交際クラブ(デートクラブ)の利用を考えたとき、沖縄(那覇)で活用できないか考える人がいます。日本で有名な唯一といってもいいリゾート地が沖縄です。沖縄に出張へ行くとき、現地の素人女性と会ってデートしたいと考える男性は多いです。

また、沖縄に住んでいる人であっても交際クラブを利用して那覇の女性と会いたいと思うのは普通です。

さらに、沖縄は全国の中で最も平均収入が低いことで知られています。そうした女性の中でも、キャバクラには抵抗があるものの、パパ活(食事デートなどにより収入を得ること)に興味をもっている女性はたくさんいます。

そうしたとき、沖縄でデートクラブを活用できれば効果的です。ここでは、「那覇でどのように交際クラブを利用し、デートを進めていけばいいのか」について解説していきます。

メインの待ち合わせ場所はホテルになる

沖縄で交際クラブの利用を考えたとき、基本は本島になります。宮古島や石垣島などではなく、沖縄本島での交際クラブ利用になります。

その中でもメインになるのは、当然ながら那覇市です。本島の中部や北部に住んでいる女性であっても、那覇市(本島南部)で会うのが基本です。

それでは、男性やパパ活女性が那覇市で会うときは何を考えればいいのでしょうか。

那覇市には国際通りという観光客が集まる有名なエリアがあります。ただ、国際通りに地元の人は行きません。そのため、国際通り以外の利用が基本になります。交際クラブは富裕層男性の利用がメインになるため、多くの観光客が集まる国際通りではなく、金持ち男性の風格に見合ったスポットでパパ活女性と会う必要があります。

ただ、地元の沖縄人が頻繁に利用する場所を待ち合わせに指名しても問題ありません。このとき、デートクラブの顔合わせは以下が適切です。

  • パレットくもじ
  • リーガロイヤルグラン沖縄
  • ANAクラウンプラザホテル沖縄ハーバービュー
  • ロワジール スパタワー那覇
  • ハイアットリージェンシー那覇沖縄

待ち合わせ場所としては、基本的に駅に近いほどいいです。中には車で来ることを希望する女性はいるものの、基本はゆいレール(沖縄を走るモノレール)の駅周辺を待ち合わせとして考えましょう。

そうしたとき、それぞれの待ち合わせ場所についてメリットやデメリットを含めて確認していきます。

パレットくもじ

沖縄県庁のすぐそばにある商業施設として、パレットくもじがあります。沖縄県庁とパレットくもじであれば、圧倒的にパレットくもじのほうが待ち合わせ場所として分かりやすいです。

パレットくもじでは一階の部分(写真の場所)が待ち合わせ場所になります。予約しているレストランや居酒屋が県庁の近くにある場合、ここで顔合わせをした後に居酒屋へ出向くようにするといいです。

なお、有名な待ち合わせ場所として国際通りのスターバックスがあります。ただ、前述の通り国際通りは観光客が多いエリアであり、デートクラブ利用のデート場所や待ち合わせ場所としては不適です。そのため、パレットくもじにしましょう。

雨の日であっても問題なく待ち合わせ可能であり、ゆいレール・県庁前駅から非常に近い場所になります。

リーガロイヤルグラン沖縄

交際クラブ利用での待ち合わせでは、高級ホテルも頻繁に使用されます。その中でも、非常に利便性の高いラグジュアリーホテル(高級ホテル)として、リーガロイヤルグラン沖縄があります。

ゆいレール・旭橋駅に非常に近く、ほぼ直通です。駅からの利便性に優れており、ホテルのグレードも高いので待ち合わせ場所としてお勧めです。ホテルのフロントには人が少なく、それでいて高級感があふれているのもメリットです。

ホテルレストランの夕食もコース5,500円などそこまで高くないため、リーガロイヤルグラン沖縄で待ち合わせをした後、そのままホテルのレストランを利用しても問題ありません。もちろん、ラウンジだけの利用でも大丈夫です。

高級ホテルでの待ち合わせを考えたとき、第一候補になるのがリーガロイヤルグラン沖縄です。ホテル内のレストランを利用してもいいし、ここから他の場所へ移動してもいいです。

ANAクラウンプラザホテル沖縄ハーバービュー

ANAが経営する高級ホテルとして、ANAクラウンプラザホテル沖縄ハーバービューがあります。ゆいレール・壷川駅から徒歩5分と、少し歩く必要はありますが、駅からの距離を考えると許容範囲内に位置するホテルです。

