男女が交際クラブ(デートクラブ)を利用して会い、金銭のやり取りをするとなると、どうしても心配になるのが「逮捕・摘発されることはないのか」「本当に安全に利用できるのか」ということです。

結論を先にいえば、まったく問題ありません。援助交際とは異なり、交際クラブは完全合法なので男女ともに逮捕・摘発されることはあり得ません。

当然、食事だけで終わる場合は何も問題はありません。男性が女性へ食事を奢るのは普通です。それだけでなく、男女が行為をして、お礼として男性が女性にお金を渡したとしても何も問題ありません。これらは完全合法なのです。

それでは、なぜ男性の交際クラブ利用や、女性のパパ活が問題ないのでしょうか。この理由について確認していきます。

通報・逮捕されるのは援助交際と特定の売春だけ

テレビや新聞などでは、体ありの関係によるお金の受け渡しをすることで通報・逮捕・摘発されたというニュースが稀に流れます。これには共通点があり、以下のケースのみです。

  • 援助交際:18歳未満の女性との行為
  • 管理売春:女性の売春を管理すること
  • 路上売春:路上で男性に売春を持ちかけること

それぞれについて、さらに詳しくみていきます。

・援助交際

一般的に援助交際とは、18歳未満の女性と男性がプレイして、その見返りとして金銭の受け渡しをすることを指します。

援助交際で逮捕されるのは男性です。女性が逮捕されることはありません。18歳未満の女性に手を出した瞬間、男性は逮捕の対象となるのです。女性は逮捕どころか、むしろ保護されるようになります。

しかも、特にお金のやり取りがなかったとしても「成人男性と18歳未満の女性が行為をした場合」はいかなる理由があっても逮捕の対象になります。恋人同士であったとしても通報・逮捕されるので、18歳未満というだけで手を出してはいけません。

・管理売春

女性に売春させるように管理することを管理売春と呼び、法律で禁止されています。

ただ、実際には日本にソープランドやデリヘルなどが存在することからわかる通り、管理売春はいくらでも行われています。しかし、これらの業態は店舗運営の許可を取るのが難しかったり、本来は違法なので警察の気まぐれで経営者が逮捕・摘発されたりすることがよくあります。

・路上売春

その名の通り、路上で売春行為をすることを指します。援助交際でも管理売春でも、女性側は逮捕されません。ただ、唯一女性が逮捕・補導の対象になるのが路上売春です。

いまの時代、日本で路上売春する人はほぼいません。身の危険もあるため、あまり関係ない売春方法だといえます。

交際クラブは自由恋愛になる

体ありによるお金のやり取りの中でも、上記の方法が逮捕の対象になります。そのため、「援助交際(逮捕されるのは男性)」「管理売春(逮捕されるのは経営者)」「路上売春(逮捕されるのは女性)」以外は完全合法であり、警察が動くことはないのです。

もちろん、交際クラブを利用して男女がデートしたとき、その後にホテルに行って肌を重ねることはあります。このとき、男性から女性にお礼としてお手当を出すことになります。

ただ、交際クラブが行うのはデートのセッティングだけです。デート場所を指示することはしませんし、ホテルに行くかどうかも本人の自由です。女性には断る権利があり、食事だけで終わるケースもよくあります。要は、完全なる自由恋愛なのです。

自由恋愛である以上、警察が関与する余地はゼロです。

例えば、友達の紹介で会った男女が恋に落ちたとします。二人は彼氏彼女の仲ですが、食事を奢るのは普通ですし、プレゼントを渡します。夢を追いかける彼女を支援するため、男性が頑張ってお金を稼いで渡すこともあります。そして、体ありになります。

こうした行為は当然ながら合法です。同じように、交際クラブでデートをセッティングしてもらった男女が肉体関係に発展してお金のやり取りが発生しても何も問題ありません。友達の紹介ではなく、紹介方法がたまたま交際クラブ経由になっただけなのです。

