整は他の女性に比べるとやはり難しくなりやすいことを理解しましょう。CAのパパ活女性は給料が安いのでお金を稼ぎたいと思っているものの、職業柄どうしてもデート日を合わせることが他のパパ活女性に比べて難しい実情を理解しましょう。

愛人マッチングサービスでパパ活CAを愛人にする

多くの女性がパパ活をしており、その中の一つにキャビンアテンダントがいます。客室乗務員は給料が非常に安いため、結果として多くの女性がパパ活をしているのです。3~4時間ほどのすき間時間で可能なため、パパ活が向いているというわけです。

こうしたキャビンアテンダントは交際クラブやパパ活アプリなどを利用しており、主に交際クラブで会うことができます。デート日程の調整は他の女性に比べると大変になりがちであるものの、問題なくCAの女性を愛人にできるのです。

ただ、プレミアの分だけ他の女性に比べて高くなりやすいことを理解しましょう。デートセッティング料やお手当の金額は高めになります。

これらを理解して、キャビンアテンダントのパパ活女性を愛人にしましょう。富裕層男性としてCAを愛人にすれば、それだけでより大きなステータスを得ているといえるため、交際クラブを利用してハイステータスの女性を愛人にする意味は大きいです。


男性にとって、効率的に自分好みの女性と会える最も優れた方法が交際クラブです。アプリのように、女性の顔すら分からない状態で会うことはありません。またパパ活女性にとっても、確実に富裕層の優れた男性とのみ会えるのが交際クラブです。

女性はすべて交際クラブを無料で利用できます。そのため、金銭的なリスクなくパパ活をスタートできます。

一方で男性では、高額な入会金やデートセッティング料が必要なため、事前にどのデートクラブが優れているのか理解しなければいけません。

「利用金額」「支店の数」「在籍する男性・女性の数」など、それぞれ交際クラブは特徴があります。また私がこれまでにいくつもの交際クラブに登録し、失敗してきた経験から、どのデートクラブが最適なのか厳選して以下で紹介します。