待ち合わせ場所となるフロント・ロビーについては、以下のように少し安っぽい印象を受けます。ただ、ホテルのグレード自体は高いので問題ありません。

レストラン利用についても、コースで一人7,500円などそこまで高くありません。特に食事代が高額になりすぎることはないのです。

駅からの近さを考えると、リーガロイヤルグラン沖縄の次に顔合わせ場所として最適なホテルです。

なお、沖縄出張で交際クラブ利用を考えている男性の場合、ANAクラウンプラザホテル沖縄ハーバービューに宿泊してしまってもいいです。一泊1万円以下で泊まれるため、「ホテルのフロントで会い、レストランで食事をした後、パパ活女性と一緒にホテルの部屋に入る」ことが可能です。

ロワジール スパタワー那覇

非常に高級感あふれる那覇市のホテルとして、ロワジール スパタワー那覇があります。ホテルの規模は非常に大きく、ホテル内もキレイです。

フロント・ロビーの待ち合わせ場所は以下になります。イスはしっかりしており、待ち時間が長くなったとしても苦にはなりません。

またカフェデートをするにしても、以下のような雰囲気を楽しみながら会話を交わすことができます。

ホテルのグレードは申し分ないのですが、唯一の欠点としてゆいレールから非常に離れていることがあげられます。

少なくとも、駅から徒歩で出向くのは大変です。ゆいレール・旭橋駅から徒歩10分以上です。ここを待ち合わせに指定すると、女性が徒歩の場合は「なんでここが待ち合わせなのだろう」と激怒してしまいます。

そのため、ロワジール スパタワー那覇は待ち合わせ場所として利用するよりも、女性との食事デートをする場所に向いています。駅で待ち合わせをして、ロワジール スパタワー那覇までタクシーで出向くのです。

ハイアットリージェンシー那覇沖縄

国際通りから非常に近くに位置する高級ホテルとして、ハイアットリージェンシー那覇沖縄があります。ハイアットリージェンシー那覇沖縄は駅から近く、ゆいレール・牧志駅から徒歩5分ほどの場所にあります。そのため、アクセスは良いです。

待ち合わせ場所となるフロント・ロビーについては、以下のように高級感があって問題ありません。

ランチデートやカフェデートをするにしても、ラウンジは以下のようにオシャレなのでこうした場所も利用可能です。

ホテルには18階にレストランやバーがあるため、一階のラウンジだけでなくこれらの施設を利用すれば交際クラブで会った後のデートはスムーズです。

レストランを利用するにしても、食事代は一人1万円以下で抑えられます。宿泊するには高いホテルですが、食事利用だけであれば問題なく活用できます。

那覇で食事デートするときの考え方

一般的な都道府県であると、主要な駅の前に高級レストランが立地することになります。ただ、那覇市の場合は特定の地域に高級レストランが存在するわけではなく、いろんな地域に散らばってレストランが点在します。駅から遠い場所であっても高級レストランがあるほどです。

ただ、やはり食事デートの場所は駅近くが望ましいです。

交際クラブの利用であるため、一人5,000~10,000円が予算になります。デートクラブでの食事に見合う場所であり、さらには駅近くとなると数は非常に限られます。

そのため、最も確実なのは先ほど紹介したラグジュアリーホテルのレストランを利用することです。これであれば、外すことはありません。

  • リーガロイヤルグラン沖縄
  • ANAクラウンプラザホテル沖縄ハーバービュー
  • ロワジール スパタワー那覇
  • ハイアットリージェンシー那覇沖縄

これらホテルのレストランのうち、どれか一つを選んで予約するといいです。また、ランチデートやカフェデートであると予約の必要すらないため、男女が出会った後は適当にホテルのラウンジ(またはレストラン)に入れば問題ありません。

なお、ホテル利用がどうしても嫌な場合は「那覇 高級 レストラン」などで検索し、それなりのグレードのレストラン・居酒屋を探すようにしましょう。

ホテルは辻に行くといい

出張利用で交際クラブを利用する男性の場合、上記のいずれかのホテルに宿泊すれば、女性と大人の関係になることになったときに自分の部屋に連れて入れば問題ありません。

ただ、地元男性が利用する場合であったり、そこまでグレードの高くないホテルに宿泊していたりする場合、肉体関係になることに合意したら大人向けのホテルへ出向く必要があります。このとき、那覇ではどこにホテルがあるのでしょうか。