交際クラブ(デートクラブ)を利用する男性の目的は、彼女や愛人を作ることにあります。彼女や愛人に対して、お金を貸したりプレゼントを送ったりして問題になる可能性はゼロです。

交際クラブと出会い系はまったく異なる

デートクラブを利用するとき、よく勘違いされるのが出会い系サイトとの混同です。出会い系サイトと交際クラブはまったく違うため、両者を区別しなければいけません。

まず、出会い系サイトでは売春が横行しています。中には18歳未満が登録しており、援助交際も含めて違法行為が頻繁に行われています。

私もかつては出会い系サイトをよく利用していたのですが、ここに登録している女性はほとんどが業者であり、違法行為が蔓延しています。例えば、男性が利用すると以下のようなメールが頻繁に届くようになります。

「ホべつ2(ホ別2)」とは、「ホテル代とは別に2万円」という意味です。つまり、2万円で行為をするという誘いのメールになります。

こうしたメールをいきなり送るのは売春であり、違法行為です。これらの違法行為が蔓延しているが出会い系サイトだと考えてください。出会い系サイトは主に売春や買春をしたい男女が集まる場所になります。

売春は違法だが、逮捕・摘発はされない

当然ながら、売春は違法です。ただ、出会い系サイトでの売春が「管理売春」「路上売春」と大きく違うのは、逮捕されることがない点にあります。

売春を呼びかける行為は違法です。どのようなものが違法になるのかというと、「不特定多数の人に向けて売春をするとき」になります。そういう視点で見ると、管理売春も路上売春も不特定多数の男性へ体を売るサービスをしていることがわかります。

同じように、出会い系サイトで不特定多数の人に行為を呼びかけることは違法です。そのため、こうしたメールを送る女性(業者)はすぐにアカウント停止になります。

ただ、出会い系サイトを活用して実際に男女が会う場合、それは不特定多数ではなく、特定の男女になります。このとき会った男女がプレイしてお金のやり取りをしたとしても、自由恋愛としてとらえることができます。

つまり、「出会い系サイトで売春を呼びかける行為」は違法であるものの、実際に会ってしまえば違法ではなくなるのです。同じように、パパ活希望の女性が「パパを募集しています!」と大々的に呼びかけるのも違法行為ですが、会ってしまえば自由恋愛になってしまいます。

出会い系よりも合法に近いのが交際クラブ

ただ、出会い系サイトでは違法行為が横行していることには変わりがありません。出会い系サイトを利用して逮捕されることはないものの、「女性と会って大人の関係に発展することを願う男性」「パパ活をしたい女性」の両方とも最初の段階では違法行為に関わることになります。

一方で交際クラブではどうでしょうか。交際クラブ(デートクラブ)では違法行為は一切ありません。交際クラブが行うのは単なるデートのセッティングだけです。

男性であれば、友達に対して「今度ご飯を奢ってあげるからいい女性を紹介してほしい」とお願いする代わりに、その友達にお金を渡したり食事を奢ったりするのは普通です。女性であっても、友人に「金持ちの男性を紹介してほしい」とお願いすることがあるはずです。

こうした紹介を友人ではなく、たまたま交際クラブが行っているだけです。違法行為は何もなく、完全合法です。そうして会った二人が食事をして、そのままホテルへ行くのは自由恋愛としてよくあることです。

なお、交際クラブでは出会い系サイトのように18歳未満の人が登録されていることはありません。相手が18歳未満の場合、いかなる理由があっても通報されれば問答無用で逮捕・摘発されますが、そうした心配がないことも優れています。

届出をしている交際クラブを利用するべき

ただ、いくら合法だといったとしても交際クラブの運営には届出が必要です。風俗店ではないものの、デートクラブの運営には届出が必要になるのです。前述の通り完全合法のため、風俗営業法(風営法、風適法)によって交際クラブは管理されません。ただ、自治体によっては条例を定めていることがあります。