沖縄・那覇市にある歓楽街としては、松山と辻が知られています。松山にはキャバクラなどの飲み屋が多く、辻は体ありの夜の店が並ぶ歓楽街として知られています。

ホテルは基本的に歓楽街にあり、中でも辻にたくさんあります。松山にもいくつか大人向けホテルは存在するものの、あまりキレイではないのでおすすめできません。そこでホテルの利用を考えている場合、辻に行くようにしましょう。

ラブホ街は辻の中でも北側にあります。地図としては、以下のポイント周辺にいくつかのホテルが連なっています。

キレイなホテルがあれば、潰れかかっているホテルも存在します。その中でも、キレイな大人向けホテルに入るようにしましょう。

ホテルを利用するとき、こうした場所に出向くようにすれば問題ありません。辻は歓楽街であると同時にホテル街でもあるのです。

沖縄(那覇)で交際クラブを利用するときの相場

男性であってもパパ活女性であっても、気になるものとして費用相場があります。男性が支払うお金の額は、そのまま女性の収入になります。

交際クラブではこれを「お手当」と表現しますが、デートクラブでのお手当額は一般的な費用相場が存在します。

食事だけで解散する場合、男性は5,000~1万円を手渡すことになります。特に料金が決められているわけではないため、お金の額は男性の気持ち次第です。

ただ、ホテルに出向いて体ありになるとするとお手当の額は上がります。通常は3~5万円が相場になります。パパ活女性は自分の値段を考えながら、男性にお手当額を提示する必要があります。

食事だけ 体あり(単発) 体あり(定期)
相場価格 5,000~1万円 3~5万円 10~30万円

なお、自由恋愛なので定期的に会う契約(定期の契約)をする人もいます。いわゆる愛人契約ですが、愛人の値段も人によって大きく異なると考えてください。ただ、一般的には月10~30万円です。

男性にとってデートクラブの利用はそれなりの費用が必要になります。ただ、沖縄という「島国に住む素人女性」と普通のデートをして、大人の関係になれることに大きな意味があります。

デートセッティングに最適な沖縄の交際クラブ

私は東京に住んでいるわけですが、沖縄に出張する機会は多いです。出張とはいっても9割は遊びです。そのため、夜はデートクラブを利用して沖縄の女性とデートしたり、その後に体の関係になったりすることがあります。

個人的な感想ですが、沖縄の女性は美人が多いです。私が大学生のときにいた同級生についても、沖縄出身の女性は全員、例外なく美人でした。エキゾチックな顔立ちをしている人の割合が多いからなのでしょう。

また、沖縄本島に住んでいる人は故郷愛が強いように思います。交際クラブを利用して那覇でデートをすれば、そうした故郷愛の強い女性とデートできます。

パパ活女性であれば、地元に住んでいる男性だけでなく、私を含め出張のときに利用する男性とデートすることができます。そのため意外と那覇での需要は多く、効率的に富裕層男性と会って稼ぐことができるのです。高収入を得るには、実は沖縄は都合が良いです。

こうしたことを実現できる交際クラブとしては、以下のようなデートクラブがあります。

ユニバース倶楽部

沖縄(那覇)での交際クラブ利用を考えたとき、利用するべきデートクラブはユニバース倶楽部の一択で問題ありません。全国対応している数少ない交際クラブであり、さらには沖縄に支店を有するという強みがあります。

まず、他の交際クラブは基本的に全国展開していません。さらに、那覇に特化している交際クラブは存在しません。その点、ユニバース倶楽部であれば沖縄に支店があるだけでなく、全国展開しているので利便性が非常に高いです。

沖縄本島に住む男性であれば、登録することで「那覇だけでなく、他の東京や大阪など他の女性にもオファーできる」というメリットがあります。また、私のように本島在住者でない場合であっても、沖縄出張で那覇の女性とデートできます。

パパ活希望の女性にしても、本島にいる男性だけでなく出張で那覇を訪れる男性を相手にパパ活が可能です。

こうした条件を満たしている交際クラブはいまのところ、ユニバース倶楽部以外に存在しません。そのため、沖縄でデートクラブを利用して愛人を見つけたり、パパ活を考えていたりする場合、必ずユニバース倶楽部に登録しましょう。

クラス 入会金 年会費(2年目以降) セッティング料
Standard 30,000円  20,000円 20,000円
Gold 50,000円  30,000円 30,000円
Platinum 100,000円  80,000円 50,000円
Black 300,000円  160,000円 100,000円 (東京・大阪)
80,000円(その他地方)