例えば東京都でデートクラブを運営する場合、「東京都デートクラブ営業等の規制に関する条例」に沿って届出をしなければいけません。

小さい交際クラブなど、デートクラブの種類によってはこうした届出をしていないことがあります。そのため、きちんと届出をしているデートクラブかどうかを確認したうえで利用するようにしましょう。

実際、中には交際クラブを謳った詐欺業者が紛れていることがあります。例えば、以下のようなケースです。

出典:産経新聞

交際クラブが合法だからといって、どこでもいいから顧客登録すればいいわけではありません。中にはこうした詐欺業者が存在し、暴力団などにお金が流れることがあるのです。

そのため、警察に届出をしている真っ当なデートクラブを活用するようにしましょう。

個人が逮捕されるのは詐欺や窃盗をしたときだけ

なお、それでも交際クラブを利用した個人が逮捕され、ニュースになったことがあるのは事実です。これは、どのようなケースなのでしょうか。それは、詐欺行為を犯したときです。

少なくとも、あなたが善良な市民で人を騙すようなことを考えていないのであれば、トラブルを含め何も問題は起こりません。男女が会って肌を重ねたときにお金の受け渡しがあったり、女性が食事デートしてお金をもらうためにパパ活をしたりすること自体は自由恋愛の範疇で合法だからです。

一方で、交際クラブで会った人をだまそうとしたり、金品を奪ったりすると当然ながら逮捕されます。これは、詐欺や窃盗容疑に該当するからです。

デートクラブの利用者でいえば、男性がニュースになったケースはほぼないです。それよりも、富裕層の男性とデートして親密になっているうちに、「パパ活とは関係なく、女性が男性の金品を奪った」などによってニュースになるケースがほとんどです。

例えば、以下は交際クラブの女性が「デートクラブで会った富裕層男性に窃盗を働いた」という実際にあった事件です。

ここまで額が大きくなかったとしても、同じように窃盗をすると当然ながら逮捕されます。交際クラブとは関係なく、これについては良心があるかどうかによります。

デートクラブがきっかけで会ったとはいっても、男性から女性にプレゼントした物品や、手渡しのお金については自由恋愛の範疇で何も問題ありません。ただ、男性から女性に渡したプレゼント類ではなく、奪った場合は犯罪に問われます。

以上のことについては当たり前のように理解していると思いますが、パパ活をする女性は男性の同意を得たうえでお金を受け取るようにしましょう。男性も同じく、女性に対して気持ちを完全に許さないようにしましょう。

交際クラブは安全に遊べる

ここまでを確認すれば、交際クラブは完全合法で違法行為はないことがわかったと思います。

もちろん、交際クラブを利用していた人の中で通報・逮捕・摘発され、ニュースになったケースはあります。ただ、これは「運営会社そのものが詐欺業者」「交際クラブで会った人に詐欺や強盗行為をした」という別の問題によるものです。

普通に利用している分には何も問題なく、自由恋愛に対して警察は文句をいうことはできません。

出会い系サイトのイメージから、交際クラブでは売春が横行していたり、危険な目に遭ったりするのではないかという誤解が生まれています。ただ、実際に危ない目に遭うことはないと考えてください。

あなたが善良な市民である限り、少なくとも逮捕されることはありません。


愛人関係になることをゴールとしているのが愛人マッチングサービスであり、有名な媒体としては交際クラブやパパ活アプリがあります。

自由恋愛なので断られる可能性はあるものの、男性は素人女性を愛人にでき、食事後にホテルへ行くことが可能です。

またパパ活女性にとっても、富裕層の優れた男性とのみ会えるのが愛人マッチングサービスです。女性はすべて交際クラブやパパ活アプリを無料で利用できます。金銭的なリスクなくパパ活をスタートできるため、多くの女性が隠れてパパ活をしています。

ただ交際クラブやパパ活アプリは非常に種類が多いです。そこで「登録数」「展開エリア」「料金」を含め、私が実際に利用したことのある交際クラブやパパ活アプリについて、実際のところどうなのかを以下に記しています。